階級別 スーパーウェルター レジェンド

すべてを忘れたそのあとで/Terrible(恐怖の男)テリー・ノリス Vol.2

投稿日:

ノリスのキャリアを賞賛する内容ではなく、リタイア後の状況と脳医学的な話になってしまいましたが、とても有意義な内容だとおもいます。事故、障害を克服することはきっとできるはずだ。

ノリスには6人の子供がいる。引退後離婚したが、症状は悪化し続け話す能力をほとんど失った。アルコールに溺れ、体重は215ポンドまで増えた。

ノリス
「14歳の娘が私を助けてくれました。私の話は誰も理解できなかったので彼女が手助けしてくれました。」

パーソナルトレーナーや医学部の学生のサポートを受け、診療、治療が始まった。

ノリス
「多くの医者に診てもらいました。病院はうんざりです。」

トレーニングを続けたノリスの体重は170ポンドまで落ち、言語療法、理学療法、バランス療法、心理療法などを受けた。

ノリス
「けれど、少しづつですが良くなってきました。スピーチもできるようになりました。」

ノリスは再婚した妻のターニャと共に「ファイナルファイト」というボクサーの安全を支援する財団を立ち上げた。

ターニャ
「彼の生活の質は劇的に改善しました。」

「ルー・ルボセンターfor Brain Health」はCTE(慢性外傷性脳症)の最前線だ。ボクサーの脳、リタイアしたアスリートの脳の状態についての研究をしている。

チャールズ・バーニック博士
「テリー・ノリスに起きた症状は最新の神経変性疾患であり、私たちは研究と治療に取り組んでいます。」

2011年に始まり、今まで270人以上のボクサーや格闘家の脳を診断してきた。年間テストや被害対策を通じて参加者をサポートしている。

リタイアしたアスリート向けのクリニックもオープンし今まで15人程の治療を行った。(7年前くらい)治療費を払えない人々に対しても無料診断や治療のサービスを行っている。

チャールズ・バーニック博士
「単に研究や調査をするのではなく、実際に彼らを支援するリソースが必要です。」

CTE(慢性外傷性脳症)は1920年代からボクサーに起きていることが確認されているが、最近では他のスポーツ、リタイアしたフットボールプレーヤーにもこの症状が確認され、より注目を集めている。

マーガレット・グッドマン博士
「重要なのは症状が悪化する自覚症状がないという事です。誰も自分がそのような病気に冒されているとはおもっていません。いつCTEの兆候をみせはじめたのかを判断するテストはありません。彼らが問題を抱えた時は既に手遅れなのです。手遅れになる前にCTEのテストを正しく行う、ルー・ルボセンターの現在の取り組みがこの問題を解決してくれることを願っています。」

バーニック博士はボクサーがキャリアの途中で不可逆的な脳損傷を引き起こす可能性がある時期を神経科医が判断できるようになるには数年かかると述べたが、今の研究を通じてそのタイミングを正しく発見したいと考えている。

バーニック博士
「病気の初期段階、または症状が露見した時を実際に研究しているのは恐らく世界中で私たちだけです。私たちはこの病気の始まりに大きな関心を持って取り組んでいます。」

ボクサーがキャリアを開始する時にMRIを受けることを義務づけているNAC(ネバダ州スポーツ委員会)はこの研究を支持している。

バーニック博士
「この研究に対する投資、出資を常に歓迎します。私たちが最先端にいます。」

この研究に加えて、ルー・ルボセンターではリングサイドでipadでできる脳機能評価のアプリを開発した。マウスピースに組み込んで頭部への衝撃力を測定できるデバイスも開発している。

ノリスとターニャはCTE(慢性外傷性脳症)に関する本やDVDの出版を計画している。また、「レディアンドザチャンプ」と呼ばれるリアリティショーにも出演したいと考えている。彼らはルー・ルボセンターの研究と診療に積極的に関わっていくつもりだ。

ノリス
「彼らは素晴らしい仕事をしているとおもいます。バーニック博士はクールな紳士で、スタッフ全員が私に対してよくしてくれます。この研究を成し遂げるのは彼らだとおもいます。治療法を発見し確立することを願っています。」

この記事は恐らく7年くらい前のものだとおもうが、研究が実を結んでいることを願う。
しかし一方で、リング禍は起き、リタイア後の障害というのもまだたくさん起きているに違いない。

新しいところでは、マキシム・ダダシェフの死がある。
あの試合を再び観るのはつらいが、5回くらいから壮絶な我慢比べで険しい様相をみせていた。毎ラウンド神経科医の判断を仰ぐことぐらいはできたはずだ。

死闘後や高齢のファイターには長い休息や定期的な脳や言語や知覚などの検査を実施したり、医療体制の整備などできっと事故や後遺症は減らせるはずだ。

Terrible(恐怖の男)テリー・ノリスの健康と回復とこの分野での活躍を祈る。
最高にクールで激しい天才的なパンチャーでした。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.