階級別 スーパーウェルター プロスペクト

バナナをもう一本/(The Hammer)エリクソン・ルビン

投稿日:

若いファイターが台頭してくるのは好ましい。中量級は得てしてエリート(と呼ばれる)男たちで固定化されてしまいがちだから。

今年最初のアップセット、ドミニカ共和国の無名のジェイソン(バナナ)ロザリオが、ジュリアン(Jロック)ウィリアムズをノックアウトしてWBA、IBF、IBOの統一王者に輝いた。

現在、エリクソン・ルビンのトレーナーをしているケビン・カンニガムは勝者、ロザリオにとびついた。ルビンはジャーメル・チャーロにキャリア唯一の敗北を喫して以来4連勝中だ。ルビンの直近の試合は、ロザリオに唯一土をつけたナサニエル・ガリモアに対する大差判定勝利だった。

しかしウィリアムズには再戦契約があり、それを行使したいと考えている。次にダイレクトリマッチとならないのであれば、カンニガムはルビンをロザリオに挑ませたいと考えている。

カンニガム
「まず、チームロザリオを祝福します。レフリーの仕事も見事でした。Jロックはひどく傷ついていたからあれ以上無防備なファイターに爆弾を落とす必要はなかった。Jロックは言い訳せず潔かった。ハンマー(ルビン)はロザリオと戦いたがっている。ハンマーはロザリオをノックアウトした男に勝っているんだ。」

私も同じことを考えました。

ジェイソン・ロザリオのパフォーマンスは圧巻だったが、若く急成長を遂げたのか、ウィリアムズがさほど強くなかっただけなのかはわからない。ウィリアムズとエリクソン・ルビンの力関係もわからない。

誰に勝った、負けた・・・ボクシングに3段論法は通じない。

ただただ

ジェイソン・ロザリオやエリクソン・ルビンなど

若いファイターが台頭してくるのは好ましい。中量級は得てしてエリート(と呼ばれる)男たちで固定化されてしまいがちだから。

果てなく続くストーリー/世界ボクシング不完全ガイド スーパーウェルター級

前回の不完全ガイドでは激熱だったスーパーウェルター級。アメリカは徹底してサバイバルマッチをやるのでかなり絞られてきました。主役も大物も不在の混戦模様となっています。 この記事が気に入ったらいいね ! ...

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.