階級別 ウェルター レジェンド

ベルファストで見た夢"Claws"クリサント・エスパーニャ

投稿日:

クリサント・エスパーニャは、1990年代前半から半ばにかけて、WBAウェルター級王座を保持した実力派のボクサーパンチャーだ。

儚き夢の爪痕/(Claws=爪)クリサント・エスパーニャ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
儚き夢の爪痕/(Claws=爪)クリサント・エスパーニャ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

続きを見る

エスパーニャは1964年10月25日、ベネズエラのシウダー・ボリバールから南西90キロの小さな町ラ・フロールで、14人の子供のうちの1人として生まれた。

エスパーニャ
「若いころは大変だった。父や祖父と一緒に畑を耕した。私たちはとても質素で貧しい家庭だった。トウモロコシや米、プランテン、ユッカを育てていたんだ。」

エスパーニャは、伝説的なロベルト・デュランが返上したWBAライト級タイトルを獲得した兄のエルネストの成功に大きな影響を受けたという。

エスパーニャ
「私がボクシングを始めたのは、兄のエルネストが8歳の頃からボクサーだったからなんだ。エルネストが世界タイトルを獲得したことが刺激になり、自分も世界タイトルを獲得したいと思うようになった。」

エスパーニャはその後、アマチュアとして成功を収め、3つの国内タイトルを獲得した。プロに転向するまでは、64勝10敗という戦績を残している。

しかし、エスパーニャの初期のキャリアは、母国での活動不足に悩まされ、最初は近隣のラテンアメリカに、その後さらに遠くへ慰労を求めることを余儀なくされた。

エスパーニャ
「ベネズエラでは、プロボクシングの状態が非常に悪かったので、戦うのは大変でした。アルゼンチンとパナマの著名なボクシングマネジャーであるルイス・スパーダの紹介で、パナマで試合をしました。彼は私をアイルランドのプロモーターであるバーニー・イーストウッドに推薦してくれました。1988年に北アイルランドに移住して、そこで戦うようになったんだ。」

続きはこちら

アイルランドで見た夢”Claws”クリサント・エスパーニャ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
アイルランドで見た夢”Claws”クリサント・エスパーニャ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.