スポンサーリンク



階級別 ウェルター

ルーカス・マティセVSテワ・キラム LIVE

投稿日:

マティセの強打にあっけなくKO負けか、キラムがアップセットを起こすでしょう。キラムがデカいというよりはマティセが小さい。リナレスより小さい。

ここまでまさかの判定続き。
この試合は派手に決着して欲しい。
おもいきってキラム押し。初の大舞台に舞い上がらなければいいが・・・

1R

キラムは緊張している気がする。
序盤のマティセは怖い。

意外や静かな立ち上がり。
中間距離で探り合い。

キラムのジャブがいい

キラム10-9

2R

まだマティセの爆発がないので
パンチの強さがお互いわからないだろう。

決して速くはないが、キラムのアウトボクシングが機能し
マティセは踏み込んでいけない。

しかしキラムは緊張か、下がってジャブしか打ててない。
少しづつマティセの怖さが・・・

キラム10-9

3R

アカン、固まった。
わかんないからマティセにしておこう

マティセ10-9

4R

キラムはジャブしか打ててない印象だ。
怖さがあるのかな。それでリードしてるけど。

とおもったら右を打つようになってきた。
やっぱり大きくて重厚感があり、マティセがやりにくそう。

正直、マティセはここまで前には出ているがいいところがあまりない。

キラム10-9

5R

マティセのいいところのVTRが出るから採点はマティセ寄りかもしれない。
キラムはジャブと右ストレートだけで単調すぎる。

大味な試合になってきた。

マティセ10-9

6R

ここまでアクションの少ない展開。
キラムはやっぱり怖がっている。
足を使ってアウトボクシング。
踏み込みがない。

マティセが積極的になってきた。

マティセ10-9

7R

キラムはジャブと右ストレートだけ
怖がって右は踏み込みが足りない。

マティセも策がないが積極的。

キラムがフットワークを多用し下がっているので
アジアでみた重さ、怖さが消えている。

ここまで、両者冴えなく、難しい採点です。

キラム10-9

8R

前にでるマティセの右があたり
キラム大の字ダウン。

そこから左がかすめて2度目のダウン。失神

マティセKO勝利

やっぱりアジアと世界の差は違った。
キラムはジャブで試合を作っていたが、終始ビビッていた。怖がっていた。
もっとリスクをとって倒しにいかねば。

パッキャオ以外でアジアで王座をとるのは遠い夢。

最初の右もフィニッシュの左もかすったような当たりにみえるが
やっぱり大変な強打のようだ。

キラムは作られた記録と揶揄されるだろう。

最後はマティセらしい豪快なKOだが
スペンスらと比較できるウェルター級王者とはいいがたい。

歳をとり、スロースタートに変えたのかな。
当たれば最強だが。

35歳ではじめての正規王者、おめでとうございます。

マティセ

「キラムを捕えるのは大変でした。よく動くし大きくて距離を詰めるのが難しかったです。クリンチが強かった。キラムにパワーを感じなかったので掴まえて倒す事ができました。幸せです。ビッグネームと戦いたい。パッキャオかダニー・ガルシアとの再戦がしたい。もちろん、プロモーターの指示に従うけどね。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.