ウェルター スーパーウェルター プロスペクト

ディエゴ・ガブリエル・チャベスVSキース・サーマン

投稿日:

Sライト、ウェルターが激熱ですが、ちょっと蚊帳の外に置かれている感のある暫定王者ディエゴ・ガブリエル・チャベスの防衛戦に注目です。

WBO/Latino/S・ウェルター級王者
WBO/Latino/ウェルター級王者
暫定WBA世界ウェルター級王者
ディエゴ・ガブリエル・チャベス(亜)
Diego Gabriel Chaves
22戦22勝(18KO)

WBO Intercontinental Welterweight Title
NABO Light Middleweight Title
キース・サーマン(米)
20戦20勝(18KO)

両者ともにKO率の高いパンチャーです。トップアマチュア出身で技術もあります。
KO決着は必至でしょう。

アマチュア時代を調べてみましたが直接対決はたぶんなさそう。いやあったかも・・・
ディエゴ・チャベスはアルゼンチンを代表して世界レベルで戦っていたようですが、エリスランディ・ララやディミトリアス・アンドラーデに阻まれてトップには行けず、テクニシャン系アウトボクサーに苦戦していた様子が伺えます。

キース・サーマンはアメリカのトップアマで全米レベルのタイトルはたくさんとっていますが共通の相手ディミトリアス・アンドラーデの壁があり五輪を阻まれたようです。アンドラーデは北京で金をとりましたが7月6日に一階級上のザウルベック・ベイサングロフに挑みます。

ディエゴ・チャベスは一見してプロ向き、ずんぐりして手足は短いが、パンチと回転力があり単なるファイターではない。頑丈、屈強そうでもあります。うまく育てばなんとなくロベルト・ディランの面影さえある本格派に見えます。

対するキース・サーマンもアグレッシブな万能派でプロ向き、しかしチャベスよりは技術に幅があるようです。
アウトボクシングもインファイトもできる頭脳派なところがあるとおもいます。

KO率、スタイルからしても激しい試合が予想され、KO決着がありそうですが現状だとKOしないと勝てないのがチャベスで判定、KOどっちでもOKなのがサーマンだろうとおもいます。

技術幅からしてややサーマンが有利かなとおもいますが、アメリカのホープとアルゼンチンのホープではアルゼンチンの方がハングリーで化ける可能性もあるとおもいます。

試合スタイルが楽しい両者の対戦、楽しみです。
そしていつかメインストリームで大暴れして欲しいです。

それにしても調べてておもったがディミトリアス・アンドラーデって実績からしたらメイ以上の逸材かも・・・
でかくてウェルターはきついだろうがこちらも王者となれば注目度高いです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-ウェルター, スーパーウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.