階級別 ウェルター

キース・サーマンVSホセシト・ロペス LIVE

投稿日:

そして世界的にはこれがメイン。2年に渡る怪我からの休養で勢力図も評価も地に落ちた感のあるサーマンだが、対立ライバルを下してハナ差で全勝キープのウェルター級らしい王者であった。再び認められる試合を披露できるか。

123456789101112R
サーマン
10
10
10
10
10
9
9
10
10
9
10
9
116
ロペス
9
8
9
9
9
10
10
9
9
10
9
10
111
【ランタイム】のリミッター/キース・サーマンの真価

かつてメイウェザーの後継的なスター候補ともいえたキース・サーマンの真価が試されています。 サーマン 「俺は真実の探求者だ。真実(エロール・スペンス)とやらを暴いてやる」 スペンス 「怪我、怪我、怪我で ...

続きを見る

預言者/キース・サーマンとエロール・スペンス

サイトの下にある小ネタニュースにしようとおもいましたが、面白いので記事にしてみました。ウェルター級の王者同士、キース”ワンタイム”サーマンとエロール”真実”スペンスの共同インタビューの模様です。 この ...

続きを見る

今日のゲスト解説はダニー・ガルシア

1R

ロペスが大きい。
ロペスがジリジリ前に出てプレッシャーをかけ
サーマンは下がりながらフットワークでかわす。
下がりながらも時折鋭いパンチを返す

サーマン10-9

2R

ロハスVS徐とかぶった。
井上は被らなくてよかった。

チラ見しつつサーマンを優先しよう。

サーマンは慎重に丁寧に確かめるように戦っているが
終盤に前に出てきたロペスに左フックカウンター一閃でダウンを奪う。
仕留めに行くも時間切れ。

サーマン10-8

3.4R

ロハスVS徐と2つ同時に書くのはきつい。
今日のサーマンは基本は同じ、下がってロペスに対処しながら
正確なパンチを返していく。
スピード、正確性が違うので楽にスパーリングのように対処している。

それでも危ない被弾、タイミングがあったのかロペスに歓声。
完璧にはできていないのかも。

サーマン10-9

5R

ロペスも奮闘しているが
少しづつサーマンの方が正確か

サーマン10-9

6R

サーマンが闘牛士のようなスタイルを貫くが
ロペスの前進から逃げているだけのようにもみえる。
ロペスが襲い掛かると会場が沸くが正確性は譲っていない。

ロペス10-9

7R

やはりこの試合にかける準備が違ったか
ロペスの気迫あふれるファイトをかわしきれずに
サーマンはロープに下がりパンチを食いフラフラ。
ブランクの影響はある。

サーマン効いている。危ない。

ロペス10-9

8R

サーマンが意地で攻撃的になり盛り返す。
しかし下がりながらなのは変わらない。

10-9

9R

相変わらず、スパーリングのようなファイトではサーマンが上手いが
ロペスの前進と迫力に手を焼いて苦戦しているのは変わらない。
右を当てるもロペスは下がらない。

サーマン10-9

10R

もう10ラウンド
捕まえて倒せばロペス
逃げ切ればサーマンか

しかしサーマンはいつもこんな感じだが
これでウェルターのトップとはとてもいえない内容。

ロペス10-9

11R

なんとかサーマンが逃げている状況か

サーマン10-9

12R
同じ展開でサーマンが逃げ切った。
スキル差で勝っただけでとてもてこずった。

残念ながら、スペンス、クロフォード時代に移行したといえそうだ。

113-113
115-111
117-109

サーマン

前座

アダム・コウナッキVSジェラルド・ワシントン

コウナッキ的な選手は頂点はいつも無理だけど、どうだろう?人気がある。
初回からコウナッキが距離を詰めてワシントンをロープ、コーナーに押し込みガンガン攻める。
打ち返すワシントンだがコウナッキのプレスと手数にタジタジ。
2回も同様、コウナッキの肉弾プレスとパンチ数にベテランのワシントンは対抗できずダウン。立つも抵抗できずストップ。
メキシコにアンディ・ルイズなるアンコ型のヘビー級がいたが、それよりも可能性と人気があるかもしれないコウナッキ。
ワイルダーが観戦しているが、ワイルダーよりワシントンを圧倒したコウナッキはひょっとする。
ポーランド系だが真っ白で可愛い風貌で人気のヘビー級プロスペクトである事を示した。

ゲイリー・アントワン・ラッセル
ラッセルファミリーの試合、ゲイリー・アントワン・ラッセル。リオ五輪幻の金メダリストであり(金のガイブナザロフに内容で勝っていた。)全米ホープのジャロン・エニスを下して五輪に出たのもこっちなのだ。扱いが地味だけど・・・

スーパーライト級、ここまで全KOでものが違う。距離が近いが兄のラッセルそっくりでWBSSに出ていても優勝候補の一角だったろう。ライアン・マーティンが残念だったのでこっちの方がよかったかも。今日も初回から圧倒でダウンを奪う。2回で3度目のダウンで終了。キャリアになってないほどの楽勝。ステージを上げる必要がある。

クリス・コルバート
フェザー級プロスペクト。緑頭だったが今日はピンク。
相手もここまで8勝7KO1敗となかなかジョシュア・エルナンデスといういいとこ集めた名前だ。
コルバートというのは速くて左右関係ないかなりスリックな万能派ですがまだ荒っぽいかな。天才肌だが相手を威圧するパワーに欠ける。コーナーに下がる。だから乱戦模様になり相手も健闘している。79-73というスコアでスピードと正確性に勝るコルバートの判定勝利だが、10勝3KOというKO率が示すように、今のままではハードパンチャーに倒されてしまいそうだ。かなりの天才ですが。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース
  • 映画タイトル50音順検索 - hide0323.cside.com
    映画タイトル 出演 カテゴリー
  • 男子ボクサー一覧 - Wikipedia
    男子ボクサー一覧(だんしボクサーいちらん)は、男子ボクサー(プロとアマチュア両方)の一覧。 外国人ボクサーも含める。女子は女子ボクサー一覧を参照のこと。. 日本語版ウィキペディアに存在する記事を五十音順に列記する。
  • 徒然なる日常 - blog.livedoor.jp
    1969年7月20日、世界中の人々の目は、テレビ画面にくぎ付けになった。それは人類初の月面着陸の瞬間をこの目で見るためで ...
  • カンヌ国際映画祭受賞一覧 - Cannes
    1947 [2] Top-----記録映画賞 ポーランドの洪水 (監督:E・ボサック)(ポーランド) アニメーション映画賞 ダンボ (監督:ベン・シャープスティーン)(アメリカ) 恋愛心理映画賞 幸福の設計 (監督:ジャック・ベッケル)(フランス) 冒険探偵映画賞 海の牙 (監督:ルネ・クレマン)(フランス)
  • 女性タレント | マウスプロモーション
    マウスプロモーションの所属タレントをサンプルボイス付きでご紹介します。印刷用の資料もございます。(カテゴリ ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.