アンケート 階級別 ウェルター

ショーン・ポーターVSヨルデニス・ウガス LIVE

投稿日:

両者苦労人といえ、ポーターのダイナミックな突貫ファイトも好きだが、ここはあまりにも遠回りをしてきたウガスのファイトに期待する。キレイに戦うのか、ラフに打ち合っても打ち負けないのか、ついに掴んだチャンスに対する決意のファイトを楽しみにしたい。

クロフォードに勝った男/ヨルデニス・ウガスVSショーン・ポーター

いわゆる王道の日陰の実力者。誰も好んでこの男とは対戦したくはないだろう。本来スペンスの指名挑戦者であったが、今さらウガスとやっても何も残らないとスペンスに嫌われた。しかしウガスは五輪メダリスト、アマ世 ...

Just Keep Punching・永久機関車ヘンリー・アームストロングは永遠に/ヨルデニス・ウガスに続け

なかなかいい記事なので、省略してご紹介。最近最も顕著なのがシーサケット・ソールンビサイだな。デビューで負け、カマセ犬、アンダードッグからはじまったボクサーが栄光を掴むストーリーは胸が熱くなる。 古くは ...

123456789101112R
ポーター
9
9
9
9
9
10
9
9
9
9
10
9
110
ウガス
10
10
10
10
10
9
10
10
10
10
9
10
118

1R

ウガスはベテランだがポーターとは1歳差しかない。
条件は互角だろう。

まずは中間距離の技術戦になった。
ポーターが積極的だが、背中の大きなウガスがいなしたような気がする。
2試合みてるのでよくわからない。

ウガス10-9

2R

打ち合い時はポーターの筋肉マンなラッシュの迫力があるが
よくみるとウガスの方がクリーンヒットしている気がする。
ダニガル戦と同じで難しい採点だ。

ウガス10-9

3R

ウガスにタイミングとプレッシャーがあるのか
ポーターが打ちに行けない。お見合い、フェイント合戦が続く。
打ち合うとポーターの方が手が出るが威圧して正確なのはややウガスか

ウガスが王者のような佇まい。
差がないが

ウガス10-9

4R

ファイターのポーターがインファイトできず下がらされている点でウガスにつけるが
会場は2-1でポーターであった。前に出て最後にラッシュした

ウガス10-9

ポーターも手堅い試合はしているが。
これは差がない実力者同士と言える。

5R

相変わらずお見合いが多いが後半ヒートアップする打ち合いになってきた。
ポーターの連打は迫力があるが、右を当てたウガスだろう。
ウガスの方が大きくポーターを呑み込んでいるような展開

ウガス10-9
フルマークになっちゃってますが僅差です。

6R

白熱した展開だが、ダウンにつながるほどのクリーンヒットはない。
というかなさそうな展開にみえる。

ウガスが屈強でポーターを呑み込んでいるようにみえるが
あまりにウガスにポイントつけすぎたのでポーターにする。
ウガスが屈強で大きく見えるのだ。

ポーター10-9

7R

会場は57-57で五分。
互いにパンチの精度が悪くシーソーゲームだ。
馬力自慢のポーターがウガスの馬力に苦労している印象だ。

ウガス10-9

8R

かなりヒートアップしてるがパンチのヒット率は低い。
どうしても打開したいポーターがウガスに威圧されて攻めあぐねている、下がっているようにみえる。
最後に攻めた

ウガス10-9

9R

ポーターは勝負をかけたい。
ウガスはポーターを迎え撃ちやり返す戦術のようだ。
威圧は出来ているが精度は低い。
採点がどうなってるかっはわからない。
少なくともここよりはポーターについているだろう。

ずっと同じ展開だが、冷静にみるとポーターは何も出来ていない。
ウガスが少しづつ押している、威圧し続けている展開だ。

ウガス10-9

10R

ここまで一度もポーターらしい爆発、ラッシュがなく
下がりながらの戦いを余儀なくされている。
ウガスが屈強な横綱ファイトをしているが
そんなウガスにもクリーンヒットはない。

いつも残り10秒でウガスが攻勢をとる。
どのラウンドも僅差だが

ウガス10-9
ラスベガスなので逆につけてるジャッジもいそうだけど

ウガス10-9

会場も僅差でウガスと出ている。

11R

ウガスが強いというよりウガスの方が大きく仕上げたという感じである。
ポーターが終始下がって、もつれて転んだりしている。
ウガスが屈強なので攻めていけない。
常に前に出るのがウガスなのだ。

そんなウガスに一発当てて、(肩か首筋だが)ウガスが大きくよろめき後退したのが
この試合最高の山場。会場が沸いたので

ポーター10-9

12R

個人的採点だと大差でウガスとなる。
会場は105-104でウガス。

屈強なウガスにポーターが跳ね返されるという展開だった。
それでも手数や積極性はポーターかもしれず採点はわからないが
ウガスが王者のように立ちはだかったという点でウガスだろう。
エキサイティングだったのか凡戦なのかわかりにくい試合だ。

ウガスに未だにアマチュア的な部分があるからだろうか。

ウガス10-9

116-112
117-111
115-113

ポーター

これがラスベガス判定だろう。
他のサイトでもウガスの勝利と出ていた。
会場も115-113でウガス。

これは物議を醸す判定だ。
ウガスは泣いて会場を去った。
ファンはみなウガスを支持しているようだ。

前座

福音書の密使 /エフェ・アジャグバ

絵になる男、ストーリーに事欠かない男なので、アジャグバの事は引退?いや一区切りするまでは追いかけ続けよう。アジャグバに比較される身体能力の持ち主としてNFLのジャデベオン・クロウニーの名が出てきたが、 ...

エフェ・アジャグバVSアミル・マンスール

注目のブギーマン「The One and Only」と呼ばれるナイジェリアの悪夢。ライブで観るのははじめてか。
マンスールもよく動き上手く戦っているがアジャグバが大きく、リーチも長く懐に入れない。
ジャブからの右が軽く当たっただけでマンスールがダウン。その後左ジャブでもマンスールを弾き飛ばして倒すも初回終了。マンスール2度ダウン。もう接触するだけでマンスールは効かされてしまうかのようにフラフラだが、なんとか耐える。一回転んだがこれはダウン裁定なし。アジャグバのパワーに2回終了で棄権。

アジャグバはそれほど速いわけでも上手いわけでもないが、くせもないので伸びる余地があり、体力、パワーは異次元のようだ。マンスールの驚きの表情とフラフラな姿が証拠だ。ジョシュアやワイルダーに対してもマンスールはもうちょい出来たんじゃないかとおもうほど・・・

エイマンタス・スタニオンVSサミー・フィゲロア

スタニオン、リトアニアからのホープがパワフルで重厚なパンチを打っていくが11勝1敗というプエルトリコのフィゲロアもただものじゃない。日本王者より上だろう。重そうなパンチを交換してるが巧みに芯を外しテクニカルに応戦している。結局攻撃の厚みでスタニオンの勝利だが2戦連続判定。正直すぎるファイトで相手はモロには食わなくなってきた。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-アンケート, 階級別, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.