階級別 ライブ ウェルター

マイキー・ガルシアVSジェシー・バルガス LIVE

投稿日:

5階級制覇と王者を超えた伝説的な選手にこだわるマイキーは体重を落とさずウェルター級にこだわる。相手は同じメキシコ系の元王者バルガス。体格差は顕著だがバルガスはパンチャーの部類ではないのでマイキーがウェルター級で結果を出すには丁度いい相手といえる。

123456789101112R
マイキー
9
9
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
118
バルガス
10
10
9
9
8
9
9
9
9
9
9
9
109
2/29 DAZN サタデーファイトナイト/マイキー、ヤファイ、マルチネス他ウバーリも

日本時間だと3月1日になっちゃうのかな、見逃せないカードが続々です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

私はマイキーのボクシングが好きだ。教科書、井上尚弥の上位互換とおもったこともある。しかしウェルター級じゃないんだ。マイキーが判定勝ちしても驚かないしウェルター級では興味がない。井上尚弥のスーパーフェザー級という感じかな。1階級、2階級違う。

マイキーの通過点におもわれてる試合だからバルガスを応援しよう。

やっぱメインは国歌斉唱あり、リングアナも違う。
私の今日のメインは終わったが・・・

1R

互いに様子見だがバルガスの方が積極的にジャブはじめ手を出していった。
マイキーは距離の克服に若干時間がかかるかも。

バルガス10-9

2R

バルガスも通過点にされるつもりはない。
とてもシャープに仕上げてきた。
スーパーウェルターに上げる話もあったくらいだもんね。

緻密な距離管理とディフェンスでまともに食わないマイキーだが
バルガスの大きさ、距離をまだ克服できない。

バルガス10-9

3R

緻密なファイトになってるがバルガスにとり、小さなマイキーは圧力がないので
怖くはないだろう。一発のカウンターで均衡が崩れそうなファイト。

なかなか近づけないマイキーだが右ストレートが浅くあたり、少し攻撃的になる。
しかしこの少ないヒットで効かせる、倒しきることはできるのか。
最後、バルガスがマイキーをロープに押し込んだ。

マイキー10-9

4R

緻密だが小さくて直線的なマイキー
やっぱり階級の壁を感じる。

バルガスはスペンスのようにフィジカルで押していければ勝てるかもしれない。
ブローナーほど消極的じゃないし。

バルガスがフィジカル差でマイキーを押し込んで攻めたが
緻密で正確なのはマイキーか

マイキー10-9

5R

マイキーが徐々に緻密に攻撃的に仕掛けていくと
バルガスがタジタジとなり、退路を失ってダウン。
右が側頭部に直撃したからだろうな。

バルガスはピンチ

マイキー10-8

6R

マイキーが仕留めようと攻めを強める
バルガスにとってもチャンスは増えるが効いている。

仕留めきれず、小康状態に戻ったが、マイキーが獲物を捕らえようとしている流れ

マイキー10-9

7R

マイキーはとても緻密で細かなディフェンスで被弾しないが
ウェルター級のサイズには手こずっている。
やっぱりスペンスのようなフィジカルで圧倒するしかないだろう。

上手いけど、距離とサイズに苦労しているのは明白。
バルガスは懸命に対抗しているがかなり効いているようで
最後はロープ際でマイキーの攻撃を必死に耐える。
レフリーは止めよっかなぁとみている。

マイキー10-9

8R

もうマイキーがいつ止めるかという展開だ。
なんでこんなシンプルなスタイルでこんなに強いんだろう。

バルガスのパンチは当たらないがマイキーも当てられない。やはり遠い、相手が大きい。

マイキー10-9

9R

マイキーは危ない被弾やダメージは全くない。
しかしなかなかパンチを当てられない。

距離が詰まった瞬間にカウンターの右を当てるだけという感じ。
若干緻密なマイキーが上回ったが、ズングリしてるので見栄えはあまりよくない。

マイキー10-9

10R

打ち合いでマイキーの右が当たったかバルガスの動きが一瞬止まる。
よく見て戦い、緻密さではマイキーが圧倒的に上だが
ガムシャラに攻めるのはバルガス

マイキー10-9

11R

スペンスのようなフィジカルパワーで攻められていないマイキーには余裕があるが
自分もやりたいように攻めることができない。
バルガスがダッキングした時の右の打ち下ろしだけは当たるが
そこからまとめることができない。

攻めているのはバルガスだが、緻密にコントロールしているのはマイキー

マイキー10-9

12R

バルガスは長年のくせで、やみくもにパンチを出すことがあるが
マイキーは全てを見極めて無駄打ちを一切しない。
一発の精度が違う。

それが差になって現れているが、体格差は顕著で、マイキーが圧倒しているようにみえない。
これが複数階級の成れの果てではないか。

もっといいパフォーマンスができる階級、相手がいるはずだ。

緻密さでマイキーだがそれ以外は互角といえるファイトだった。
最後バルガスの右が炸裂したが、手遅れだった。

マイキー10-9

114-113
116-111
116-111

マイキー

114-113、こういう採点をされても仕方がない。
スペンスやクロフォードならKO決着になるだろう。

なんかベルトがかかっていたのかな。緑のベルトをしてるけど。

今日は色々なファイトがあったが、正直にいえば、フリオ・セサール・マルチネスが一番ヤバいなとおもった。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライブ, ウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.