プロスペクト 日本

Favorite更新

投稿日:

本物を追求するという姿勢なので、最近はアマチュアに興味が移ってる気がします。

誰か友達になってください。

スポーツに限らず、プロよりアマチュアの方が崇高で本当にレベルが高い人がいるような気がする昨今です。

プロ転向し、村田とマカオで共演するかもですが

イゴール・メコンツェフ

こやつも強かったなぁ。Lヘビーなのに長谷川みたいなサウスポーでした。で、拳は岩石です。

ワシル・ロマチェンコリナレス戦のダウンで目覚めたよう。もうこれ以上の増量、階級アップはしない方がよさそうだ。ハイテクは30歳超えても大丈夫かな。
井上尚弥いよいよWBSSの舞台へ。底が見えない試合ばかりだがここで好敵手が現れるのか、圧倒してしまうのか。
エロール・スペンスJR真のウェルター級の体格と破壊力を持つ本格派。クロフォードとの対戦、ロシア圏のトップアマとの絡みが観たい。
テレンス・クロフォード五輪金(北京のディアス)を圧倒する強さはどこで培われたのか、ホーン戦はやっぱりパワー不足、フィジカルに頼りなさを若干感じたが、目がよすぎ。
ジャモール・チャーロ
オーソドックスにして攻撃の凄みは半端ない。あとは本格ミドルとの対戦とディフェンス。
ジャーメル・チャーロ本当にジャモールと同じでトラウトにはてこずった。躍動感とキレがすさまじい。
マイキー・ガルシアザ教科書、クラシカル。誰とやってもクラシカル。このまんまスペンスに挑む模様。性格はブレるもボクシングはブレない。
アルツーツ・ベテルビエフ風貌が一番好きなのでおそロシア、ライトヘビーでトップ評価。
ドミトリー・ビボルザ教科書、優等生。ライトヘビーではサイズ感がなく、これからはバッタバッタと倒せなくなりそうだ。
シーサケット・ソールンビサイ地域王者くらいになれればいいとおもっていたらしい。貧乏で何十キロも歩いて仕事してたのが強靭な肉体を作ったのか。スーパーフライでは抜けた馬力がある。
ゲナディ・ゴロフキンもう落ち目かとおもいきや、マルティロシャン戦では戦車のような勝ちっぷり。どうかカネロのクネクネディフェンスを突破して倒してほしい。
エマニュエル・ロドリゲスコットの再来。欠点が見当たらない。左が特に美しいカウンターパンチャー。しかし井上とのスペック関係で下回るとおもわれる。
ジャレット・ハード巧みとも横着ともいえるフェリーシェル、L字ブロックの使い手で肉を切らせて骨を断つ馬力体力ボクシング。このスタイルはニュースタンダードになった。しかし被弾が多い。
ゾラニ・テテスナイパースタイルでどこまでいけるか、負ける姿も勝ち抜く姿も想像できる。
マット・コロボフ一度のポカでチャンスなし。かわいそうな無冠の帝王
ゲイリー・ラッセルJrハンドスピードのハイテク。パワーがあるのかないのかわからん。
ギジェルモ・リコンドーロマチェンコ戦でダメだこりゃとおもったら諦めが早いのがわかった。もう残された時間はわずか。
オレクサンドル・ウシクやはり強敵相手だとポイントゲッターになる技巧派。しかしそれができるのは技術はもちろん体格も馬力もあるから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-プロスペクト, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.