田中恒成VS田口良一 LIVE

客観的には田中、心情的には田口、これまた熱戦、激戦が予想される日本人対決。元王者にして一階級上げた32歳田口の集大成を見届けたい。

123456789101112R
田中
9
10
9
10
10
10
10
10
9
9
10
10
116
田口
10
9
10
9
9
9
9
9
10
10
9
9
112

1R

あれ、微妙に録画かな。
入場からいきなり試合がはじまった。

両者ともに状態がよく、コンビの回転率も魅せる連打も
田中の方がよさげにみえるが田口のプレッシャーとパンチの方が効果的。

ここは岐阜なので互角だと田中になりそうだが私は

田口10-9

2R

両者近い距離でいいパンチを交換しているが
今日は田口のアッパーがいいのではないか?
田口の方が耐久力もあるとおもうし。

田口ペースだとおもうが、この回はまとめ打ちで見栄えのよさをみせた

田中10-9

3R

やっぱり今日は田口の気迫と決意の方が上回ってる印象。
一発右が当たり田中の腰が落ちかける。

飯田も含め名古屋判定、田中に好意的なのが気になる。

田口10-9

4R

たぶん会場は田中寄りなんだろう。
田口ボディがきついか少し接近できなくなってきた。
背が高くリーチがある田口の方がアウトボクシングが不得手。

田口が効いて田中が上回ったが、飯田田中に寄りすぎ

田中10-9

5R

解説が言うほど田中が押しているわけでもなく
田口もやりかえしているが、田口苦しいのが隠せない。
田中は若さ、勢いにのっているが一発食うくせもある。

田中10-9

6R

飯田、解説とも田中を褒めすぎで打ち合いは拮抗している。
しかし表情的に余裕があるのは田中で田口は苦しそう。
田口は接近戦しか活路がないのか、この距離だと
田中のパンチ力の方が生きる。

田中10-9

7R

田中がリズムにのってきた。
田口の接近からのパターンに慣れてきたようで
打ち合いの中でも印象的なパンチを当てるのは田中。
ハンドスピードも田中。

田口はリズムが同じ。

田中10-9

8R

やはりフィジカルとスピードが若い田中の方が上か。
拮抗した打ち合いのようでいて田中のリズム、スピード、メリハリがある。
解説が言うほど田中ばかりがいいわけじゃないが、ポイントつけるなら

田中10-9

田口はビッグヒットで流れをひっくり返す必要がある。
地味で相手に与えるダメージの印象が薄い。

9R

田口としてはダウンを奪ったり田中を効かせる必要がある。
このリズムでは判定では勝てない。
田中はダウンする事もあるので、一発当てたい。

この回は終始前に出て手を出した田口
田中は休んだか疲れたか、温存か、ややいなした。

田口10-9

10R

互角の打ち合いだろう。
実況は田中を褒めすぎ。

ちょっとだけ田中の方がキビキビしてるだけで
苦しいのは両者同じではないかな。
田口の逆転の可能性もある。
やはり田口は地味に後半強い。しかし決定力、爆発力が足りない。

田口10-9

11R

田中は田口に打たせておいてまとめ打ち、狙い打ちを狙い
田口は泥臭くずっと手をだしていく。
メリハリと見栄えの良さでやや

田中10-9

12R

会場からしてこのまま判定だと田中だろう。
しかしこのラウンドを制した者が真の勝者というべき激戦だ。

互角に近い執念の打ち合いだが、メリハリと的確性で

田中10-9

会場のムードと見栄えという点で田中だろう

117-111
117-111
119-109

こんな大差の試合ではない。
中盤リズムにのってペースを掴んだのが勝因だろう。

田中は毎回激闘で内容に変化なくダメージの蓄積とマンネリ感がある。

素晴らしい激戦だったが、世界的にみれば決め手が足りない両者ともいえる。
比嘉(もうフライは無理だが)や木村が進化したら超えてしまうかもしれない。

日本人対決は大抵こうなる。

[st-card id=60533 ] [st-card id=51592 ]

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. いい試合でした。

    やはり井上尚弥だけ突出しているのは
    ノックアウト勝ちするのが彼だけだからですね。

    皆、ダウンは奪っても判定だったり棄権だったり、クリーンなKO勝利がない中で
    井上尚弥だけはバタバタ倒して勝ちますからね。
    比嘉もそうだったけどまだこれからという時期に自滅した。

    田中は激闘判定王、でもアマエリだからポイントで負けないという感じで
    田口にしても毎回素晴らしい粘りですが倒すムードがありません。

    圧倒的なフィジカルとパワーがこの殻を破るのかな。

    0
    0
  2. はじめまして。かねてから閲覧はしておりましたが。
    戦前の想定ではどちらの手が上がるにしても双方消耗の激しい死闘になるだろうと考えていました。
    ですが蓋を開けてみれば田口の側が一方的に消耗させられた形。数字以上の完敗で、ここまで差を広げられるとは思いませんでした。田中という横綱に技を受け止められ、付き合われ、その上で完膚なきまでに突き放されて負けた。土俵に上がる事すら出来ず負ける(井上・パヤノが好例)のより、土俵に上がらせて貰って持ち味出させて貰ってその上で全く通用しない方が個人的には非常に苦しいと思います。今日の田中は本当にびくともしなかった。2枚も3枚も田口より上だった。
    田中がどんどん激闘型になっていくのに個人的に不安と不満を感じていましたが、本人もそれを自覚して、その上でどうすべきか彼なりに考えているのだろうなと今日の試合を見て思いましたね。

    0
    0
  3. 自分は田口寄りに見てても6ポイント差はありました。田中の圧勝ではないけど一つ一つのポイントで差を感じました。スキル勝ちですね。

    飯田は少しウザかったが、同門の京口も田中の勝ちを認めてましたね。

    田中のコンディションが思ったほど良くなかったです。いつもよりキレが無かったかな。
    リカバリーしすぎたかな。
    倒すチャンスはありました。

    来年にはスーパーフライに上がると明言してる田中、今年あと2試合するなら誰とやるのか・・

    0
    0
  4.  田口は全盛期は過ぎましたが意地は見せましたね。田中君は非凡な才能を見せつけましたが、KOに至らなかったのは残念です。パンチ力の強化が望ましいですが、うかつに筋力UPすれば減量苦やスピ-ド減につながりかねませんし、慎重を期して貰いたい。

    0
    0
  5. 今テレビを観れない環境なので、このサイトの実況で楽しませてもらいました。
    この2人らしい展開だったようですね。
    田口選手に関してはいい歳ですが、スキルの幅的にまだまだ伸びしろがあると思ってますので、引退してほしくないなぁ。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事