前日計量と当日計量の是非

ホーム フォーラム 立ち飲みどころ「ボヤキ」 前日計量と当日計量の是非

このトピックには9件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 日、 5 時間前 富士山 さんが最後の更新を行いました。

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #11155 返信

    マイティ

    義務化している筈のIBFですらグレーな感じの当日計量。

    前日にリミットクリアしていればリバウンドし放題の現行ルールは薬物と双璧を成すほどに選手生命を脅かす大問題だと思うのです。

    一日で10キロ以上増量して尚且つ動ける体質はそれはそれで驚嘆しますが、IBFの掲げる当日4.5キロ以内のリバウンドが厳密に守られる事を望みます。

    しかし一説によると当日クルーザー級だったと云われるジェイコブに勝ったGGGはつくづく偉大ですね。

    #11158 返信

    一瞬のマ夏?

    以前の何かのボヤキでも少し書きましたが、選手の無理な減量での当日試合を行う事のリスク
    からの前日計量というのも理解は出来ますが、今回のジェイコブの見た目からするとやはりどうかな?
    と思いますね。
    なので、前日計量のままは良しとしてそれをクリアして当日+何キロまでという契約を行い
    その契約に従った当日計量を行い、それをオーバーすればアウトという事にすればどうでしょうか?
    +何キロというのは試合毎に契約で当事者間で決定する。
    あとはどの試合でも現状のままでも実際、試合直前の両者の体重を試合前に知りたいです。

    #11160 返信

    マイティ

    ところで内山と戦った時のジェスコラの当日ウェイトがミドル級くらいあったとか言う噂はガチのマジなんすかね?

    今更ながらネリのあのパワーも当日体重が気になってきました。

    #11161 返信

    マイティ

    管理人さんが同体格のピログにジェイコは粉砕されてると指摘されてますね、もうジェイコはリバウンドも武器のひとつにしてる選手なのか、ミドル級のサリドだ。

    体重超過や選手の健康面で興業に支障をきたすのも問題ですし、やはり契約時に条件をしっかり擦り合わせとくしか無いのか…アリアス側もジェイコがそういう選手だと言う事は知ってた筈ですし。

    当日ウェイトの発表は是非やって欲しいです、でも現実は試合後にサラッと触れる程度、まあ確信犯ですよね。

    #11162 返信

    プクー

    ベテルビエフと少しかぶったので
    しっかり見たわけじゃないですが

    ジェイコブスVSアリアスはレスリングっぽい感じでした。
    ジェイコブスが上から押しつぶすような・・・

    大差つきましたが、褒められる、いいボクシングでは決してなかった。

    選手にはきついけどIBFルールでよくないですかね。

    #11181 返信

    マイティ

    統括団体の命じる当日計量厳守、当日ウェイト発表、若しくは選手両サイドが納得いく当日キャッチウェイト、こんなかんじですかね。

    gggの時は当日計量を拒否する為にIBFタイトルを放棄してたんですね、ジェイコ。

    難病からカムバックしたのは偉いけどあんまし好きな選手じゃ無いな…

    #11215 返信

    あな

    ibfの当日体重も怪しいんですよね リバウンドしないと思ってたGGGですが、他サイトを見る限りルビオ、ウェイド戦でそれぞれ当日体重が171、173ポンドらしいですね ibf王座は本来なら剥奪のはずです
    まぁそれはおいといてなぜ前日軽量が良くないかって2〇ゃんとかで語られてる通りお互いが弱体化するからですよね リバウンドしたほうが基本的には有利なのはお互い分かってる じゃあお互いリバウンドしようってなって結局お互いの体重差はそんなにないがリバウンドして無駄に体力消費だけしてリングに上がってるわけです クロフォードディアスなんてお互いが7キロ増量してsウェルターの世界戦になってます 誰も得しない
    と、いうわけで個人的には前日軽量は反対なんですが、下からあげてきたGGGがそれでも当日少し増量するのは排泄等の調節が難しいからなんでしょうかね よく分からないですが一切水抜きしないで減量してれば筋肉の保水量とかはそんなに上下しないと思うんですが…
    内山やゴロやリゴ等リバウンドに頼らないでも強打者はいるわけで(井上もパンチの破壊力そのものはリバウンドしないでもあると思います)、階級を上げたら倒せなくなったというのはやはり技術が甘いということだと思ってます パックやクロフォードはそういう意味でパンチ力自体は懐疑的ですね また階級の壁に当たったロマゴンですがシーサケに潰されてもなお史上最高のテクニシャンの一人だと思ってますが、仮に同体重の選手にシーサケされてしまうとしたら、ロマゴンシステムは完璧から欠陥ありに評価を改めなければならないとも思ってます

    #11223 返信

    一瞬のマ夏?

    階級によっての体重差のアドバンテージはかなり違ってくるかと思います。
    いつも思うのは他の格闘技系の体重区分。
    柔道:60kg~ レスリングフリー:57kg~ グレコ:60kg~ UFC:56.7kg~
    成人男性でアジアも含めてもやはりスポーツをしていてさらに競艇や競馬等とは違い格闘技
    を目指すならトレーニングをしていれば60kg位にはすぐになるかと思います。
    日本人王者の多い例えばSフライで52.16kgSバンタムで55.33kg。
    軽量級における階級の多さはアジアにおけるボクシングマーケットの確立の為なのかな?
    と疑ってしまいます。軽量級での3階級制覇とかに価値を見いだせないのはこういう事も
    あるでしょうね。ロマゴンや井岡はミニマム~フライ。井上あたりはSフライ~Sバンタム。
    と思うので、ロマゴンが井上とSフライでやるのは以前から書いてますがハンデ戦と思います。
    ロマゴンのようにいくのも井岡のように逃げる?のも井上のように減量苦をちらつかすのも
    どれにもがっかりはしています。
    自分が輝ける階級でとことんやって欲しいです。リカルドロペスみたいに。自分の適性にいるならば
    前日計量での相手のリバウンドも関係ないと見ています。

    #11242 返信

    富士山

    タイトル戦は、
    前日計量に変わったらのは、当日だとギリギリの身体で試合するのが危険だからですよね。
    そしたら、前日計量と試合直前計量の2回で、試合直前もプラス5ポンドくらいに決めて、厳密に運用するのがいいですね。

    あとは、メインイベントが急遽中止にならないようにしなくてはいけないから、

    1週前、2週前もプラス5ポンド以内にするとか。、

    #11243 返信

    富士山

    どんな方法でも良いですが、
    体重階級制である以上、試合開始時の体重が大事です。

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
返信先: 前日計量と当日計量の是非
あなたの情報:




更新日:

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.