不完全ガイド

罪の楽園/ボクシングの終わり

投稿日:

文字の選択を禁止している不自由なサイトからの翻訳なのでかなり適当ですが、悩ましい問題なので取り上げました。この問題に関して軽率に発言できないですが、厳格な検査機関を確立ししっかりお金をかけて運営すること、処罰を重くすることくらいしか言えない。しかしそれを作るのが人間である限り、医学、科学は悪用され、汚職は蔓延し、不正行為はまかり通る。

数週間前、デュリアン(ボディスナッチャー)ホワイトはドーピングが発覚しUKADから警告を受けた。その内容は十分すぎるほどだった。しかし検査がどのように行われたかは不透明なままだ。検査結果を公開することが望ましいがホワイト陣営、BBBofC、UKADは結果を機密事項とした。

さらに悪いことに、試合の朝、秘密ミーティングが行われていた。ホワイトの対戦相手のオスカー・リバス陣営に気付かれないように隠れて秘密のミーティングがあった。外側からみると、お金の節約の方がオスカー・リバスの健康より大事にされているようにみえる。スキャンダルは3週間経った今も続いている。

WBCヘビー級王者(ブロンズボンバー)デオンティー・ワイルダーは警告を発した。

デオンティ・ワイルダー
「何で組織に金を払ってドラッグテストをしなきゃならないんだ、クソ!なんの意味があるんだ?検査でドラッグが出ても隠蔽するなら金を払う意味なんてない。金を払うより運にかけろってか?「人間VSマシン」だ。ドラッグ野郎は破壊装置を手に入れたようなものだ。もう誰もドラッグをやってないなんておもっちゃいない。あいつがやるなら俺もやる、いつかみんながヤク漬けになってドラッグの効果を競い合うってか?」

ワイルダーは、時にボクシングの巨大な権力がドラッグについて不正行為をする事を言及している。今回ホワイトは明らかにドラッグが判明しているのに試合をすることを許された。今年4月にはジャレル・ミラーが3種の薬物が検出されサスペンドされた。これまで最も大胆な薬物不正行為だった。ミラーには6か月の出場停止処分が下された。

昨年、メキシコの巨額のスーパースター、カネロ・アルバレスが薬物検査に失敗した。しかし、ストリートでタコスを食べた際に偶然に摂取した肉に含まれていただけと認められ、軽い処分を受けただけだ。その後カネロは功績を称えられ、WBCにフランチャイズ王者という称号を与えられた。

2016年、(ジプシーキング)タイソン・フューリーはコカインと禁止薬物ナンドロロンの摂取で話題になった。ジプシーキングは一時出場停止処分を受けたが、鬱病という名目で2年のブランクを経て何事もなかったかのように復帰した。カネロのケースと非常によく似て、フューリーの悪事は巧妙に打ち消された。

フューリーがアメリカデビューして以来、コカインの使用、PEDテストの失敗について言及されることがほとんどなくなった。一方、ジャレル・ミラーは厳格な処分を受けたが、未だ彼がヘビー級のプロスペクトとして復帰、期待されていることは変わらない。

ワイルダーのコメントに戻ると、制裁機関(各団体)の下す処分になんの意味もないことが浮き彫りになってくる。現在ではトップファイターは1年に2試合するのが慣例となっている。そんな状況で半年の出場停止処分が何の抑止力になるのだろうか?

土日休みで月曜から出勤する労働者と何も変わらない。一時的な出場停止処分以外に薬物の不正行為に対する厳格な処罰はない。手ごろな罰金と次の試合までの丁度いい休暇という名のサスペンドになんの抑止力があるといえるのか?

薬物違反の選手にリップサービスをして、制裁機関(各団体)は薬物スキャンダルが蔓延することを肯定したコンテンツを提供し続けている。サスペンドが何年にもわたるか、あるいはライセンスの永久剥奪、かなり重い財政的な処罰が下されない限り、ボクシングにおける薬物問題が解決する糸口はほとんど存在しない。

デオンティ・ワイルダー
「結局は薬物問題なんでどうでもいいんだ。ただただ恐ろしいシチュエーションだ。誰々がドーピングしてるっていう話をすることさえ吐き気がするよ。」

麻薬で逮捕状が出て、シャブ抜き逃走してから出頭するタレントと同じような事がボクシングで蔓延している。クスリを抜く期間など次の試合までの丁度いい休養、スケジュールに過ぎない。それを制裁機関(団体)が奨励、助長しているような状態だ。

クスリの事はわからないが、検査でシロだからOKなのではなく一度クスリに手を出した肉体、精神は元には戻らない、改造済みなのだとおもっている。巨額の利益をもたらすヒーローに深刻なドラッグは出ない。出ても隠蔽する。検査を誤魔化す技術や発明、賄賂なども様々だろう。発覚するのがわかって摂取するものなどいない。発覚は見込み違いに過ぎない。ミラーもホワイトも誰かに裏切られたか捨てられただけ。大きな陰謀がそこにある。

南米、欧米を中心にコーラを飲む如く、ドラッグをやった事のない人間などいないだろう。それが、スポーツに限っては肉体改造、パフォーマンス向上に直結するドラッグに置き換わる。

だから、個人的には応援している選手、好きな選手を信じて見守る

もうこれしか出来ない。

リング禍が起き、相手にドーピングが発覚した時、ボクシングは死ぬ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-不完全ガイド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.