スポンサーリンク



階級別 プロスペクト

クリチコよりデカい/彼らの試合も注目です。

投稿日:

Boxrecのスケジュールをみていると世界中で本当にたくさんの試合があり、まだ見ぬ未知の新鋭、戦績のいい選手などがたくさんいます。

米国時間で今日の夜行われる、トカ・カーン・クレーリーのスケジュールを確認したくて観ただけだが、あの選手も試合するんだ・・・な事ばかりです。

そんな中からいくつかピックアップ

イバン・ディッコ
2勝2KO

カザフ発ロシアのスーパーヘビー級。
ロンドン銅、リオ銅、ジョシュアには11-13だがロンドンだしな。
2メートル2センチとも6センチとも言われる。
彼もプロデビューしていたんだな。トニー・ヨカよりヨカ気がする。

栗島雅明
8勝5KO

タイでやってる日本人のライトヘビー級 33歳
タイにライトヘビーなんていないだろうから裏街道だがこんな選手もいるんだな。

ラモン・リーチ
16勝6KO

ゴールデンボーイ所属のゴールデングローブ覇者。Sフェザー級
いわゆる米国トップアマ

ウィリアム・バゼラ
41勝40KO

ブラジルのクルーザー級。
本物じゃないとおもうけど戦績だけはすごい。

ミシェル・ソロ
30勝2敗1分

カスターニョに僅差負けした彼の再起戦

梶颯
8勝7KO

帝拳にこんなSフライのホープがいるんだな。
日本王者にはなりそうだな。

サカリア・ルーカス
20勝14KO

ナミビアの”砂漠の嵐”そのまんまやん。
そういえばパウルス・モーゼスにもチャンス到来とか・・・

アンソニー・イート
20勝7KO1分

スウェーデンのオリンピアン。
将来を嘱望されている。

アンヘル・アコスタ
16勝16KO1敗

田中戦の再起が田中の空けたWBO暫定王座戦となり
田中は返上のようなので正規昇格だろう。
はじめからこうなる運命であったのだ。
WBOのアイドル

ジェイソン・クイグリー
13勝10KO

この男が次のミドルのキーマンであり
村田より上だとおもっている。

スケジュールで気になった選手をピックアップしただけです。
ボクシング界でいう第三国の選手はあえて入れてません。
その中でも無敗でこれからっぽい人が目立ちました。

とても追いつけない。
でもやっぱり、王者より強いのはどこかにいるのでしょう、きっと。

コットやバルガスももう明日(日本時間明後日)なんですね。
やっぱり亀海とサダム・アリじゃぁ、アリが上なのかな?

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

-階級別, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.