プロスペクト

軽量級プロスペクトその1

投稿日:

こっちの方が日本人と絡む可能性だけはあるので楽しみではある。
しかし大阪の世界王者たちは絶対絡まない選手をチョイス。この記事はSフェザー止まりです。

ライト級

デニス・シャフィコフ
33勝16KO1分

ロシアのタフそうなサウスポー。小さいのでファイターボクサーとして機能しないと世界は厳しいか。

テレンス・クロフォード
22勝16KO

ダニ―・ガルシアにアマで勝ったり負けたり、ブレスコットに完勝したり、既に世界王者級の能力があるだろう。
オーソドックスで好戦的な選手。でもどこかインパクトがない。

デジャン・ズラチカニン
18勝13KO

モンテネグロの選手だ。チャンスあるだろうか?シャフィコフに似た短躯のサウスポー。
ブロックして接近して重いパンチを振り回す。
ダルチニアン系のマッチョなボクシング。

エデュワルド・トロヤノフスキー
15勝12KO

こちらはフットワーク使うアウトボクサーですが遠距離から踏み込んで来るパンチがエグイ。
ロシア人独特のロボットみたいな一撃である。
好きなディミトリー・ピログにちょっと似てる、マシンボクシング。

ジスレーン・マドゥマ(グヒズライン・マドゥマ)
15勝9KO

オーソドックスで強い、教科書的で強い。テリーノリスのようでありアイク・クオーティーのようでもある。
カナダベースですがコンゴのキンサシャ出身らしいです。
でもやや正統派すぎるかな。

スーパーフェザー級

ウィル・トムリンソン
21勝12KO

期待のオージー。ワイルドというニックネームどおり、気持ち入ったコンビネーション主体のアグレッシブボクシング。
でも内山の方がはるかに剛腕

ランセス・バルデルミ
19勝12KO

キューバのトップアマ出身でしょう。大きくて軟らかい、嫌なボクサーです。
相手はタイの強豪ですが、アジア人がよく負けるパターンで葬られています。
このタイ人は次仲村正男とやるそうですが実力やいかに・・・

ミゲル・ベルチェルト
20勝17KO

メキシコ期待の若手。クリストバル・クルスも軽く乗り越えてきている。
この映像の相手も当時無敗のホープだ。
パンチがありメキシカンぽく力強いがブルゴス級とみる。

ホセ・フェリックス・ジュニア
25勝20KO1分

こちらもメキシコの若手ホープ。
特筆すべきものはないような気がするがパンチのキレ、おもいきり、タイミングがすごくいい。
大振りすぎではないけど全力で全てのパンチを打ち込んで来る。
勢いが怖い若手。

ゲイリー・ラッセル・ジュニア
23勝13KO

一番有名なランカーかもしれない。
次ジョニゴンと言われているがSフェザーにランクされているよ。
163センチ、リーチ155センチと極端に小さいのだがこれがこの人の持ち味だろう。
短い腕でたたみかけるラッシュは世界一速いかもしれない。

ジョニゴンの距離を攻略すればゲイリー・ラッセル・ジュニアの圧勝かも。
速いから自在に自分のペースを掴めるが、リズムが狂うと全てが狂うだろう。

たくさんいい選手がいそうですので、フェザー、バンタムあたりはゆっくりやります。
エデュワルド・トロヤノフスキーという選手ののっそりしてるんだけど放つパンチの迫力が気に入りました。
ジスレーン・マドゥマもアフリカンぽくていい。

Sフェザーにも内山・三浦にとって厄介なランカーはいますよ。
でも日本には呼ばないだろうね。無名の強豪は。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.