ライブ 階級別 不完全ガイド プロスペクト 国別

リングマガジン 2018アワード と俺のと違う少々

更新日:

ボクシングバイブルと自ら自負するRingMagazineの今年の10カテゴリーにおけるノミネートだそうです。団体乱立の今となってはRing認定王者、この古臭いベルトが最も権威あるものかもしれません。

リングマガジンアワードは1928年から続く、今なお最も権威の高い賞です。
10のカテゴリから5人を選出しています。

ノミネートから個人的に選ぶとしたら赤太字
ノミネートにない、俺のと違うのは黒太字

忘れちゃってるものもあるかもしれない。

ファイター・オブジイヤー

カネロ
納得してないが、初戦と違うファイトスタイルでゴロフキンに勝った(事実)はすごい。

タイソン・フューリー
井上尚弥
ワシル・ロマチェンコ
オレクサンドル・ウシク

ファイト・オブジイヤー

アレックス・サウセドVSレニー・ザッパビグナ
ムラト・ガシエフVSユニオール・ドルティコス
ゲナディ・ゴロフキンVSカネロ2
ジャレット・ハードVSエリスランディ・ララ
シーサケット・ソールンビサイVSフランシスコ・エストラーダ

ミゲル・ベルチェルトVSミゲル・ローマン

WBSSと同日だったんですが、単純に意地のぶつかり合いで面白かった。

ノックアウト・オブジイヤー

オレクサンドル・ウシクVSトニー・ベリュー
デュリアン・ホワイトVSルーカス・ブラウン
ジャモール・チャーロVSウーゴ・センティノ
井上尚弥VSファン・カルロス・パヤノ
テオフィモ・ロペスVSメイソン・メナード

トレーナー・オブジイヤー

ベン・ディビソン
ロベルト・ガルシア
井上真吾
アナトリー・ロマチェンコ
ロマチェンコとウシクというのはすごい。

エディ・レイノソ

アップセット・オブジイヤー

クリストファー・ロサレスVS比嘉大吾
ジョシュ・ウォーリントンVSリー・セルビー
モーリス・フーカーVSテリー・フラナガン
エレイダー・アルバレスVSセルゲイ・コバレフ
アルバレスは一発屋か返り討ちするのか

ロブ・ブラントVS村田諒太

アイザック・ドッグボーとエマニュエル・ナバレッテというのもなかなかのアップセットであった。

カムバック・オブジイヤー

ノニト・ドネア
タイソン・フューリー
井岡一翔
マニー・パッキャオ
クリストファー・ロサレス
マット・コロボフ
ノミネートされてないし負けちゃったけど、世界で最も避けられてきた男が表舞台に立てたことに感動

イベント・オブジイヤー

ゲナディ・ゴロフキンVSカネロ2
タイソン・フューリーVSデオンティ・ワイルダー
DAZN襲来
HBOのボクシング撤退
WBSS
興行的には赤字かもしれないが、これはファンの夢舞台、天下一武道会だ。
「ペイパービューは死んだ」というデラホーヤの言葉も重い。

プロスペクト・オブジイヤー

ムラドジャン・アフマダリエフ
ジョシュア・ブアッティ
ジャロン・エニス
フィリップ・フルゴビッチ
テオフィモ・ロペス
ショージャホン・エルガシェフ
ノミネートされてない。SNSで人気爆発というのがすごい。
最近はビビる相手を速攻でいじめるファイトが続いている。
毎回そんなファイトじゃだめだとはおもう。

ラウンド・オブジイヤー

アレックス・サウセドVSレニー・ザッパビグナの4ラウンド
シーサケット・ソールンビサイVSフランシスコ・エストラーダの12ラウンド
ムラト・ガシエフVSユニオール・ドルティコスの12ラウンド
やはり最終回ノックアウトというのは劇的だ。

タイソン・フューリーVSデオンティ・ワイルダーの12ラウンド
木村翔VS田中恒成の12ラウンド

アレックス・サウセドVSモーリス・フーカーも逆転KOでサウセドらしかった。

モスト・インスピレーション

セシリア・ブレークフス(女子のP4P王者)
ドン・チャージン(プロモーター、メンター)
タイソン・フューリー(精神的病からの克服)
ダニエル・フランコ(脳障害と闘いながらボクシングの安全管理を訴える)
ブレンダン・イングル(今年亡くなった伝説的なトレーナー)

アドニス・スティーブンソン
キャリア構築、年齢という問題を強く考えさせられました。
問題ある試合内容、レフリングではなかった。
歴戦のダメージ(あるいは前戦のバドゥ・ジャック戦)
強すぎ、楽勝ばかりの高齢ボクサーがいきなり苦戦するとダメージが残りやすいのでは?
やはりボクシングは35歳程度が上限なのかもしれない。

あとは、不可解なジャッジというのもとても気になった1年でした。

このサイトの最高アクセスは、井上尚弥VSファン・カルロス・パヤノ LIVEでした。
けれど結末が早すぎて、ほとんど何も書いていない。
要は記事などなにも意味がないという事

レンタルサーバーがパンクし、サービスプランを上げて出費が増えました。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-ライブ, 階級別, 不完全ガイド, プロスペクト, 国別

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.