スポンサーリンク



不完全ガイド プロスペクト 国別 アメリカ

不完全ガイド:アメリカ①

投稿日:

いきますアメリカ!登録プロは3000人超!!
当然一回では終わらないし、王者は省きます。一回目は既知の選手ばかりかもしれません。
ジェルボンタ・デービスでさえ、24位にランクされているくらいの人材の宝庫。国内だけでなく世界各国から有望な選手が集まるのとそれを支える環境が整っているのでしょう。強くなりたいならやはりこの国だ。

Errol Spence Jr
エロール・スペンスJr
21勝18KO
ウェルター級

ブルックへの挑戦が決まりました。
サーマンも絡めて、ウェルター級の頂上決戦だとおもいます。
差を出して勝つことができればこの男がウェルター最強だろう。

Marcus Browne
マーカス・ブラウン
19勝14KO
ライトヘビー級

ロンドン代表。一回戦でオーストラリアのダミアン・フーパーに惜敗。
フーパーは2回戦で金のメコンツェフに負け。
スティーブンソンとの対戦を目指しているしもう指定席だが、エレイダー・アルバレスもいるし
スティーブンソンは別の相手を選びなかなか受けてくれない状況。

Joseph Diaz
ジョセフ・ディアス
23勝13KO
フェザー級

ロンドンバンタム級代表。いつもキューバのラザロ・アルバレスが天敵だった。
現王者のオスカー・バルデスを下したこともあり、いつでも挑戦圏内だし勝ち負けになるだろう。
オラシオ・ガルシアに明確に勝って最終テストもOKでは?

Sergiy Derevyanchenko
セルゲイ・デレビヤンチェンコ
10勝8KO
ミドル級

ウクライナ人だが米国で活動。最近相手レベルも内容も申し分ない。
完成度では村田より上に見えるが、サイズ、パワーがミドルだと平均以下なのかもしれない。
懸念はそこだけ。

Immanuwel Aleem
イマニュエル・アリーム
17勝10KO1分
ミドル級

無名だったがキトロフをKOしてホープに浮上。
記録は知らぬがアマチュア上位だったことは間違いなく、だからアル・ヘイモンの選手なんだろう。
キトロフを完璧に効かせたおもいきりのよさと効かされても耐えた精神力で王座挑戦して欲しい。
次もサバイバルマッチだったら痺れるけど険しいな。

Frankie Gomez
フランキー・ゴメス
21勝13KO
ウェルター級

Sライト級なのか、ウェルターなのかはっきりしない。試合も少なめ。
クロフォードやウェルターの王者を凌駕するかもしれないポテンシャルをみせる。
何でもできるがメリハリがなく凄いのか眠いのかわからないボクシング。
個人的には個性的なので注目している。

Erickson Lubin
エリクソン・ルビン
18勝13KO
Sウェルター級

たしか元々米国人ではなかったような気がする。
浅いキャリアでキューバのヤスニール・トレドというトップアマを破り注目された。
練習だと怪物的に強いらしい。

これまでも、どこかスローで横の動きに乏しいが圧勝ばかりである。
ナチュラルパワーや勘がよさそうで本番に強い天才肌かもしれない。洗練さは感じない。

Michael Hunter
マイケル・ハンター
12勝8KO
クルーザー級

ロンドンヘビー級代表。初戦でベテルビエフに敗れた。
次にオレクサンデル・ウシクへの挑戦が決まった。
米国では無敵だけど国際舞台で結果を出せない殻を破れるか?
ベテルビエフも髪形が普通だと怖くないですね。

Manuel Avila
マニュエル・アビラ
22勝8KO
フェザー級

キューバのサリナスら、堂々のサバイバルを勝ち抜いて無敗を堅持。
小國あたりとやりたいだろうし勝ち負けになるレベルかと。
サリナスだってそのくらい強そう。

Eddie Ramirez
エディー・ラミレス
16勝11KO
スーパーライト級

ゴールデングローブチャンピオンクラス
無敗選手との連戦を経てまさにサバイバルモード
堂々と挑戦できるレベルにはあるとおもうが戴冠はきついかな。

Jose Carlos Ramirez
ホセ・カルロス・ラミレス
19勝14KO
スーパーライト級

ライアン・マーティンやロバート・イースターを制して彼がロンドン五輪ライト級代表だったっぽい。
2回戦でウズベキスタンに負けた。

この男こそ米国ライト級のトップアマでありロマチェンコと試合をした事も。9-16
注目しておこう

Rob Brant
ロブ・ブラント
22勝15KO
ミドル級

数々のナショナルタイトリスト。それ以上の実績は知らない。
村田とやる話もあったような。
このくらいの強打者とやった方がよかった。

Sean Monaghan
シーン・モナハン
28勝17KO
ライトヘビー級

挑戦者が指定席にたくさんいるスティーブンソンが選んだ男。
35歳でしぶとく無敗を堅持してきたが、スタイルはAアブラハムのようなどっしり型。
緩い相手と踏んで選んだんだろうが、モナハンが左対策をしてジワジワやれば
スティーブンソンを攻略できるかもしれない。
タフネスがありそうだ。

https://youtu.be/lOOIgxzCxMM

まだまだいるので次回にしておきます。2回でも終わらないでしょう。
基本、全勝の人を取り上げているが1敗の選手も多くいて、誰に負けたか調べると、これまたホープだったりで実力者のサバイバルが半端ない感じです。
次回以降や、そこに怪物が潜んでいるのでは?

米国の選手は情報も映像も比較的あるので、興味を持ったら深く掘り下げてみてください。
多いので、選手個々の技術とかに触れず俯瞰しただけに終わりました。

上記の中で注目は

フランキー・ゴメス
ホセ・カルロス・ラミレス

次回もお楽しみに・・・

-不完全ガイド, プロスペクト, 国別, アメリカ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.