階級別 ミドル プロスペクト

カネロが嫌いなNEXTカネロ/ハイメ・ムンギア

投稿日:

ゴロフキンVSカネロ2は実現すべきだ、ボクシング最大の試合なのだからとやっぱりこのビッグマッチは実現の方向でしょうか?以前の記事ですが、GGGの相手候補に抜擢されたもののマルティロシャンに推移した彼、サダム・アリの挑戦者に抜擢されました。試合は12日、リナレスVSロマチェンコと同日です。

ハイメ・ムンギア(ジェイミー・ムングイア)
28勝24KO

不完全ガイド:メキシコ

軽量級を中心に時代を作ってきた主役の国のひとつだが、アマではあまり奮わない。キューバや欧州などのアマが軽量級まで解禁されたなら少し状況は変わるのではないか? メキシカンも正攻法の打ち合いが大好きだが、 ...

続きを見る

不完全ガイドでメキシコのホープとして紹介した事があります。順調に全勝で来ています。まだ21歳と若いので、たぶんないとはおもいますが、汚れた印象の拭えないカネロの次を担うメキシコ重量級です。

アマチュア
128勝10敗

身長
182センチ

激戦区のSウェルターですが、サダム・アリだけはまだ未知数なところがありとても興味深いです。亀海が完敗したコットを破るんだからやっぱり本場はすごいですが・・・ムンギア陣営はアリは相手を間違えたと自信を深めています。実際、強そうです。

メキシコのボクシング一家モンティエル家のファン・モンティエルを下したムンギアは今とても勢いに乗っています。
最高の試合がVSモンティエル戦だとすると最低の試合はジョニーナ・バリート戦です。

ムンギア
「減量で苦労した。もうウェルター級は卒業だ」

ムンギアは多くのメキシカンボクサーとは異なり豊富なアマチュアキャリアを持っています。141ポンドからはじまって国内で金メダルと銅メダルを獲得しました。ロンドン五輪はまだ若すぎて狙えず、あと4年待ってリオ五輪に向かうのを断念しました。

ムンギア
「もうアマチュアを卒業してプロでやっていきたかった。16歳でプロに転向しました。」

アントニオ・マルガリート
ホセ・ウズカテギ
カルロス・オカンポ

らと練習を重ねています。

ムンギア
「インテリジェンスとパンチ力に自信があります。準備は出来ていますが、もっとキャリアを積んで、年齢を重ね成熟する必要があります。」

彼の父親は元ヘビー級ボクサーであり、ムンギア自身のトレーナーでした。貧困ではありましたが、家族を守ってくれました。

ムンギア
「カネロが好きじゃありません。いつか戦いたい。ケンカじゃなく(very bad. There’s no bad blood. )スポーツとして。カネロはメキシコでベストファイターですが、メキシカン同士、ベスト同士で戦いたいです。」

練習から離れるとガールフレンドとデートしたり、周囲の人をジムに連れて行ったり、自分の試合のチケットを配ったりしているムンギアです。

日本で同じボクサーの先輩王者を嫌いというボクサーはいないとおもうがメキシコは面白いですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.