階級別 スーパーバンタム プロスペクト

ステフェン・フルトンVSアーノルド・ヘイガイ LIVE

投稿日:

WBOスーパーバンタム級指名挑戦者決定戦、フルトンは無敗選手相手に6勝、初黒星献上男の地味なテクニシャン、対するケガイはKO率はそこそこだがKO狙いのパワーファイター。清く正しきサバイバルマッチ。

エマニュエル・ナバレッテVSジェオ・サンティシマは選択防衛戦でしかないんだな。

123456789101112R
フルトン
10
9
9
9
10
10
10
10
10
10
9
10
116
ヘイガイ
9
10
10
10
9
9
9
9
9
9
10
9
112

アーノルド・ヘイガイ(ハガイ)という発音のようだ。

1R

フルトンが速いジャブを突くが
ヘイガイはガードを固めてプレスし、ボディジャブを突く
ヘイガイ見た目通りに屈強そうだ。

しかし見た目では上手くいなしたフルトンか
パワーはヘイガイだが

フルトン10-9

2R

接近戦、ロープ、コーナーに詰めて打ち込みたいヘイガイと
クールなアウトボクシングでコントロールしたいフルトン

ヘイガイの強打がフルトンを捉えるか、フルトンが華麗にアウトボックスするか
ヘイガイは当たらぬと大振りになり益々当たらなくなりそうだ。

そんなに差がないので、おまけで

ヘイガイ 10-9
会場はフルトンだろう。

3R

ヘイガイには難しいが、ボディから打ち込んでいくのはいい。
単純なファイターではなく技術も高い。

フルトンが上手く捌いているようにみえてパンチを身体のどこかにコネクトしているのは
ヘイガイではないかな。フルトンはヘイガイのアタックやレスリングで倒れる。

ヘイガイ10-9
(かなり偏った見方だとはおもう)

4R

フルトンが捌いているようにみえるが
ダメージを与えられていないのでヘイガイにポイントをつけた。
実況はハガイだが、ジミー・レノンはヘイガイと言っていた。

フルトンはダメージを与えられず
ヘイガイはパンチをヒットできない。

ヘイガイに打たせて誘うフルトン、パンチは食わないが自分もダメージを与えられない。

ヘイガイ10-9

5R

速くてディフェンスの巧いフルトン
スピードで劣るが肉弾戦でアタックしていくヘイガイ
はっきり言って互いに決め手なく互角だ。

フルトンのヒットアンドアウェイが上回ったが
一発でも食えば逆転だろう。
ヘイガイはその一発が当たらない。

フルトン10-9

6R

世界戦並みの高度なレベルなのか
互いに決めてを欠くのかイマイチわからないが、
フルトンはアウトボクシング、ディフェンスはかなり達者だがパワーパンチが皆無。
ヘイガイはパワーもタフネスもあるがクリーンヒットが皆無。
ヘイガイのパンチはほぼ見切られているがフルトンが有効なパンチを当てるわけでもない。

フルトンの左カウンターでヘイガイが少しバランスを崩す

フルトン10-9

7R

坂本VSスティーブ・ジョンストンのような試合と言うべきか。
何を評価するかで採点は変わる。

ヘイガイは暖簾に腕押し
見栄えだけでフルトンか

ヘイガイがフルトンの速さに飽きてきて、細かいパンチを無視(食う)ようになってきた。

フルトン10-9

8R

フルトンの軽打は当たるが
ヘイガイの力んだパンチはまるで当たらない。
ヘイガイは距離を潰して徹底的にプレスアタックしかないのではないか。
微妙な中間距離が見栄えの差になっている。

フルトン10-9

9R

互いに好選手だが、Bプランといったものがなく
ヘイガイは一発当てないと状況を打開できそうにないが変わらない。
フルトンがディフェンスも軽打のヒット率も上回っている。
ヘイガイを効かせるほどのパワーはないが。

ヘイガイは単発

フルトン10-9

10R

事前予想通りの展開。
フルトンはポイントアウト
ヘイガイはノックアウト

しか勝機がない。

フルトンがヘイガイを見きってファイトしてきたが、ジャブから深追いは決してしない。
ヘイガイは少し遅れている。

フルトンが前に出てヘイガイが迎え撃つような展開になってきたが
余裕があるのはフルトン

フルトン10-9

11R

フルトンは既に世界王者になれるスキルがあるだろう。
しかし塩試合限定だ。守りが堅い。攻めは弱い。
相当熟練しているがこの回はヘイガイのフックを食い、はじめてピンチっぽいシーンを作る。
フルトンは逃げ切りモードに入っている。

ヘイガイは余力を全部使って攻めないと逆転できない。
効いたのは明らかにフルトンでクリンチにいったり苦し紛れ。
判定だとフルトンだろうが、逆転KOのお膳立てはできた。

ヘイガイ10-9

12R

ヘイガイ最後のチャンスなのに単発で追いきれない。
フルトンは適当に抵抗して逃げ切りモード

ヘイガイが倒しにいったがジャブと足でフルトンに逃げ切られた。

フルトン10-9

共にトップランカーに相応しい実力者だとおもうが
足りないところが露呈した。

フルトンは上手いがディフェンシブでパワーレス、決め手がない。
ヘイガイは屈強だが工夫がなく空回り。

ポイントだとフルトンだろう。

116-112
117-111
117-111

フルトン

技術差だけでダメージ差はなかった。
全然無傷で相当スキルフルだ。ナバレッテに判定で勝てるか飲み込まれるか・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.