アンケート 階級別 スーパーフライ 不完全ガイド プロスペクト

世界へ飛翔/井岡一翔のスーパーフライ級

投稿日:

映画のようなジョニー・タピアの記事を書いていて、ふと気になった一行
「1980年に新設されたジュニアバンタム級の歴史でベストを選ぶとしたら、タイの伝説カオサイ・ギャラクシーかジョニー・タピアだけだ。」
SuperFlyより活況を呈してきた階級だが、シーサケットやエストラーダを入れてもまだ新米王者であり、ジェルウィン・アンカハスもこれからだ。時代を創る、歴史になるような王者はこの中にいるのかな。井岡一翔の上限もここだろう。そしてドニー・ニエテス、その年齢でベルト返上しちゃって相手はおるんかい?ロマゴンは終わったのかい?

ファン・フランシスコ・エストラーダ

Juan Francisco Estrada
39勝26KO3敗

WBC王者。2階級王者でトップに長く君臨しているがまだ29歳なのだ。
もうファン・マヌエル・マルケスの弟かといえるほどの万能感と完成度だが、宿敵のシーサケットに勝てたのは相手がサウスポーを捨てて戦ったからともおもわれ、スーパーフライ級では小さくパワーも脅威ではない気がする。それでもリングIQ、経験、技巧と全てが整った完成された名王者。KO負けはまずしないだろう。

カリッド・ヤファイ

Khalid Yafai
25勝15KO

WBA王者。30歳。相手を選ぶ王者で驚異的な選手を避けている。衰えたロマン・ゴンザレスの名前を奪うくらいしか興味がなさそうだ。それでもトップアマでならしたテクニックは達者でポイント負けしないだけの技量はみせる。恐らく極度に打たれ脆い。

ジェルウィン・アンカハス

Jerwin Ancajas
31勝21KO1敗2分

IBF王者。パリクテも強いがフィリピンで実績ナンバーワンはこのサウスポーだろう。フィジカルが強く左右どちらのパンチも強力。勤勉で正直に強いファイトをする。小細工ができるタイプではない。

ロマン・ゴンザレス

Roman Gonzalez
47勝39KO2敗

かつてのP4Pナンバーワン、絶対的な元4階級王者。4階級目のスーパーフライが壁となり、キャリア初敗北、返り討ちもされた。しかしモイセス・フェンテスをボコボコにして再起、やはり並の実力者ではない。懸念は32歳という年齢と小さな体格と蓄積されたダメージ、燃え尽き症候群。もうピークは過ぎたが、まだどの王者よりも強いかもしれない。フライ級ではエストラーダにも勝っている。

ドニー・ニエテス

Donnie Nietes
42勝23KO1敗5分

本来であれば井岡ではなくこのニエテスがWBO王者である。井岡に勝って返上し、残りのキャリアでビッグマッチを目指す37歳の4階級王者。井岡と同じでどこにも欠点がないような美しいテクニシャンでキャリアも豊富だが、年齢と体格、時間に限界がある。無冠の今誰が相手をしてくれるのか。

シーサケット・ソー・ルンビサイ

Srisaket Sor Rungvisai
47勝41KO5敗

32歳。P4PトップのロマゴンをKOしエストラーダの壁も超えたが再戦でなぜか右で戦い判定負け。サウスポーで強い重戦車。階級屈指のパワーとタフネスで今でも人気、需要はあるが本人がどういう状況かによる。まだハングリーならどの王者にとっても一番の脅威だろう。

アンドリュー・モロニー

Andrew Moloney
20勝13KO

王座に一番近いカリッド・ヤファイをターゲットにしているオーストラリアのプロスペクト。双子の兄弟のジェイソンと同じく王者になるには少し足りない気がするが、トップランクと契約し何がなんでも王者になるだろう。井岡との絡みは恐らくない。

フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア

Francisco Rodriguez Jr
31勝22KO4敗1分

かつて日本の高山とも戦ったメキシコのミニマム上がりの選手だが、メキシカンらしくしぶとく逞しく連勝を続けている。簡単には負けないしタフでしぶとい。

ペドロ・ゲバラ

Pedro Guevara
34勝20KO3敗1分

日本人とも多く戦ったおなじみの選手。八重樫に勝ち、拳四朗、木村に負けたが勝ちでもおかしくない内容だった。体格もよくスーパーフライが適正とおもわれる実力者だが、勝ち味が遅く地味

江藤光喜

Koki Eto
24勝19KO4敗1分

井岡のWBO王座のエリミネーターで無敗プロスペクトのシントロンにアップセット勝ちしたようにみえて頭突きだったのでNCになった。スローでみると頭突きでありパンチは当たっていなかった。それで平然と勝ち名乗りを受けちゃっていいの?本人はわかっていたはずだ。KOしないと勝てない総合力。

ビンセント・レグラン

Vincent Legrand
30勝17KO

フライ~あたりにも顔を出すフランスの無敗選手。
アンドリュー・セルビー戦などの話もあったが流れた。
身長174センチもありずっと無敗をキープしている。

ミシェル・バンケス

Michelle Banquez
18勝13KO1敗

ベネズエラの28歳のランカー

Jakkrawut Majoogoen

26勝14KO1敗

タイ人。読めない。負けが比嘉大吾だけというのは立派。比嘉が立派。

ホセ・ソト

Jose Soto
12勝4KO

簡単な名前のコロンビアン。21歳

アレクサンドル・マリン

Alexandru Marin
18勝11KO

米国拠点のルーマニア人で、新勢力としてはモロニーと同程度に要チェック。
しかしルイス・コンセプションに96-94くらいだから怖い選手ではないだろう。

ホセリート・ベラスケス・アルタミラーノ

Joselito Velazquez
9勝8KO

リオ五輪代表のメキシカンで2回戦で金メダリストに敗れた。
井上が昔負けたヨスベニー・ベイティアやリオ銅メダルのヨアニス・アーギラゴスに勝っている。
メキシコが誇るトッププロスペクトだろうが、BOXRECにある
身長163センチ、リーチ147センチというのはマジですか?

ジェイド・ボルネア

14勝10KO
Jade Bornea

田中恒成にも勝っているフィリピンのトップアマ。

ここでようやく同じような事やってたと今気づいた。
ここまで書いたからボツにするのはやめよう。

アフマダリエフ戦

SuperFlyは終わらない/ジェルウィン・アンカハスVSフランシスコ・エストラーダ他 田中恒成に勝った男

決定ではなくあくまで今年の秋の対戦を目指すというものですが、相思相愛のようで問題はなさそうです。動きのあったスーパーフライ級だが、王者、元王者、6月19日に決まる新王者含めて動向が見逃せません。最後に ...

井岡の評価がさらに上がったのではないか?
誰とやってもあのテクニック、防御があれば通用する。

石田や八重樫、目立たぬランカーは省きました。すみません。

私は

フランシスコ・エストラーダ
シーサケット・ソールンビサイ
井岡一翔
ドニー・ニエテス
ジェルウィン・アンカハス

ケビン・ジェイク・カタラハ
ジェイド・ボルネア
ホセリート・ベラスケス・アルタミラーノ
アンドリュー・モロニー

この辺だな。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-アンケート, 階級別, スーパーフライ, 不完全ガイド, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.