階級別 ライトフライ 国別 日本

ライトフライ級日本完全制覇計画/拳四朗VSジョナサン・タコニング/フェリックス・アルバラードVS小西伶弥

投稿日:

メインはおあずけ、やっぱりここだよねというスケジュールで拳四朗の防衛戦が決定したもようです。あわせて、WBSS井上尚弥と日本時間は同日で行われる神戸の世界戦、フェリックス・アルバラードVS小西伶弥についても。

ジョナサン・タコニング

28勝22KO3敗1分

7月12日、村田VSブラントの前座で行われる拳四朗の相手はベテランのタコニング。指名挑戦者です。

早くからフィリピンのプロスペクトとして紹介されるも、大事な試合を落としてきた。特にガニガン・ロペスに大差ユナニマス負けしている点では拳四朗に大きく劣る。KO率から強打者だが、スキルに問題がありそうか。やや無名選手で築き上げた戦績にみえる。

直近のビンス・パラスは京口が退けるもダウンを奪われた相手。恐らくこれが最後のチャンスのタコニング、フィリピンの強打者だけでなくベテランでもあるので締めていきたい。

拳四朗にはジャブという武器に加え長期防衛を期待できる安定感を感じるが、ペドロ・ゲバラに際どく勝ち、ミラン・メリンドは恐らく落ち目であったのでそれ以外ではインパクト不足ともいえるので強さをみせて欲しいとおもう。

【北斗神拳伝承者!?】拳四朗 KO集&世界戦ハイライト Knockouts & Career Highlights of Ken Shiro | ボクシング動画アンテナ
【北斗神拳伝承者!?】拳四朗 KO集&世界戦ハイライト Knockouts & Career Highlights of Ken Shiro | ボクシング動画アンテナ

元日本・東洋王者の寺地永氏を父に持ち、無敗のまま世界王者へ駆け上がった、WBCライトフライ級王者、拳四朗(本名:寺地拳四朗)。ここでは、拳四朗選手のKO勝利と世界戦をまとめ、年代順に並べました。拳四朗

続きを見る

フェリックス・アルバラード

34勝30KO2敗

ライトフライ級時代に、ネクストロマン・ゴンザレスという触れ込みで井岡と戦ったアルバラート。井岡、レベコに連敗するもその他は全部勝って遂に念願の王者になった。井岡戦の時は体力があり井岡の精度に敵わずも倒れることなく12回を戦いきった。当時の井岡の相手としては強い方だった。KO負けは一度もない。そして高いKO率。

レネ・アルバラードというスーパーフェザー級の選手は兄弟ではなく双子のようだ。双子でなんでそんな体格差なのか不思議だがレネの方も負けを肥やしに飛躍しており、本当はアンドリュー・カンシオではなく彼がマチャドに挑戦するはずだった。

小西という選手をあまりよく知らないが、カルロス・カニザレスに惜敗した選手、2度目の世界戦。アルバラードのキャリアの厚みはダテではないだろう。カニザレスより厳しい相手と考えた方がいい。キャリアの差から判定では難しいとおもう。

地元は小西に有利だが、これで勝てなく、中国の久保の結果によっては真正ジムの安易な世界戦は少し考えなおした方がいい。勝ったらごめんなさい、ですが。

木村翔も今月26日に中国で王座戦を控えており、上手くいけば日本人が王座独占となる、いやWBOにアンヘル・アコスタがいる。そしてこのアコスタこそ最難関だろう。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライトフライ, 国別, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.