階級別 ウェルター プロスペクト

よろしく哀愁アルメニア/ゴア・エリツィアン

投稿日:

またしても東欧圏、旧共産圏からウェルター級のプロスペクトを・・・
たくさんいるのでピンと来ないプロスペクトであればスルーしますが、これは一目みて放っておけませんでした。

ダルチニアン
グレゴリアン
よりは犬っぽくないけどやっぱりアルメニアは犬っぽい。

郷です!

じゃなくて

ゴリです!

でもなくて

ゴアかな
Gor

ウェルター級プロスペクトのゴア・エリツィアンはもうすぐ国際舞台に出陣する。プロモーターのアラム・ダブトヤンによるとアルメニアの無敗のゴアは東ヨーロッパベースでの試合を完全に卒業し次のステージへとステップアップすることになるという。

実際、ゴア(10勝9KO)は最近4試合は様々な国の選手と戦った。
アリ・フネカ、ホセ・ルイス・プリエト、アルビン・ラガンベイ、マキシミリアノ・レオネル・スカルゾーネらは遠く離れた場所から遥々やってきた。

元世界挑戦者のフネカだけは判定まで粘ったが、あとの選手の力量はゴアには物足りなさ過ぎた。

アラム・ダブトヤン
「ゴアはいつでも誰とでも戦える、なので今年は相手レベルを上げ格付けをしていきます。ゴアはまだ24歳だが最強のライバルといえる存在が現れて欲しいものです。」

ゴアは、ドミトリー・ミハイレンコと戦う計画があったが、ミハイレンコは最近負けが込んできたので候補から外した。

アラム・ダブトヤン
「今はWBCインターナショナルベルトに興味があり、そのベルトホルダーはミカエル・ズースキ(32勝22KO1敗)です。ズースキと是非やりたいと考えています。」

いかなるアマチュアであったのかよくわかりませんが、この余裕と躍動感はモノが違います。アリ・フネカはもちろん、アルビン・ラガンベイと来て、どこかで聞いたことあるぞとおもったら、日本の小原佳太に勝ちリベンジされたフィリピン人です。ゴアには2回で子供扱いされました。

スピード、反応、力量差が顕著で奥の深さや底が全くみえないファイトですが、パッとみてこれはモノが違うな、次元が違うレベルだなというのはわかります。

アルメニアのゴアひろみ、覚えておきましょう。

ジャパーン!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング[st_af id="

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.