マネーは唸る。シンガポールより、終わりのはじまり/シーサケット・ソールンビサイの新たな道

海外ボクシングマニアなら、この大きな波、うねりをヒシヒシと感じていた事でしょう。

シンガポールのONEチャンピオンシップはボクシングビジネスで大きな契約をした。タイの英雄シーサケット・ソールンビサイは10月6日にバンコクで開催される試合で防衛戦をする予定です。

ONEチャンピオンシップ
「キングダムオブヒーローズという企画があります。格闘技の祭典です。今回はゲージではなくリングを用意し、メインイベントは米国でブレイクして以降、地元で戦っていないシーサケットが出場します。」

シーサケットはその前に7月21日ヤンギル・バエを相手に試合を予定している。(ノンタイトル戦?)

ナコンルアンプロモーション
「我々の仕事は情熱と愛によって推進されてきました。最も大事なのはボクサーとその家族に人生を変えるチャンスを提供することです。それぞれにストーリーがあり、世界王者になるという夢があります。ONEチャンピオンシップと組むことができて光栄です。こんなに大規模なイベントはありません。10月6日に歴史がはじまります。」

シーサケットの対戦相手は後日発表されます。WBCルールでは15位以内のランカーの中から選出される事になります。2016年12月以来、タイで試合をしていないシーサケットは2年ぶりに地元で試合を行います。

シーサケット
「2年ぶりに地元で試合ができてうれしいです。ONEチャンピオンシップに加われて光栄です。ホームのファンの前で防衛する決意です。」

5月に長年のガールフレンドPatchareewan Kanhaとのいざこざからは立ち直ったようだ。

ナコンルアンプロモーション
「対戦相手は指名挑戦者ではなくWBCが認めた者から選ばれるでしょう。誰がシーサケットに挑戦する勇気があるかによります。まだ時間はあります。タイの国民にとって夢のような時間になるでしょう。」

シンガポールのONEチャンピオンシップというのは恐らくこれの事です。

総合格闘技メインですが、15日に行われるマレーシア興行といい、シンガポールといい、金融都市の躍動、金満ぶりは止まりません。演出もお金も、もう日本を超えているでしょう。

時代は変わりました。

パッキャオ効果でフィリピンには若い才能があふれており、第二のパッキャオになったシーサケットに沸くタイもそれに続きます。それらアジアの世界的英雄を地元はもちろん、マレーシアやシンガポール、中国、香港、マカオの金持ちが観戦してカタルシスを得るのでしょう。レックス・ツォーはフェイドアウトしましたが香港のボクシング熱は依然として熱いといいます。中国ではプロ1勝でタイトルに挑む、ネクストゾウシミンのルー・ビンなどもいます。その他強いアマチュア、プロ予備軍も増えているでしょう。

我らが日本にも井上尚弥という英雄がいます。彼はそれよりスケールの大きな舞台に進出します。

日本に引きこもる、米国依存のボクシングも変わる時なのかもしれません。井上の舞台は特別ですが、そこが無理なら他の日本人はせめてアジアに打って出るべきです。

ウズベキスタンなどの中央アジアも自国で成り立たない強豪はシンガポールを中心にアジアに活路を求めて進出しています。南国つながりでアフリカの選手も進出してくるかもしれません。

サッカーもWBSSもロシア
シンガポールを筆頭にアジアの台頭(日本は衰退)
得体のしれないMTKという組織
ライブストリームの進化

ドン・キングやボブ・アラムなどとニコニコ2ショットで飼われている時代はそろそろ終焉するのかもしれません。
シーサケットのいないSuperFly3は厳しいものとなるでしょう。

格闘技は新たな時代、波が来ているといえそうです。
マネーが唸っています。
日本はその波にどう対処するのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=Of-xeuHt7M4

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 賛否ある中あれだけ盛り上げてくれた
    亀田はやはり偉大だったということですね。

    ボクシングの話になるとネットや掲示板では今でも亀田の名前が出てくること多いので
    それだけ影響力を持っててインパクトもすごかったんでしょうね。

    0
    0
  2. 日本は今「格闘技」という雰囲気でなくなってますね。ボクシング含めて。格闘技、ボクシング人気が上がるには、時代の空気みたいなものが必要なのかもしれません。まだまだ頑張って上がっていくぞ、みたいな。アメリカ、イギリスでも移民や少数民族の方が熱心に応援してるイメージです。
    仮に井上がこの先成功し、有名になったとしても、ボクシング自体の人気はどうなのかなと思ったりもします。

    0
    0
  3. >金もそうですが格闘技に熱くなれる土壌、若いパワーが日本よりありそうですもんね。

    あー、仰る通りですね。日本でボクシングやる若い子はほんと少なくなりました。
    15年前ぐらいなんて弱小ジムでも中高生で溢れてたのに今じゃ女性と自分も含めて
    おっさんばっかです。

    0
    0
  4. かつてはアジアで最も稼げる格闘技市場は日本でしたが、ずいぶん変わってしまいましたね。ボクシング軽量級もそうなっていくのでしょうか。
    京口が以前何かのインタビューで、米国進出は現実的でないから、アジアで稼ぎたいと話してました。チャンスがあれば日本人選手にもどんどん行って欲しいです。
    世界の勢力図が変わっていくのは、単純に興味深いですね。日本もいろいろ過渡期なのでしょうね。今までのやり方では稼げない。その中で井上の存在は大きいですが、他の選手にも期待したいです。

    0
    0
  5. 軽量級はWBSSのような形でもない限り世界的に認知されるのは
    難しいゾーンだと思いますので、アメリカからの脱却というか、元々
    軽量級にアメリカ人がほとんどいないのでそりゃ人気ないよねって感じですね。

    なので、軽量級のメッカとしてアジアが盛り立てていけば
    いいのではないでしょうか。
    今や栄枯盛衰の見本みたいになった日本は旗手にはなれないですが、
    金もってるとこが盛り上げてくれれば、すぐにでも
    「中・重量級の本場→アメリカ」「軽量級の本場→アジア」となると思います。

    田中や京口にはこういう渦の中に入っていってほしいですね。
    木村も中国のスターからアジアのスターへ躍進してほしいし。
    将来的には堤にも。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事