レジェンド

エドウィン・バレロ

更新日:

観戦仲間のチャベスのボディブローさんのブログで気づきましたが、彼の死から1年が過ぎようとしています。

27戦27勝(27KO)
レジェンドと呼ぶにはふさわしくない、これから証明すべき舞台にようやく立った頃の悲劇でした。
この戦績で2階級の王者だからレジェンドでも問題ないか。

賛否両論分かれるスタイルで、最大の欠点というか見栄えよろしくない点は顎が上がった状態で打ち合うところだったでしょうか。
しかし力まかせのパワー型で片づけられない空間把握のうまさやKO率が物語るように強打を当てる勘などは際立ったものがありました。

偽物扱いされていた頃から自分は彼の試合が興奮してたまりませんでした。
狂気の殺戮本能、野獣性と緻密さが融合した突然変異のボクサーでした。

パッキャオやメイウェザーに勝てる存在であったかはわかりませんが、その期待を最も抱かせる存在ではありました。
今の層も厚いですが彼に勝てるほどの選手はいるだろうか?カーンなど最も相性が悪いのではないか?というか呑まれてしまうのではないか?
マイダナのKO率も驚異的ですがバレロの方が巧いし速いし破壊的に映ります。

彼の犯した罪を考えるとあの狂気は薬物かともおもえなくもないのですが、それはそれは漫画や映画の世界より強烈で魅力的なキャラクターでありました。
こんな怪物がまた登場することがあるのか・・・今は全くスタイルや素行の異なる俊才リナレスを応援し彼の分までの活躍を期待しています。

[tubepress mode="tag" tagValue="edwin-valero boxing"]
関連ニュース
  • エドウィン・バレロ - Wikipedia
    エドウィン・バレロ(Edwin Valero、男性、1981年 12月3日 - 2010年 4月19日)は、ベネズエラの元プロボクサー。 プロとしての全戦においてKO勝利した。そのため「Dinamita(ダイナマイト)」の異名を持っていた。世界2階級制覇(元WBC世界ライト級王者、元WBA世界スーパーフェザー級王者)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.