フライ

ポンサクレック・ウォンジョンカム

更新日:

第3代WBU世界J・フライ級王者
第35代WBC世界フライ級王者
暫定~第38代WBC世界フライ級王者
ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)
Pongsaklek Wonjongkam
79戦75勝(39KO)3敗1分

近年もっとも日本にやってきた憎き、愛しき安定王者。
ツニャカオが王者になりこの若者の時代が来たかとおもったらその全てをポンサクレックが持っていってしまった。

コンパクトで硬いコンビネーションと決して崩れない足腰、なかなか隙がなく負ける気配のない王者だったが内藤との3戦目でついにひっかきまわされて陥落、4戦目も引き分けでやっとこの王者が去る時がきたかとおもったが
タイに後継者はいずまだまだ地力ナンバーワン、暫定王者から正規へと復活した。

内藤は見事だったが2戦ともつかまえたいポンサク、うまくごまかす内藤という印象で強さは相変わらずだったが少しスピードが落ちたようにも感じた。

この試合をふまえ、80戦あまりのキャリアを重視しあまり無理しないボクシングに変えてきた印象があるが、もはややり残したことといえばアジア圏を越えて本場でその実力を披露することだけだろう。

急激に衰える前に、まだモチベーションがある時期に是非ビッグマッチを実現させ、アジアボクシングの強さを見せ付けて欲しい。
ミランダに圧勝したように彼は大舞台でも十分勝ち残っていける実力者だ。

ずっと日本人の壁であったがもう日本に来なくていいから先輩カオサイやウィラポンがなしえなかった土俵に上がって欲しい。
内藤5戦目目もその他日本人相手ももういらない。

そうでないと彼自身がウィラポン化しかねない。

関連ニュース
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム - ポンサクレック・ウォンジョンカムの概要 - Weblio辞書
    ポンサクレック・ウォンジョンカム ポンサクレック・ウォンジョンカムの概要 ポンサクレック・ウォンジョンカム2010年3月、東京でのポンサクレック基本情報本名Pongsakol Wonjongkamพงศกร วันจงคำ通称Kol, กรPongsaklek CP Fre...
  • 内藤大助 - Wikipedia
    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年 8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。 北海道 虻田郡 豊浦町出身。 元wbc世界フライ級王者。 元日本フライ級王者(第49代)、元opbf東洋太平洋フライ級王者(第35代)。 宮田ジム所属。。マネジメント先はトラロック ...
  • 清水智信 - Wikipedia
    清水 智信(しみず とものぶ、1981年(昭和56年)6月28日 - )は、日本の元プロボクサー、政治家。 東京・大崎の学習塾「ブルカン塾」講師、福井県議会議員(1期)。 福井県 福井市出身。. 元wba世界スーパーフライ級王者。 第51代日本フライ級王者。 金子ボクシングジム所属。
  • 試合結果 | Boxing News(ボクシングニュース)
    ★7月4日・後楽園ホール 8回戦 日本ウェルター級6位 坂本大輔(角海老宝石)66.6 [判定] 同級9位 田中亮治(ヨネクラ)66.6
  • 凶運気の知られざる事実「殺界に起きた良いこと事例集」
    六星占術の設定では、霊合星人の運気を見る場合、その年のメインになる運気と占命盤の向かい側にあるサブの運気の両方を見なければならないとされている。運気の組み合わせのパターンは全部で6パターンあり、そのうち「減退」と「乱気」、「陰影」と「健弱」の組み合わせに当たる年は ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-フライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.