レイ・バルガスVS亀田和毅 LIVE

ライブ更新になります。何度も書いてきたが、亀田和毅にとっても、亀田家というボクシング一家にとってももっとも崇高で偉大な(まともな)王者への挑戦となる。レイ・バルガスは長谷川穂積が王者のまま引退したベルトを引き継いだ全勝のメキシカン。その後4度の防衛に成功している。亀田が勝てば大きなアピール、日本で一番のスーパーバンタム級といえるだろう。

123456789101112R
バルガス
9
10
10
9
10
10
10
9
10
9
9
9
114
亀田
10
9
9
10
9
9
9
10
9
10
10
9
113

いよいよ開始。
親父はいるが兄弟はいないかな
屋外会場は結構ガラガラ
ロッキーもディエゴも負け。GBPのメキシカン厄日に亀田も続けるか

1R

亀田にも大きな声援。

同じ階級かというほどサイズが違ってみえる。
しかしどっちかというと亀田が前に出る。
バルガスの距離、リーチが厄介で遠い感じだが
亀田の右オーバーハンドがバルガスを掠める。

スピードの亀田
パワーのバルガス

右の印象で
亀田10-9

2R

テクニックで大幅に劣るということはなさそうだ。
スピードでも勝っている。しかし相手を効かせるパンチはなさそうだ。

バルガスのパワー、荒っぽさに亀田が少しイラついている。
バルガスのボディが後半効いてきそうだ。

亀田はハンドスピード、回転で迫るがダメージを与えることができていない。

バルガス10-9

3R

リング中央で戦えてバルガスはやりやすそうで
いつものような怪我はなさそうだが
亀田のスピードが少し厄介か。

亀田はスピード、回転力で迫るがバルガスに外されている。
パワーがない分やや打つ手がない。

バルガスのパンチもブロックしてよく守れているがダメージを与えることができない。

バルガス10-9

4R

亀田が反射神経、スピードではバルガスを追跡できてるが
肝心のパンチはなかなか当たらない。
ハンドスピード重視でバルガスに左フックをクリーンヒットさせた。
スピード、反応、積極性で上回るしかないかも。
ダメージは与えられないが十分ポイント勝負にはなっている。

左フックのクリーンヒットで
亀田10-9

5R

ダメージという点ではバルガスのボディが有効だろう。
すばしこさと軽いヒットでは亀田か。

バルガスの右ストレートが当たる。
亀田、なかなか打開策がない。
スピードだけという感じに・・・

バルガス10-9

6R

共にキビキビしてて速いのだが
パワーレス気味で退屈な展開になってきた。

亀田はバルガスをロープ、コーナーに押し込んでラッシュしないと当たらない感じ。
バルガスは迎え撃つ感じで打ち返すも精度に欠ける。
バルガスも疲れており、オーバーハンドが当たればダウンも奪えそうだ。
バルガスも下がるファイトが身に染みてしまったようだ。

ややバルガス
しかし余裕なく綻びも若干みえてきた。

亀田はオーバーハンドで顔面を弾きたい。

バルガス10-9

7R

スタミナがありペースが落ちない方が試合を支配していくかもしれない。
6回はバルガスの集中力が若干落ちたような印象。体幹がぶれてきた。

亀田にも戦術がなくなってきて飛び込んでフックを空振りするくらいになってきた。
バルガスはいつもの下がりながら少し楽してアウトボックス

バルガス10-9

8R

このままいくと判定臭が漂う。
互いにダメージが少ない。
亀田は策がない。
バルガスは疲れてノラリクラリ。

亀田がスタミナとスピードでバルガスをロープにつめて連打するも
慣れたバルガスに外される。

攻めの姿勢でおまけで

亀田10-9

9R

亀田がノーガードで誘うが効果なし。
少しバルガスを前に出させようとしているが自らは打てないで軽く食う。
亀田の左フックカウンターが当たったようにみえるも軽いのでスルーされる。
バルガスは少し疲れているのかな。
攻めの迫力がなく、いつもの判定勝利を狙っているようにもみえる。
亀田は相変わらず打開策がない。

バルガス10-9

10R

亀田が必死に捕まえようと攻めるもバルガスはもう逃げ切りか。
バルガスをロープに押し込んで当てようとするも外される。
よそ見していてよくみてないが攻勢で

亀田10-9

11R

勢いでポイントはとれるかもしれないが
ダウンまでは難しそうだ。

まるでクリーンヒットがない試合になってしまった。
亀田は身体はよく鍛えたとおもうが本質は変わらない。
倒す意思のあるコンビネーションとかがない。
バルガスがばてているのでポイントは競っているかもしれない。
バルガスもポイントとるような戦い方は出来ていない。

亀田10-9

12R

もうバルガスは逃げ切りモード
亀田は追うが当たらない。
亀田の反則で減点。

最後まで速いのだがまるで倒すプロセスがないのが残念だ。
やはりエアーボクシング的なものを感じてしまった。
しかしポイントは攻めた亀田だろう。

バルガスはやりたいというサンタクルスにも勝てないかもしれない。
ボクシングがせこい。

亀田9-9

攻めの姿勢だけで亀田につけすぎたかもしれない。
亀田としたら消化不良だろうが
何度やっても同じというような試合だった。
たぶんバルガスだろう。

117-110×3

バルガス

そんなに差のある試合ではなかったが
勝者なき試合というべき空回りだった。

消化不良のみなさん、今日はダニエル・デュボアが素晴らしかったです。
早起きしてみてよかった。ヘビー級の未来です。

-------------------------------------

かなりアンダーをやってるのでメインは遅そうです。
エドゥアルド・ロッキー・エルナンデスくらいからみたいんだけどな。

今日はムハンマド・ヤクボフというタジキスタンのホープが中澤やトカカーンを破ったフィリピンのジョン・ジェミノをわずか2回で粉砕。しかしロシアホープのミカエル・アレクセーエフ(ロメロ・デュノに勝利で全勝)がフィリピンのローランド・アルデラという雑草選手に痛烈に負け、担架で退場となったようです。清水の敗北もそうですが、フィリピン人は怖いよ。ラッセル兄弟、アントワン、アントニオは盤石勝利で全勝キープ。今日はDAZN、TOPRANK、PBC全部あり。

エドゥアルド・ロッキー・エルナンデス初回KOで負け。
かいかぶりすぎた・・・

https://twitter.com/i/status/1150212903007662080

ディエゴ・デラホーヤも負け。GBP厄日
https://twitter.com/i/status/1150234302271119365

ジョシュア・グリー

ポタポフ相手に2-0の僅差判定。退屈な12回だった。

シャクール・スティーブンソン

アルベルト・ゲバラに3回圧勝のTKO勝ち。
シャクールまで枕でアピール。
日本人と対戦した世界ランカーは海外でカマセになる確率が高い。

[st-card id=77898 ] [st-card id=77389 ] [st-card id=73823 ] [st-card id=72552 ] [st-card id=63907 ]

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 右を振り頭から突っ込んでるからバッテング目的だよね。やっぱおもしくないボクシング

    1
    0
  2. 亀田家だからではなく問題起こしたの見ると亀田家だっただけなんだよなぁ。判定も妥当。亀田は所詮雑魚。

    1
    0
  3. もっと攻めてくるかとおもいましたが、亀田のインファイトに対するケアは一流でした。ロープ際で捌くのは毎回の防衛戦で本当に達者になりました。負けにくさだけはありますね。

    0
    0
  4. こんな勝ち方しか出来ない選手に成り下がったバルガスですが、私は狙い目の王者だとは思いません。
    こと負けないことに関しては階級屈指でしょう。
    実際ここ数戦もこの試合同様どっちも負けみたいな試合を繰り返していますが、明確にバルガスの負けという試合はありませんでした。

    タイトルマッチの引き分けはチャンピオンの防衛ですから、ことベルトを奪うとなると最難関じゃないですか?

    まあでも、リゴンドーなら奪えるかな。

    1
    0
  5. バルガスのボクシングは華がないですねメキシコの強気のスタイルが全然ないので
    退屈な試合でした。亀田は今回のバルガス相手に判定では次戦は二人とも難しいですね

    1
    0
  6. 井上なら3RでKOしてる相手だったな
    1Rでサイズとリーチを把握される
    2Rでボディ叩き込まれなりふり構わず逃げる
    3Rでやれることが無くなり処刑される
    井上はバンタムに当分いるとのことだが、Sバンタムに即上げても簡単にベルト取れるな

    1
    0
  7. イスラエル・バスケスの再来かと思うくらい、しょっちゅう目の周りズタボロにしながらも生き残ってるだけあって、ラフに強いですね。

    バルガスの余りの戦いにくさに皆が皆、ラフファイトに活路を見出そうとしてるうちに妙な形で難攻不落スタイルが完成してしまったような?

    >もうボクサーとしての伸びしろが無いように思う

    同感です、マクドネル初戦に奪ったダウンが最後のハイライトのようにすら思える…

    しかし、ほぼガチ敵地で名の知れた王者相手にフルラウンド戦い抜いた事で、ベストでは無いもののベターな選手だと和毅選手を評価します。

    0
    0
  8. レイバルガスと試合を組んだという事で亀田家としてというか日本人選手として評価はしたいと思います。
    それにしても課題は以前から変わらずで、
    ・手数が出ない。兄貴たちはTBSアナが「ノーモションの右(左)ィ!」とか言ってくれてましたが、、。
    ・スピードはあってもリーチが無い上に踏み込まない。
    ただ、王者になれさえすれば塩っぽい試合でも防衛はできるかもですが、TBSが味方になってくれない今では相当厳しいですね。いい加減お父さんからは離れないといけませんね。
    それにしてもバルガスってこういうボクサーでしたっけ?リゴと本当にやりますかね?意外と階級アップとかって理由で返上したりして、、、そうなると亀3とリゴ?にはならないですね。

    0
    0
  9. 今回セコンドが次男と親父だったそうなので戦略の幅が少なかったんでしょうね。

    1
    0
  10. 亀田はハンドスピードは有りますが、タッチボクシングが染みついてるのか?バルガスにとっては、恐さはなかったでしょうね?だから平気に踏み込んでブンブン振り回せるし!亀田のタッチボクシングでは、相手に触らせないで自分はタッチする位じゃないと、世界レベルでは判定でも勝てないのが現実ですね。悲しいかな足はあるが飛べない、ヤンバルクイナみたいな感じでした。

    1
    0
  11. これまでもずっと思ってたが、もうボクサーとしての伸びしろが無いように思う
    本人の資質の問題か、周囲の力量不足かは分からないが、試合ごとにほとんど成長を感じない
    練習はというとフィジカルトレーニングばっかり言及してたが、肝心のボクシング技術は、ここ数年で何か身につけられたものはあるんだろうか?
    同じことはバルガスにも言えるが・・・

    0
    0
  12. 三男もいつもの亀田スタイルなのにやたらと評価されてて意味不明。
    手打ちパシャパシャパンチで効かせることができない。

    0
    0
  13. バルガス、勝てない相手ではないと思ったんだけどな・・・。
    ここ数試合を見ていると特に。試合巧者ではあるんだけども。

    亀田和毅は前戦とあまり変わっていなかった。相手の懐に入り、自分の距離に
    入ってから打つ手がない。特にバルガスのようなアウト・ボックスする相手には
    下から上と丁寧に削りたい、攻めていきたいところだが、いきなり上を狙って
    しまうから結果的に単発になり、攻撃のパターンを作れない。

    ここであるパターンを作ることが出来ると、それに合わせて相手も対策を
    取り始めるので、そのパターンを「フェイク」に使うなど攻撃の選択肢に
    幅が生まれ、次の段階に進んでいけるのだが・・・。

    例えば、井上尚哉に左ボディーを打たれた➡相手はもうそれをもらいたくないと思う
    ➡相手の意識は、自分のレバーにいく➡必然的に相手のガードは下がる
    ➡井上は次の攻撃で、パンチを上にも下にも打つことが出来るようになる

    と、いうことだ。このパターンに連続性が生まれていくと「波状攻撃」という
    状態が生まれ、敵の退路が断たれる。将棋で言うところの「詰んだ」状態だ。
    こうなるとK.O.は時間の問題であり、相手の状態が悪ければ、レフェリーは
    ストップをかけざるを得ない。

    そして、そのパターンが相手にとって脅威的であればあるほど、「印象付け」には
    成功していると言えるので、相手にとって有効な「フェイク」となる。つまり、
    一発ずつ丁寧に「パンチを当てていける」➡「有効に試合を進めていける」
    ようになるのである。

    「その選手のキャリア」という観点から言えば、それは有効な「引き出し」として、
    「戦術の幅」となることは言うまでもない。これを井上尚哉という選手に焦点を
    当てて解析していくと、彼の「リング上での対応力」という言葉に集約することが
    出来る。

    亀田がこの試合(特に中盤以降。前戦のメディナ戦も含む)でクリンチを連続
    してしまっていたのは、攻め手を欠いたことで、逆に「打たれる」ことに対する
    必然的な体の反応か、「離れていては戦えない」という思いからからくる反応の
    いずれからではないかと推測する。

    ボクシングにおいて、敵が自らおのずと倒れてくれることはなく、リングの上で
    パンチは「打たなければ(=当てなければ)」意味をなさない。攻め手を欠いていた
    今日の亀田は、自ら「詰んでしまった」と言えるのではないか。

    体は大きくなったが、彼のスピードは生きていた。そして個人的には、S.バンタムが彼の
    適正ではないかと思う。前戦と今日の試合で「攻め手のなさ」=「パンチを当てる」という
    基本的で、改善可能な明確な課題が見つかったのではないだろうか。まだ28歳という亀田に
    とって、今日の試合が大きな試金石となることを祈っている。

    0
    0
  14. 亀3男は今までは割かしクリーンな試合だったように思ってたけれど
    今回の試合はとにかく、頭突き(反則)が目立ちましたね。結局は亀田家の血筋なのかと思いました。

    バルガスも大したことないですね。どちらも負けな試合。。
    (ポイントだけはバルガスが上手く取ってたので僕も採点はジャッジと同じ117-110大差でバルガス)

    それにしてもつまらない試合でした。

    0
    0
  15. やりにくい選手ではありますが、バルガスこれでは人気出ないな。亀田寄りな採点のファンもいるので、まぁこんなものではないかな。亀田以外の日本人がやっても勝てないだろうし(井上以外)

    0
    0
  16. 117-110とは、
    忘れてたけどゴールデンボーイ所属のバルガスとゴールデンボーイ興行で戦ってたんだった。

    0
    0
  17. 亀田の無策ぶりにガッカリしました。
    が、それにも増してバルガス。
    世界戴冠前は、凄い選手だなと思ったものでしたが。
    世界戦では「結果」だけは残していますが「内容」の伴わない試合ばかり。
    今回も、見た目だけは派手ですが、キレが無く精度も悪い大きなパンチをただ繰り返すだけ。

    井上尚弥ならば、圧勝してしまうのではないでしょうか?
    下手をすれば、マクドネル戦の再現になる気さえします。

    1
    0
  18. ロッキーが敗けたのも驚きましたが、甥ホーヤの脱落が痛い。

    階級上げた井上の派手なライバルになって欲しかったんですが…

    0
    0
  19. 勝ち負け以前の問題で内容が酷すぎる
    頭突きとクリンチ、反則でブーイング
    金的こそなかったものの、今日の試合は兄達がかつてしていた試合とダブってみえた
    兄達より強いといっても、性根が一緒なら評価に値しない
    バルガスも退屈だったが、所詮亀田は亀田だった

    0
    0
  20. 机上の空論かとも思いますが、、、私がコーナーにいたら、バルガスの右ボディに相打ちの右かなぁ。

    バルガスはいつもこんな感じですよね。とにかく相手からしたら、やりにくいのが武器。

    亀田和毅、凄く良いスピードあるのに、もったいないな。

    0
    0
  21. 亀田は絶対に顎をあげないことを徹底して根性はありますね。
    あとフィジカルは相当鍛えてきたんだと思います。
    対バルガスに立てたプランは間違ってないけど、パンチがまるで無いので
    KOの怖さがないのがどうしようもないですね。

    バルガスは階級上げても余計厳しいのでは?
    フェザーの誰に勝てるっていうのかな。

    0
    0
  22. 両者ともに有効打が少なく、判定はどっちとも言えない感じに思えました。
    バルガスは昔は大きなパンチバンバン出して怖さがあったのに今は全然手数が出ない。
    極度の減量苦に思える。この状態なら井上尚弥に軽くKOされそう。
    亀田は良い選手とは思うけど効かすパンチを打つ気がないのか軽い連打からのクリンチばかり。

    0
    0
  23. バルガスの勝ちだけど。どっちが勝ちでもいい。
    亀田のやれる底がはっきりわかったし、バルガスはもう落ち目だと思います。
    ローマンにもリゴンドーにも厳しい。

    0
    0
  24. バルガスってこんなにショボかったっけ?井上なら瞬殺。ローマンや他団体のチャンプも試合したいのではないでしょうかねえ。もちろん勝てると見込んで

    0
    0
  25. 反則癖とか亀田父がとか、亀田だからって批判するような内容じゃないでしょう。よく頑張ったと思いますよ。

    0
    1
  26. でしたね。間違いました。デュノに負けてその後3敗で4敗してますね。ジェミノに勝って注目して、でした。デュノ、ゴンザレス、アレクセーエフ、トカカーン、辺りの勝敗が面白くて数年前に注目してました。フィリピーノの名前、よく間違えてしまいます。ごめんなさい。

    0
    0
  27. ベルスタイン対亀父、大差ベルスタインの勝ち。亀父の遠吠えが虚しく響いてました。

    1
    0
  28. 亀田はでかい右を振りながら頭から突っ込む、そしてクリンチ。
    わかっていたけどバルガスもほとんど何もできないのは意外ですね。
    亀田が結構タフですが、このメキシコ人は内容が落ちていってる気がします。

    1
    0
  29. ヤクボクやった!でもアレクセーエフはがっかりです。いつかこういう事が起こりそうな位最初から強振していくスタイルでしたから、、、。以前はクリスチャンゴンザレスというボクサーもデュノに勝って注目かな?と思いきやその後3敗してしまい、、、。やっぱりこの階級周辺はサバイバルが凄いですね。
    フィリピンとロシア系の興行は面白いです。成り上がる為にKOしかないという雰囲気が。
    亀3はバルガスの出来次第でしょうか。予想は後半バルガスKOかなぁと思いますが。

    1
    0
  30. 以前わざわざWBOの正規王座返上してまでなぜかレギュラー王座のマクドネルに挑戦していたが(2敗したけど)
    似たタイプのバルガスにも相性の良さを感じてのことなんだろうか?
    今度こそいけるのか?

    0
    1
  31. 亀田は体が大きくなりましたね。

    とは言っても、並ぶとやはりバルガスとの体格差は否めません。
    そして、キャリア、技術など総合的に見ても明らかに部があるのはバルガス。
    おまけに陣営にはナチョ・ベリスタインがいる。

    バンタム以降、そして昨年末の試合から、亀田が何をどう変えてきたのか、
    その真価問われる試合になるかと思いますが果たして?

    亀田には本来の持ち味であるスピードを生かしてバルガスを攪乱し、
    要所でしっかりと踏み込んで(彼の場合、これが一番の課題かもしれない)、
    パンチを当てていきたい。

    一言で言ってしまうと、前月の井岡 vs パリクテのような展開に引きずり込み、
    下から上と丁寧につなげていきたい。体が大きくなったことで、どれだけパンチ
    に生きてくるのか未知数ではあるが、無理に倒そうとせず、丁寧に次の展開に
    つなげていくことだ。

    会見で「メキシコ人なら・・・」と宣戦布告してしまったようだが、冷静に、
    かつ丁寧に戦って欲しい。なぜなら、バルガスは強く、クレバーだからだ。
    ヒット & アウェーと、狙えるようならカウンターを挟みたい。

    バルガスは強い。過去一番の相手となるだろうが、亀田にはぜひタイトルを
    奪って欲しい。頑張れ、亀田!!!

    0
    1
  32. 正直コレで亀田が勝つようなら井上と評価は並ぶでしょう。
    最近拙戦の多いバルガスですが、それだけの相手だと思います。

    和毅は優秀な選手だけど、そこまで突き抜けてるかというと違うと思うので、勝つのは相当厳しいんじゃないかと。

    0
    0
  33. アウトボクシングでは勝機は無いと思います。接近戦からボディと顔面を打ち分けて打ち合いの中でボディのカウンターを爆発させる感じで戦って欲しいと思っています。ナチョベリスタインがついている事に加えて元々の自力を考えると6対4くらいでバルガス有利だと思いますが亀田応援します。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事