スポンサーリンク



階級別 スーパーフライ スーパーフェザー 日本

内山高志VSジョムトーン・チュワタナ他

投稿日:

世紀の一戦を終え、虚脱感半端ないですが、この試合は見ねばなりません。
共通の相手、金子を介してみても、マニアであればあるほど、不安だ、嫌な予感がするという声が多いようです。

金子が勝つと大見栄きってはずした自分ですが、今回も大丈夫、内山が勝つと予想させていただきます。

ジョムトーンはスピードは並でベタ足で一見たいしたことないようにみえて、試合慣れしており、攻防一体で隙がありません。
金子戦は序盤は互角で進みましたが、徐々にプレスをかけ、柔軟なボディワークと手数で圧倒していきました。
強打者金子と同じくらい力強くパワー差も感じさせません。

金子は強いけど動きが固く、スムーズさがないところがあるので、ラウンドを重ねる毎に逆の特徴を持つジョムトーンが圧倒していきました。
顔を狙う金子に対しジョムトーンは空いた所を上下どこでも打つという柔軟さがあった。

離れても接近しても上手さのあるジョムトーンですが、調子にのるとプレッシャーをかけてくるので、内山としてはどちらかといえば離れた距離で、下がらない展開が理想だとおもう。
そのためにも、左ジャブとボディが試合の鍵となる。この差が両者の明暗を分けるとおもう。

直近の試合では拳の故障も癒え、右を存分に出すことができていた内山、初回から当てるだけでなく威嚇の意味でも内山の右は相当機能しており
初回から慎重になりすぎることなく右を出すことができれば頼もしい。

内山はスロースターターだが、ジョムトーンもそういえるところがある。
相手の動きを読み切って徐々に手数と圧力を増やしていくタイプだ。

なので、内山は序盤からジャブとプレッシャーでジョムトーンを下がらせるとともに、できればボディでダメージも与えておきたい。
ジョムトーンは試合慣れしてくると強みを発揮してくるタイプなので恐怖とダメージを与え、心を折りたいところだ。

恐らくジョムトーンはスロースタートで来るだろうしそれを冷静に迎え撃つ内山というスタートになるだろうが
挑戦者なので何を仕掛けてくるかはわからない。
ジョムトーン陣営でさえ、内山の強さはわかっているはずなので、意外な奇襲も用意しているかもしれない。

接戦となり、いけるかもとおもうとジョムトーンは頑張るだろうが、勝てない、怖いと感じたら案外脆いのではないか?
そこはムエタイの道もあり、よくいるタイ人特有の気質も(ウィラポンタイプではない)加味すれば、ボディで悶絶する姿もちらつく。

かみ合わなければジョムトーンだろうが、中盤あたり盤石のKOで内山10度目の防衛を推す。

田口良一VSクワンタイ・シスモーゼン

クアンタイが上回っているのはパワーと経験だけ。田口をKOすることでしか王座はとれない。
田口が上回っているのはスピード、手数、スタミナ。

まだ経験が浅いのでフルラウンド、ハイペースで相手を寄せ付けないことが活路だ。
前回のロッセル戦と同じ戦い方でいいとおもう。ボディも混ぜていれば倒せるかもしれない。

-階級別, スーパーフライ, スーパーフェザー, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.