スポンサーリンク



階級別 スーパーウェルター プロスペクト ロシア 日本

RCCボクシング/渡部あきのりVSマゴメド・クルバノフ(ブラックライオン)

投稿日:

ロシア、エカテリンブルク、こんな試合が決まるとは想像もしていなかった。クルバノフはWBO1位、米国中心のSウェルターを切り崩すロシアの筆頭株と注目している選手です。

マゴメド・クルバノフ
12勝9KO

2008AIBA青年世界ボクシング選手権 バンタム級金

この風貌でまだ22歳なので、アマチュアよりもプロを優先させたのだろう。
この大会は世界選手権のジュニアバージョンだそうです。

今Sウェルター級のクルバノフがバンタムで金
今フェザー級のオスカー・バルデスが上のフェザー級で金をとっている。

嘘でしょといいたくなる。

ミドル級銀にエンリコ・コーリン、銅にドミトリー・ビボルとルイス・アリアスがいる。

最初観た時は非常にパワフルで殺傷本能の高いファイターボクサーにみえたが、この10年弱で体重が激増しているんだな。177センチと書かれたサイズよりも小柄にも見える。Sウェルターでもパワー優位でフック、アッパーを体ごと叩きつけるようにコンビネーションで打つ。それでいてボディワークも柔軟でテクニカルでもある。

しかし世界挑戦真近となった最近ではレベルのあがった相手にややパッとしない試合が続く。やはり、ジャメール・チャーロのような切れタイプではなくドスン系か。

渡部あきのり
35勝30KO6敗

すごい戦績になったもんだ。ジムも角海老とあるが知らなかった。ハードパンチャーにして打たれ脆いファイターというイメージがある。リーチが184センチもあるんだな。

パンチ力だけなら日本屈指といえるだろう、ドスン系の重いパンチを持つベテラン。試合では不器用に見えるが、試合前の柔軟体操とかみると柔らかいし身体能力抜群にみえた。自慢のハードパンチが当たればクルバノフでさえ倒せるだろうが、技量差はいかんともしがたい。被弾の仕方がとても危なかしいところがある。

渡部はもうちょっとガードを上げた方がいいとか言う気はない。
パワーはすさまじい。ボクサー人生をかけた試合だとおもうので、自慢のハードパンチでアップセットを。
こういう映像を観たらクルバノフ陣営も警戒するだろう。
軽量級からあげてきたクルバノフより一発は重いのかもしれない。

Sウェルター級で井上岳志という日本人が世界を目指していると読んだ。無茶なとおもう階級であるが、渡部の出来がひとつの指標くらいにはなるだろう。

------------------

突然知った試合で、この興行は以前、金子が引退をかけてロシア遠征した興行の続きといえるものだろう。金子と戦ったマリコフも参戦予定だ。RCCというプロモーションである。

RCCボクシングプロモーション

ロシアボクシングは僅かなエリートを除き、基本ロシアで活動しており、相手を求めてフィリピンやマレーシア、アフリカなど独自の試合を組んだりしている。アジア交流も積極的なのだ。互いのボクシング文化、技術交流のためにも、日本も積極的に加わりたいところだ。日本でなくロシア開催が増えているのも時代の流れかな。

が、スケジュールを見る限り、今回日本からの参戦は渡部だけのようだ。
ロシアはもちろん、多国籍で注目の選手が出場するので興味深い。

ラインナップは以下の通り。

元王者、グラドビッチと戦うのは岩佐のベルトの最上位、アイルランドのTJ Doheny。
Sフェザーのチェプラコフはエストレージャを番狂わせで破ったソンソナも撃破している。
金子に勝ったマリコフの相手も未知の強豪。

個人的注目株は、クルバノフに加えて、クルーザー級のユーリ・カシンスキー。
WBSSに混じってもおかしくないほど強い印象がある。

Alexander Povetkin
32 1 0
VS
Christian Hammer
22 4 0

super welterweight
Magomed Kurbanov
12 0 0
VS
Akinori Watanabe
35 6 0

WBO International Super Welterweight Title
super bantamweight
Evgeny Gradovich
23 2 1
VS
TJ Doheny
17 0 0

super featherweight
Evgeny Chuprakov
18 0 0
VS
Pablo Manuel Ojeda
14 3 0

WBO Inter-Continental Super Featherweight Title
lightweight
Pavel Malikov
12 0 0
VS
Deiner Berrio
20 0 1

cruiserweight
Yury Kashinsky
14 0 0
VS
Al Sands
20 2 0

super featherweight
Muhammadkhuja Yaqubov
9 0 0
VS
Jaime Barcelona
40 61 1

lightweight
Zaur Abdullaev
6 0 0
VS
Roberto Gonzales
27 3 0

heavyweight
Gasan Gimbatov
3 0 0
VS
Roberto Secola
6 0 0


ユーリ・カシンスキー。GGGのような優しい顔した破壊者。


前回初ロシアで勝ったからマリコフでリベンジを狙っているのだろう。
コロンビアンもこういう試合に出ないとチャンスがない時代になった。

RCCチャンネルで色々な未知のホープがみれます。

https://goo.gl/GnXNWZ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

-階級別, スーパーウェルター, プロスペクト, ロシア, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.