スティーブン・フルトンVS井上尚弥/ロベイシ・ラミレスVS清水聡 LIVE

世界も注目の試合がいよいよです。王者はフルトン、井上は挑戦者として戦いに挑みます。

少しフルトンの過去の試合をみていました。相手と打ち合いしながらディフェンスと正確性で少し上回るという戦い方で、たしかに上手いが、レオやフィゲロアのパンチは芯を外しつつも被弾する。そんなスタイルで井上を相手に出来るのだろうか、もっと神経質に打ち合いを嫌がり、足を使い、クリンチをし、徹底的に避けてくるだろう。

清水の方はもうロベイシのスピードとタイミングに翻弄されながらも、ガツンと強打を決められるか、コツコツ削られてしまうか。最近のロベイシはアマチュアイズムから脱却し、強振してきてそこそこパワーもある。コツコツ削られていくのは想定内、ポイント勝負は絶望的。どこかで倒しきるしかない。

日本人が勝利するならKO決着だな。

1234567R
フルトン
9
9
9
9
9
9
9
63
井上
10
10
10
10
10
10
10
70

イッツ、ゴータイム?

初回がとても大事、フルトン、どう出る・・・
井上はやる気満々

1R

そんなに体格差、身長差は感じない。
両者警戒してジャブ以外出ない。
フルトンは特に警戒している。

井上は右も出し前に出ていく。
ジャブの差し合いでもフルトンに勝っているのではないかな。
フルトンがかなり警戒してロープに下がる

フルトンのほうが慎重、あるいはビビッている。

井上10-9

2R

距離はやや遠いが井上がフルトンを飲み込んでいる。
フルトンはクリンチもさせてもらえない。

フルトンは距離をケアしてるが自分のパンチはなにも当たっていない。
井上はフルトンのガードの上を叩きつける。

やっぱりパワー差が歴然

井上10-9

3R

心理的ダメージ以外はまだフルトンに与えられていないが
フルトンはかなりナイーブになっていることだろう。

フルトンのジャブに井上が右を合わせる。

少し距離が遠く反応が速いのでフルトンを少し前に出している井上
それでもフルトンはやや腰が引けて強いパンチは打ってこない。

拮抗しているがフルトンに有効な攻撃はなし

井上10-9

4R

技術的に拮抗してきたなぁ。
フルトンのパワーは脅威ではないが
スキルとスピードとディフェンスで対抗し肉体的なダメージは両者にない。

ポイントは井上が勝っているがもう少し攻めを強めた方がいいかも。
技術戦をしているとフルトンがイキイキし、井上が攻めるとロープでガードを固める

ポイントは井上だが
ハイレベルな技術戦

井上10-9

5R

井上が攻勢をを強めてきたが、フルトンは身体が温まり少し慣れてきた。
単発の顔面だとフルトンになかなか当たらない。
ボディを攻めたいがフルトンが遠い。

ロープに詰めてボディを打ちたい。

フルトンはスキルはすごいが井上にパンチを当てることは出来ていない。

井上10-9

6R

井上のパーフェクトゲームでありフルトンもパーフェクトに戦っている。
井上の方がパワーパンチで見栄えがいいが、ダメージは両者にない。
もうちょっとプレスをかけてフルトンを下がらせたい。

クリーンヒットはないが井上がパンチをフルトンの身体のどこかに当てて
フルトンがフラつくシーンは多い

井上10-9

7R

フルトンの身体のどこかに当たる井上のパンチで
ダメージがあるとしたらフルトンの方だろう。

そろそろ動きが出てくるか

井上はなかなかクリーンヒットしないが打たれることはなく
完璧に試合を進めることは出来ている。

フルトンはこのままでは勝てないが何も変えることは出来ないだろう。

ロープ際では井上の独断場だが、フルトンは守備に長けている。

井上10-9

8R

技術はさすがなフルトンだが、勝ってる内容ではない。

ボディで下を意識させてからの弾丸のような右でフルトンがダウン

手をついてすぐ立ってきたのでレフリーが止める前にフルトンに左フックが当たりフルトンが完全にダウン。

ここもフルトンが立ってきたが、もうダメージありからの滅多打ちで

井上のノックアウト勝利

また、ノーダメージで2冠統一

突然の終焉

しかしフルトン陣営は抗議しそうだ。

ダウン後の加撃

と言いそうだ。

最初の右ストレートで勝負は決まったとおもうが
極めて倒しにくいフルトンを完全に効かせてノックアウト
最後の詰めも鋭かったが、フルトンの凌ぎも職人芸だった。

ものすごくディフェンスに長けた、攻略至難な王者を倒しきった。

フルトンのスキルは芸術の域だったが、やっぱり守るので精一杯で
井上に与えたダメージは皆無だった。

ダウンもしたしKOされてしまったが、フルトンはカバーリングも上手く、打たれ強く、井上以外には滅多に負けないだろう。

1234R
ロベイシ
10
10
10
10
40
清水
9
9
9
9
36

リングアナがジミー・レノンに変わりました。
世界に発信されているとしたら、清水のスタイルに驚く人もいるだろう。37歳での初挑戦だが、サバイバルで挑戦権を掴んだというより、いきなりのチャンスを得た。世界ランカー対決とかは一切やっていない。相手レベルがいきなり上がる。

コミッショナー宣言とか本当にいらん。
ロベイシのトランクスに「電車」
清水はセレスティーノ・カバジェロになれるか

1R

清水がパンチを出していくが鈍重にみえ
ロベイシはスピードがあるが基本的には両者ブロックで守っている。
しかしロベイシの方がヒットが多い。

ロベイシ10-9

2R

清水はロベイシのスピードと手数にガードの時間が多くなる。
ガードの隙間を何度か破られる。

清水の目がもう腫れてきた。

ガードが鉄壁なのはロベイシの方。

ロベイシは距離をとり、清水に打たせている。
踏み込みのスピードは断然ロベイシだが清水も淡々とやれている。

ロベイシ10-9

3R

ロベイシはこういう試合は慣れているのかもしれない。
距離をとって休みながら出たい時に出ている。
清水はもっとプレスをかけないとロベイシが出入りだけで休みながら戦える。
ロベイシはパンチの振りが大きいので後半疲れるとおもうが、プレッシャーは受けていない。

清水の方がクリーンヒットをもらっているがどれだけ効いているか。

ロベイシだが、清水もよかった。

ロベイシ10-9

4R

両者の戦い方はかなり固まってきた。
ロベイシは上手いが清水のパワーとプレスがしんどい。
清水はロベイシの速いパンチを受けるが、パワーとフィジカルで押してきた。

清水の軽そうにみえるパンチが実は重くてロベイシが消耗してきた。
ロベイシの回転の速い連打に清水ガード一辺倒
レフリーに止められそうだが、その後は清水が逆襲

清水にボディがあればロベイシは相当苦しいだろう。

清水は細かく被弾しているが、清水のパワーが効いてきた。

ロベイシ10-9

5R

清水の味は出ているが
ロベイシの勢いが止まらず
アッパーを被弾し清水ダウン

立ち上がるも、鼻血がひどく、打たれっぱなしで
レフリーがストップ

清水らしさが出てきたところだが、そこにいくまでにかなり被弾していたので限界だった。

ロベイシ
清水

プロとして上昇中のロベイシと
37歳の清水

勢いの差が出た。

本来なら、フルトンよりロベイシの方が大物だ。
この男が未来のライバルになるかもしれない。

---------------------------------------------------------------------------
武居は少し独特で今までにないタイプだが、ジャブがなく、攻撃もディフェンスもテクニシャンというタイプではなく、このまま世界までいくとはちょっとおもえないけど、独特の間合いとタイミングで空いたところに強打をぶちこめる。それが個性だからこのまま突き進んでいただきたい。

バルドナドに脚がなく、コーナーに詰まってばかりだったので、もっと脚のある速いテクニシャン相手にはどうなんだろう。

畑山は堀川を褒めるが坂間という選手の方がセンスが上にみえる。最後、坂間が右ストレートを多用すると両者の差がはっきり出てノックアウト。坂間という選手の完勝にみえた。めちゃ若いが、木村翔とかより上かもしれない。

畑山と西岡という珍しい組み合わせ解説でした。

1303
スティーブン・フルトンVS井上尚弥

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
3
いいね
いいね
2
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 井上凄いっすね
    3ラウンドで、言葉を失いました。L字のスタブジャブが決まる決まる。井上のほうがリーチが長いと錯覚するぐらいに余裕でジャブの差し合いに勝ってました。youtubeのボクシングチャンネルのアメリカ・イギリス人、特に黒人もビビってました。ボクシングチャンネルの井上勝利を予想してた素人専門家も、ボクシングマガジンなどの専門家も、誰もがジャブだけはフルトン有利と予想してたのに、衝撃です。
    全てのカテゴリーで、クリンチすらも井上がフルトンを上回ってました。

    1
    0
  2. これだけパワー差があるとフルトンのパンチなどなんともないですね。逆にフルトンはガードしないと倒される。

    0
    0
  3. バンタムが全盛と思いきやSバンタムでの動きはさらによさそうでしたね。
    フルトンが相手だから集中してラフさを排して動いていたからかもしれないけど、キレがよかったしスピードパワーもスムーズに乗ってるように見えた。
    あと一戦で統一してフェザーに上げるのがちょっと勿体ないくらいSBの井上は強い。

    0
    0
  4. 畑山と西岡の間のぎこちなさ、ピリピリ感が解説の中で垣間見れて面白かったです。

    1
    0
  5. 純粋なハンドスピードはむしろフルトンの方が上だと思ってました。ステップで差が出ましたね。最早realy monster

    1
    0
  6. Sバンタムでも技術的には競り合ってるようにみえても、パワーで相手を完全に威圧しちゃってますね。フェザーのラミドとのスパーリングとかでもおんなじなんだろうな。

    0
    0
  7. だいたい予想通りだったけど、思ったより体格差はなく、思ったより技術差もなかった
    フルトンはよく戦った、技術戦なら互角だった
    だがパンチ力に雲泥の差があって、フルトンのパンチは当たってもノーダメだが、井上のパンチが当たったらそれで終わりだった
    しかし、あんな食らい方をしてよく立ち上がったなあ
    井上も終わったと思ってコーナーに上がって喜んでたのに

    0
    0
    • 互角 !?1ラウンドから 4ラウンドまで 井上がジャブで圧倒したでしょ  フルトン ほとんど 当たってない 567 ラウンド はちょっと フルトンが盛り返したようには見えたけど 井上はペースをわざと落としてフルトンを誘い出したと言ってたからまあ 実質的には井上の技術戦も圧勝 だし

      0
      0
  8. フルトン過去最強だったかな?すごい上手いけどパワーがないから全然怖さがない。井上無傷の完勝でした。タパレスは勅使河原を失神させた強打があるからそれだけはフルトンより脅威。

    0
    0
  9. 技術では対抗してたし7回はフルトンがとったとおもうほどだったけど、そもそも井上相手にジャブもスピードもパワーも敵わず、同じ土俵に立ててないです、今までの相手すべて。猫とライオンくらいの差がある。

    技術の高い試合でしたが、井上ノーダメージだもん、フルトンの技量でも。

    0
    0
  10. 清水はアマの実績と独特な強さを持った選手でしたが、プロで強いのとやってないでいきなりロベイシはハードル上げすぎでした。

    一定以上のスピードと強打を持つ相手だとボコボコ被弾して怪我してしまいますね。ノイナイの時もそうでした。

    大橋ジムは恐らくわかってたんじゃないかなぁ、限界を。

    0
    0
  11. プクーさん、我々の予想が的中でしたね。
    誰か忘れましたが、井上選手のジャブはどうでしたか?(笑)
    フィゲロアとかアリームとかローマンとかレオとかそもそもSBのレベルが井上のレベルからすると低いって考えは正に正解でした。
    しかし、井上選手は本当にヤバいですね。もうタパレス戦なんか見たくないですよマジで。

    0
    0
  12. 井上の右でフルトンが倒れかかって、急いでレフリーが止めようとしてますが、間に合わず、井上が左フックを当ててトドメを刺してしまったのが映像でよくわかります。あの左フックの前にダウンとりたかったんだろうな、レフリー。あれで立ってくるフルトンタフです。

    0
    0
  13. パワーだけでなく技術や駆け引きでも上回って、後半ストップ。
    理想的な勝ち方ですね。
    フルトンとかバトラーの技術的には大したことなくね?みたいな態度にイライラしてたので、ほんとスッキリ。

    0
    0
  14. 管理人の言うような、ダウン後の加撃で抗議など出てないし、誰もそこに触れてないが、たしかに最初の右ストレートでフルトンはリングに手をついてるんだけど、そこから倒れないで立っちゃったから井上の追撃の左をもろに食らったね。

    倒れていれば、ただのカウントだっただろう。効いたから結末は近かったろうが、違った結末になっていた。

    0
    0
    • 左をおとりに使ってのビッグライトハンド!!

      単発のジャブを上下にパンッ、パンッとそれぞれガードさせておいて、、、同じ流れで、下にジャブと思いきや0. 1後に右をコンパクトに強振。着弾した瞬間まだフルトンの両手はボディをガードしてましたね。

      見事でした。

      1
      0
  15. フルトンダウン経験あるし井上の調子が良ければ見れるでしょうね。簡単では無いけど早く倒して欲しいです。圧倒してればいいけど、判定で勝っても後でいろいろ言われるかもだし。

    0
    0
  16. 強引に責めたマクドナルド戦で
    一発もらって腰が落ちかけた時の光景が
    忘れられない。
    どうやら井上はエキサイトしたようですが
    同じことにならないか心配です

    清水ラミレスはラミレスが中盤までにKO勝ち予想。判定はない

    0
    0
    • > 強引に責めたマクドナルド戦で
      > 一発もらって腰が落ちかけた時の光景が
      > 忘れられない。

      自分もこれを思い出しました。
      それと今回はガチガチになっているのが気になります。

      0
      0
  17. 無敗、不倒のどちらかに土がつくんですね。最高。フルトンのダウンがみれるのかな。

    1
    0
  18. Sフライ、バンタムの井上は群を抜いていた。Sバンタムでもその輝きは変わらないのか、初挑戦の階級にして階級最高の無敗王者との対決で明らかに。

    1
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

関連キーワード
おすすめの記事