階級別 ライトフライ バンタム 日本

山中VSソリス他

投稿日:

実はこの試合も仕事をしながらのチラ見。
興味が薄れゆく昨今です。

木村VSロペス

実況と結果だけ知りました。
木村はゲバラ戦でも前半ポイントを全てとられた。
日本では判定型のテクニシャンで通用しただろうが世界ではそうはいかない。
序盤からポイントをとる戦い方をしないと一発パワーのない彼に後半は厳しい展開となる。

だからこそ、ボディを多用したり、前半から打ち合って上手くて強いところを相手にみせつけないといけないのだがスタイルチェンジは簡単ではなかったようだ。
前半ポイントとられて仕方なく攻めるしかないというのはゲバラ戦と同じで、それは相手も想定済み。

懸念どおりに負けたという印象だ。
ロペスは堅実な選手だが王者にしてはいけなかった。

山中VSソリス

この試合はチラ見。
ガラスのアゴと揶揄されたがその通りなのを露呈してしまった。
解説は当たり前の事を言っていたが、3ラウンドの心身のダメージがあり精度を欠いたのだ。
ソリスのとったダウンは明確で山中がとったダウンは怪しいものだった。

セコンドがピンチの時
「ジャブとストレートだけでいいんだ」

と言っていたそうだが、まさにそれだけでここまで来た選手であり判定に異論はないがパワーに突出しただけの非情に偏りのある選手だ。
井上のような真の天才ではない。

それでも強い王者だとはおもうが、今緩いバンタムでリー・ハスキンスやパヤノとやるのがせいぜいで階級上げて大暴れできるほどの選手ではないのかもしれない。

モレノ戦の後の地元でのボーナス試合。
こういう事もあるのがボクシングの怖さ。

けれど、今後が心配になる大味でキレのない試合を演じてしまったのは確か。
もしかしてピークを過ぎたか?

関連ニュース
  • 山中vs.ソリス | 格闘技 | 実況 | スポーツナビ
    ソリスが出たところに山中の右が入り、ソリスの動きを止める。第1ラウンドはこのまま終了 2R ゴングの後すぐに山中の右ストレートが入り、ダウンを奪う。ソリスはそれほどダメージ無く立ち上がる。山中は右のジャブを出しながら、左ストレートを ...
  • 山中vsソリス 山中2度のダウンシーン
    山中V10!日本歴代3位タイ 両者ダウン2度ずつの壮絶ファイト制す
  • 山中VSソリス他 - ボクシング動画配信局
    山中vsソリス. この試合はチラ見。 ガラスのアゴと揶揄されたがその通りなのを露呈してしまった。 解説は当たり前の事を言っていたが、3ラウンドの心身のダメージがあり精度を欠いたのだ。
  • 山中vsソリス予想!! 10度目の ... - frentopia.com
    最近の記事. 稀勢の里引退。横綱としては実力不足だったんだろうな。横綱は勝ち続けるのが義務、怪我は土俵上で治すもの、痛みは精神力で乗り越えるもの
  • 山中vsソリス | アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記
    wbc世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介vsリボリオ・ソリスをテレビ観戦。 1Rから強い右を振るっていくソリスだが、山中は落ち着いてこれを見切るとラウンド後半にカウンターの右をヒット。ソリスの動きが一瞬止まる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライトフライ, バンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.