階級別 スーパーフライ プロスペクト

4階級の壁/井岡一翔VSアストン・パリクテ

投稿日:

明日の井岡VSパリクテについて海外からの(恐らく)最終記事になります。致命的な被弾をしなければ、KOは難しいだろうけど井岡が勝つという予想は変わりません。自身より大きくてパワフルでKO率の高い相手と戦うのは、日本では過保護にやってきた井岡にとっては初めてのケースです。勝っても負けてもTBSを通してこれが本当の世界のボクシングだと伝わればそれでいい、

6月19日水曜日、千葉県の幕張メッセで空位のWBOスーパーフライ級王座決定戦が井岡一翔VSアストン・パリクテの間で行われる。

昨年12月31日、井岡はマカオで同タイトルをドニー・ニエテスと争い、スプリットで敗れた。なのでこのチャンスがいかに重要であるか強く認識している。

井岡
「これは最後のチャンスです。私のキャリアにとって非常に重要な戦いです。」

3人の異なるパートナーと9ラウンドのスパーリングを行った30歳の井岡は語った。

4階級制覇をかけてマカオで敗れた試合に意義を唱えている井岡だが、パリクテ戦はニエテス戦の結果が間違いであることを正当化するチャンスでもある。

レオ・ガメス、ロマン・ゴンザレスに続き、ミニマム級から4階級制覇を達成することを目指している。

井岡
「ニエテスとの戦いは素晴らしい経験でした。とても戦略的な試合で、負けたという感覚はなかった。パリクテのウィークポイントをあげることはできません。フィジカルの強さがそのままパリクテの強みと言えるでしょう。」

28歳のアストン・パリクテは2010年にプロデビュー以来はじめて敗れるまで10連勝、様々な地域タイトルを獲得し、WBO1位の座を手に入れた。昨年9月のドニー・ニエテスとの決定戦は引き分け、その後エリミネーターを獲得し2度目のチャンスを得た。

井岡は歴史をつくるために一度は引退したボクシングに17カ月ぶりで帰ってきた。

井岡
「4階級王者になることが復帰のおおきな理由です。日本のボクシング史上例のない記録であり、その記録を打ち立てたいのです。」

ラスベガスで井岡をトレーニングしているイスマエル・サラスは井岡の能力に感銘を受けている。

サラス
「一翔が12歳の頃から知っています。すでに才能豊かな青年でした。それ以来3階級の世界王者になり、その才能が本物である事が証明されました。スーパーフライ級はホットな階級で井岡はこの階級をさらにエキサイティングにしました。一翔のボクシングは魅力的なのでスパーリングのあとはジムのメンバーみんなの拍手が起きます。今回のキャンプがこれまでで最高だったとおもいます。一翔は今とてもハングリーで試合に集中しています。」

生まれ変わった姿で/井岡一翔VSアストン・パリクテ

ただ環境を変えて戻ってくるのではなく、強く、太く、逞しくなって帰ってくることを願うのだ。幕張メッセで平日というのは意外だが、きっとやってくれるはず・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェア ...

彼らのAゲーム/井岡一翔VSアストン・パリクテ

6月19日、井岡一翔VSアストン・パリクテ。日本、TBSという元の鞘に戻って戦う井岡の試合は、民放でマニア以外も気楽に観れるいつもの世界戦だろう。しかしこれまで見慣れた井岡の試合とは趣が違う。権力や父 ...

パリクテの前戦、エリミネーターとなったホセ・マルチネス戦
井岡がマルチネスとやっても2回KOなど出来ないだろう。後半KOか恐らく判定勝ちがいいところ。それくらいの実力者、実力差である。

パリクテの強みは愚直で直線的なパワー、正直な打ち合いにあり、スピードやフットワーク、スキル勝負では後れを取る。フィジカル、パワーという点でとても険しい相手だが、王者と対戦するよりは易しい、ラッキーな世界戦ともいえる。

パリクテの信念であるAゲームとは井岡にどんなに攪乱され、なかなかパンチが当たらずとも、取り乱さずに地に足つけて得意パンチを狙っていく。一発当たれば一気に潰すべく襲い掛かるということだとおもわれる。容易にスタイルを変えない、変えることなどできないだろう。

KOでパリクテ
判定で井岡

になるのではないかな。
スピードやスキルで井岡の一方的な展開となり、ボディなどでストップ勝ちできるなら、井岡はスーパーフライに完全にフィットしたといえるが、まずは内容問わず勝ちさえすればいいといえる試合だ。是非勝って、エストラーダやアンカハス、シーサケットなどのタレントたちと凌ぎを削って欲しい。上には上がまだまだいる。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.