アマプラBOX/寺地・那須川・阿久井・中谷・田中・拓真

一気に決まりました。Showtimeが37年続いたボクシングから撤退するそうでPBCの一部放映がアマプラに流れるそうですが、日本人的にはいい事かもしれません。日本のTVも変わって欲しい、変わらなきゃダメですね。もうTVいりません。ちょっと当たるとバラエティ番組。バラエティって何?求めてないです、不要です。

数が多いので追うのが大変ですが、素晴らしい組み合わせとそうでないのがあります。

寺地拳四朗VSカルロス・カニサレス

定期的に試合をするのは好感が持てる寺地ですが、やり残しは王座統一戦だけ。対抗王者のジョナサン・ゴンザレスが病気だなんだで試合をキャンセルばかりしており、やっても結果は見えているのでもう階級アップを視野に入れてよいのではないか、モチベーションの維持がなかなか大変だろう。相手のカルロス・カニサレスは元王者で粘り強いが試合枯れが目立ち、コンディションが未知数の選手。中国の呂斌や木村に勝った地力があるが、安定型とはいえない。寺地勝利だろう。

寺地拳四朗は第二の井上尚弥といいたくなるほどエキサイティングで圧倒的な試合をしてくれるがLフライというのが焼け野原な感じで熱くなれません。軽すぎる。もうLフライはいいのではないかな。

那須川天心VSルイス・ロブレス

相手は世界ランカーとのことだがこのどっちか、白と金のトランクスの方かな

才能は素晴らしいとおもう那須川だが、いつもキャッチウェイトで下の階級の選手を選ぶあたり、まだ慎重路線なのだろう。よく見つけてきたなという選手。同門の村田昴の方がマッチメイクが強気。

アルテム・ダラキアンVSユーリ阿久井政悟

2月ではなく1月に組み込まれてよかった。

安定王者のダラキアンなのでノックアウトしないと王座を奪取できないだろう。しかしノックアウトできる拳を阿久井は持っている。王者のレベルが高いので楽しみ。

アレハンドロ・サンチャゴVS中谷潤人

しれっと発表されたが、よく決まったな、両者すごいなという好カード。これは2階級無敗王者の中谷が3階級目をかけた挑戦者という立場です。しかしサンチャゴは身長159センチとかなり小さなアンコ型。170センチ超えの中谷が巨大にみえるだろう。かなり劣化していたとはいえ、ドネアに勝って戴冠したサンチャゴの初防衛戦であり、かつてはジェルウィン・アンカハスと引き分け、ゲイリー・アントニオ・ラッセルにも勝ちでいい内容を演じた実力者。まるで小型ホルヘ・カストロのごとき重厚で頑丈なファイトをしてくる。インもアウトも上手い中谷にとり前に出てくるサンチャゴは相性がいいとともに、過去一番のプレッシャーを受けることになるだろう。タフネスもパワーも過去一番だろう。これを攻略すればファイター型にも盤石というお墨付きが出る。中谷の相手はみんな距離を潰してプレスをかけることが勝機とおもっているだろうから。

3階級目の挑戦がいきなり王者、夢の世界王者となり最初の防衛戦が評価の高い中谷
よく合意したな。拍手。

田中恒成VSクリスチャン・バカセグア

逆にこっちはなんだかな。中谷が返上した王座の決定戦。井岡や田中は中谷をずっとスルーしていたが出ていったら早速これ。そして中谷が王者のころ、この位置にバカセグアという選手はいなかったとおもう。

調べるとこの紫の選手がそうらしいが、両者ともにロートルファイターみたいで
とても世界ランカーにはみえない。間違いじゃないかな。

中谷も負けちゃった井岡も無理なのでIBFのフェルナンド・マルチネス一択だったがそこもスルーしてこの相手では応援できない。田中の4階級制覇はほぼ約束されたものだろう。

井上拓真VSジェルウィン・アンカハス

大丈夫かなぁ、アンカハスを応援しちゃってる自分がいる。
中谷、武居、天心はどっちかわかんないけど、井岡、エストラーダ、ロマゴン、比嘉、堤、みんなバンタムでやりたいみたいで、井上尚弥が去ったバンタムは強力な王者がいず、新たな草刈り場と化しているが、拓真はそろそろ覚醒できるのか。エマロドに挑戦権を持つ日本人もたしかいたような。

アルテム・ダラキアンVSユーリ阿久井政悟
アレハンドロ・サンチャゴVS中谷潤人

これが注目すべき世界戦です。

もちろん

井上拓真VSジェルウィン・アンカハスや寺地拳四朗VSカルロス・カニサレスも本物ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
8
いいね
いいね
11
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
1
最低
最低
0
コメント一覧
  1. サンチャゴにKOで勝つのは難しいだろうなぁ。減量解放された中谷のスケールをみたいけど、判定勝利が着地点だろう。

    0
    0
  2. 誰それ?とか言われてますがロブレスはナチョの所の選手みたいですね前回のグスマンもそうで本田会長とナチョのパイプがあるのでしょう。

    1
    0
    • でも帝拳の他の選手は誰もここの選手とは絡みません。天心専属契約でしょうか?

      1
      1
  3. ここはそんな事を語る場ではないでしょうに。ボクシングの場でしょ。荒らしちゃだめよ人の家を。
    そりゃ喧嘩なら総合が一番強いんでしょ「総合」って言っちゃってるし。でも興味ないんだわ。ボクシングが好きでここに来てるんだわ。

    純粋に喧嘩が強い人はスポーツの枠にも入らない世界のどこかで肉体労働かなにかしてることでしょうよ。

    そこを競ってるんじゃないのよ、ボクシングというルールの中での技術、芸術に興味があるからボクシングファンなのよ。

    誰が喧嘩が強いなんて話題には全く興味がないんだわ。

    12
    1
    • 本当にそうならなぜKOを重視するのですか?
      なぜBreakingDownに出演した選手が井上より俺のが強い、と発言して大炎上するのでしょう。
      普通は怒りません、ボクシングファンだけここのコメントのように怒ります。

      喧嘩の強さを競ってるんのではなくとも
      人を殴り痛めつける競技であるにも関わらず実際にはボクサーは格闘能力では弱いことにコンプレックスがあるのです。

      だから他のスポーツのファンと違い喧嘩で強いかどうかについて話されると不愉快に感じるのです。
      喧嘩というのはあくまで比喩表現です。
      なんなら格闘技全般においてもボクシング単体は弱い部類です。

      1
      17
      • 僕ちゃん「Sweet Science」っていう言葉知ってる?甘い科学じゃないよ、ボクシングという意味なんだ。100年以上の歴史があり、ルールが決まっているスポーツという枠組みの中で競技を楽しむものなんだ、ボクシングというのは。

        KOが全てじゃないんだよ。だったらメイウェザーやシャクールなんて判定型だが、その技術や戦術に惚れ惚れする人もいれば、リカルド・ロペスや井上尚弥のようにKOに至るまでの過程や美しさを楽しむ人もいて人それぞれなんだよ。

        KOして相手が失神すれば、競技はなんでもいいわけじゃない。
        まして喧嘩でそんなものみたくないわ。

        本当にBreakingDownにいくか、街でむかつく人がいれば殴っていればいいんじゃないの?僕ちゃんは。

        天心君の話になると食ってかかるようになるけど、だったら辰吉はデビュー戦で韓国のランカー、2戦目でタイ王者、3戦目。WBCインターナショナルバンタム級王者サムエル・デュランだよ。

        ロマチェンコは2戦目で世界挑戦したよ。

        そう考えると最短なんて考えてない、10戦以上はやらせるって本田会長が言ってるってことは、そういうレベルなんだよ天心君は。もちろんすごい才能だけど、今勝負させるほどボクシングは甘くない、ボクサーとしてGoサイン出せないということでしょ。

        10
        2
        • 喧嘩は比喩です。
          ボクシングファンはボクシングが弱い部類の格闘技であることにコンプレックスがあるのです。

          0
          12
          • ないです。

            じゃぁ、ボクシングに来なければいいじゃん、天心さん、武居さん・・・

            4
            0
          • そりゃ手だけの格闘技より、足やなんでもありの格闘技の方が喧嘩は強いのかもしれませんが、喧嘩じゃありません。強さも競ってません。競技ですからそのルールの中で競っているだけです。

            キックや総合の頂点にたっても、世界の誰も知らないじゃないですか。
            少なくとも私は誰も知りません。

            5
            0
        • ボクシング世界王者がキック総合に来ると基本噛ませ犬にされボクオタはルールが違うだのここの管理人のように金目当てだのと言い出しキックの天心がボクシングに来たらロマは2戦目で世界挑戦(敗北)してるだの10戦以内に世界挑戦しなかったらその程度だのと発狂します。
          これらはコンプレックスからくる妬みなのです。

          0
          11
          • ボクシングファンに他の格闘技へのコンプレックスなどなにもないよ。
            興味ないからよく知らない。

            他の格闘技の人はボクシングに来るけど、ボクシングの人はいかない。いった人はボクシング挫折した人か引退した人、余興、食うため。

            コンプレックスがあるのは他の格闘技の方なんじゃないかな、だってボクシング界に来るじゃん。

            11
            0
          • ボクシングでスターに成れればキックより金銭的には実入りがいいとされてるので、別にボクシングが素晴らしいからではありません、コナーマクレガー、ガヌー、天心、彼らは平均的な世界王者らより遥かに稼いでいます。 
            ボクシング世界王者でないにも関わらず。
            それが妬ましいのでしょう。
            前回中谷を天心の前座にしたり次寺地前座に天心がメインか?との噂に発狂しているのも妬みです。

            0
            9
        • 五輪連覇のロマが2戦目で世界挑戦(敗け)したからアマなしキック天心が慎重な事にはならないでしょう。

          0
          5
      • 辰吉や井上はなかなか国内で試合してくれる相手がみつからなかったんですよ。デビューから。しかし天心は大人気でやりたいって言ってるファイターがたくさんいます。

        それだけ人気があり、美味しいとおもわれているからです。ハイリターンなのです。辰吉や井上は勝てないしハイリスクでしかなかったんです。

        なんとか麦茶とか辰吉息子とか栗原とか、いっぱいいるじゃないですか。大橋ジムの武居や中嶋だっていいし堤だっていいじゃないですか。

        実際、麦茶や栗原あたりには天心が勝つんじゃないでしょうか。栗原をKOしたサルダールもそれまで日本人に4連敗で、ルイス・ネリには圧倒KOされました。

        サルダールだっていいじゃないですか?

        でもそれをせず、キャッチウェイトで遥々メキシコから誰も知らない相手をあてがうあたり、慎重には慎重を期してまだまだキャリアを積む段階、リスクは背負わないという方針の元でやってるだけなんですよ。

        期待はしてますよ、期待の裏返しなんじゃないですかね、いろいろ言われるのは。

        6
        3
        • 天心君はあれだよ。メイウェザーにボコボコにされたから、しかもブロックして歩いただけでやられたから、体重差、体格差に慎重になってるのよ。だから毎回軽い相手とキャッチウェート。でも段々レベルをあげていくよ。心配ない。

          4
          2
    • 「キックなら勝てる」「本当はボクシングは弱い奴がやる競技」「他の日本人選手も大したことない」とボクシング諦めた際の予防線を貼る臆病者に囲まれてるから、転向して挑んでる天心のやる気もその程度かと思われるし、元々ボクシング観てる人間からの視線も自然と厳しくなってパワーレスだとかボロクソ言われる。

      0
      1
      • 仮に天心がボクシングで成功しても考え同じですよ。
        仮に皆さんがボクシング一筋だったとして対戦相手がキックボクサーでボクシングルールでの試合でもたった一キロ相手が重いだけでもう勝てない、1ポイントも取れないものですかね?

        0
        2
        • ちょっと何言ってるんだかわかんない。

          サマートとかクリチコとかリピネッツとかキック出身でも結果残した人いっぱいいるし、みんな天心や武居には期待してるよ。対戦相手に不平不満を言うのはファンの自由なんじゃないか。

          天心だけでなく、亀田にもみんなブーイングだったし、それは山中や内山、メイウェザーでさえ言われていたこと。

          9
          1
  4. 7 しかし、ボクシングは喧嘩や格闘技ではなく、スポーツであるという意見もある一方、。ボクシングが純粋なスポーツであるならば、ヘッドギアを着用したり、グローブを柔らかくすることでより安全になるはずです。

    しかし、KOや一方的に殴り倒す井上尚弥の強さに魅力を感じ、人を殴るボクシングの

    暴力性を楽しむ一方で、ボクシングから一歩出るとあまり強くないことを認識しています。そのため、喧嘩や異種格闘技では弱いという議論がされボクシングが他の格闘技に劣るとされると、ボクシングは喧嘩じゃない、違法だ、恥ずかしいコメントだと怒る傾向があります。

    ボクシングの一部のファンは、自分たちのスポーツが強さを誇れないことにコンプレックスを抱いているようで、その点を批判されることを嫌がります。

    他のスポーツのファンは野球やサッカーなどの選手が喧嘩で強いかどうかについて話されても、普通は怒りません、ボクシングファンだけが反応する特有な傾向です。

    井上尚弥、弟、井岡、村田、比嘉、堤、栗原、赤穂、田中などなど多くの日本トップボクサーが「階級下」の相手との試合や、「KO宣言の判定決着」を多く経験してるにも関わらず天心にだけ批判的なのはそういった格闘技界へのコンプレックスの意趣返しだと考えています。

    1
    7
  5. 6 ほとんどの人が、ボクシング以外の喧嘩や異種格闘技で井上尚弥が強いとは考えていません。ボクシングしか経験のない井上尚弥は、身長180cm、体重80kgほどのバスケをする中学生と喧嘩しても勝てないかもしれません。

    0
    7
  6. 4 そしてここの、なんでもありだったら井上尚弥相手でも天心の圧勝でしょう、に対する批判的なコメント同様に、誰もボクシングじゃなくても喧嘩でやっても天心やBreakingDownに出てる選手より井上尚弥の方が強い、という意見はほぼ皆無でした。

    みんな言いたくないだけで、ボクシングではなく何でもありなら井上尚弥はBreakingDownに出てる素人にも

    おそらく勝てない、というのは皆同意見なのです。

    0
    6
  7. 4 しかし、批判の多くはボクシングは喧嘩や格闘技ではなくスポーツであるという批判していましたが、ここでの議論はボクシングが格闘技であるかどうか、そして合法性ではなく、このBreakingDownに出てる選手(ジョリー)が言ってるのは自分の方が
    井上尚弥よりも強いというものでした。

    0
    5
  8. 3 BreakingDownに出演した選手が井上対フルトン戦の後にⅩで喧嘩で戦ったら井上より俺のが強い、

    と発言して大炎上しましたが。

    0
    1
  9. 2 しかし、実際にはボクシングはパンチしか使わない性質上、異種格闘技には不向きで、多くのボクシング王者がプロレスやK-1などで噛ませにされてきました。例えば、日本王者では吉野弘幸、大東旭、鈴木悟、世界王者ではフランソワ・ボタ、ジェームズ・ワーリング、アーサー・ウィリアムス、レイ・マーサー、チェ・ヨンス、シリモンコン・シンワンチャー、チ・インジン、中にはロベルト・デュラン、極めつけはモハメド・アリなどさえ含まれます。

    さらに、日本では平均体格以下の軽量級が多く、異種格闘技以前に喧嘩で取っ組み合ったらさして強くはないのが現実です。

    1
    3
  10. 1 ボクシングは格闘技や喧嘩ではない、という意見が最近よく聞かれますが、森川ジョージ氏の漫画『はじめの一歩』では、鷹村、千堂、沢村、間柴、青木村、ブライアン・ホーク、青木の弟が鴨川ジムで練習した際に街のチンピラ数人を相手にのしたり、それを幕ノ内一歩がボクシングは喧嘩ではないとしながら張り手でKOしたりと、多くのキャラクターが喧嘩に強いと描かれています。少なくとも作者の中には、ボクサーは本当に強くなければならないという思いがあるのでしょう。

    1
    2
  11. なんでもありだったら井上尚弥相手でも天心の圧勝でしょう、かすり傷すらなく。

    ボクサーはボクシングが上手なのであって別に本当に強いわけじゃないので、これまでの異種格闘技戦が照明しています。
     
    あくまでボクシングだから判定に行ってるだけで。

    1
    5
  12. 以下天心に近い階級の
    日本&世界ランカー

    栗原、階級下の世界ランカーにしか勝利経験なし(同級世界ランカー0勝3敗)
    東洋太平洋ランカーの外人に1勝1敗

    栗原vsサルダールも、下馬評では、栗原が勝てる予想だったんだよ
    ↑ 勝てる相手を選んだつもりで予想が間違っていただけです

    比嘉(バンタム日本10位) 階級下の世界ランカーにしか勝利経験なし(同級世界ランカー対戦経験なし)

    下町 同級世界ランカー対戦経験なし

    中嶋一輝(バンタム日本14位) 
    同級世界ランカー0勝1敗

    堤聖也(バンタム日本王者) 
    同級世界ランカー対戦経験なし

    堤駿斗 デビューから3戦全部階級下、
    2連敗中の一階級下選手と東洋フェザー戦で判定勝利
    同級世界ランカー対戦経験なし

    村田昴 同級世界ランカー対戦経験なし

    とのことです。

    2
    4
  13. この間世界3位の栗原選手が対日本人4連敗中のサルダールに1RKO負けしましたが、
    栗原はバンタム級でスーパーフライ世界ランク14位のライアン・ルマカドに一回、自分をKOして世界ランクした千葉開にリベンジで2回、同級の世界ランカーには一度も勝利した経験がありません、
    (同級なら対世界ランカー0勝3敗)で世界ランキング3位

    このロブレスも世界ランカーには勝ってランクインしたわけではないようですがそれは日本人ランカーもほぼ基本そうです

    下町選手も村田昴も堤聖也も堤兄弟の兄の方も比嘉も吉野も井上いとこもvs同級世界ランカーは対戦経験自体ありませんがなぜかランク入りしています。

    西田りょうすけ、石田匠は世界ランカーに勝ってますけどよく見ると相手はロブレスと同じく世界ランカーには勝ってなくてランク入りした選手です。

    和気も負けのが多いし

    比嘉君もこないだ階級下のSフライの世界ランカーにバンタムで勝っただけで同級では一度も世界ランカーには勝ったことがありません、

    なんなら井上弟も世界戦の前には一階級下のランカーボルネア相手で試合してましたし。

    彼らは世界ランカーでしたが外人は階級下の世界ランカーにしか勝利経験がない人たちでした、
    今回の天心の相手は3戦目で世界ランカー相手に一応キャッチではあるだけまだ栗原比嘉村田吉野よりましです。

    2
    6
    • そんなに必死になんなくていいよ。

      天心の相手、誰それ?知らん。よく見つけてきたねってだけだから。

      7
      1
  14. カニサレスは田口と引き分け、木村に勝って日本人に無敗。寺地が圧勝したら次は、ジェシー・ロドリゲスを追いかけていいんじゃないでしょうか。名声を得るビッグネームが出てきました。ロドリゲスは若く、寺地は歳ですが。

    0
    0
  15. アマボク経験何年もある井上尚弥もデビューは階級下相手にキャッチウェイトで2戦目も8勝10敗の相手にキャッチウェイトで3戦目の相手は日本ランカーでした。
    天心はアマボク無しでデビューは一階級下の日本2位、二戦目は予定してたのは9戦全勝、3戦目はバンタム落とす準備もかねてキャッチで世界ランカー。
    公平に見たら天心のが相手は厳しく見えます。
    もちろん数字上の戦績だけじゃないとかこの世界ランカーよりこの日本ランカーのが自分は強いと思うんだとか言い出せばきりないですが

    2
    5
    • 武居の相手のようにフィリピンで来日経験もありある程度実力が知れた選手ならわかるけど天心の場合、わざわざ遠くメキシコからよく探してきたなという全く未知の選手ばかりなのだ。恐らくランクと実力がみあってないのだ。

      5
      1
  16. 同門の村田昴の方がマッチメイクが強気とかいうから調べたら相手のデメシーリョって対日本人3連敗中の
    バンタム級ノーランカーじゃん。
    どこが強気なんだww

    1
    4
    • 育成方針やトレーナーが違うのかもしれないが、村田の相手は本場アメリカや日本でキャリアや内容がある程度わかる相手、天心の相手は誰それ?どこからみつけてきたの?という謎の相手。

      5
      0
      • 与那覇と世界ランカーは普通にわかるでしょ、対日本人3連敗で本場アメリカや日本でキャリアや内容がある程度わかってもしょうがないでしょ、仮にも昴もう27歳で世界ランカーなんだから。
        もっといい相手普通にいるでしょ。

        1
        4
      • 日本地域王者でなく世界王者を目指してるなら地域ランカーではなく世界ランカーと試合すれば良いでしょう、それで現在の日本ランカーや地域王者が世界レベルの選手がいたら、世界戦の舞台で試合すればいいと思います。

        0
        1
  17. 天心の練習動画観たけど、スタイルはもうかなり確立されているようだ。勘、タイミングなどずば抜けた才能があるが、手打ちで踏み込みがなく、貫通力のあるパンチではない。ダウンを奪いラッシュすればKOは不可能ではないが、効かせるパンチャーではない。しかしこれが被弾しないスタイルであり、他の格闘技で培った型であり、本当にシャクール・スティーブンソンのようだし、普通のボクサーのセオリーとは違うが、これでいいとおもう。

    5
    0
  18. アイドル売り出したり、お笑いからバラエティ番組が成功の道みたいなやり方をずっとしてるけど、それは誰が求めているのかな。スポンサーなのかな

    バラエティという言葉がもういいかげんなんだよ。多様性?

    芸人は芸だけしてればいいし
    スポーツ選手は試合だけしていればいい

    #MeToo運動をTVにもしてくれないかな。

    TVなくていいけど

    4
    2
  19. この中で一番世界挑戦といえるのはダラキアンXユーリ。田中は特に四階級制覇という箔がつく試合なのにこんな相手に勝っても4階級制覇といえない。まだマルチネス挑戦で勝ったら四階級制覇といってもいいけど。中谷は井上弟、またはエマロドとやった方がワクワク感があります。

    4
    0
  20. 田中…本物を知らない時代なら或いはそれも通用したかもだが、井上尚弥、中谷潤人、寺地を知ってしまうとあんまりなマッチメイクに脱力するしかない。

    10
    2
  21. 階級下とばっかりみたいな感じで言われてたけど、普通に転向3戦目でやるような相手じゃないと思う。アマ無し他競技からの転向選手としては相当なハード路線と言えるかと。
    与那覇の時と一緒でじゃあ不利かと言われれば別にそんなこともなさそうなのはそれだけ強いということでしょう。
    普通に考えてアマボク無しキックボクサーvs一階級下(1.8kg)日本2位でほとんどの人が天心の勝利予想したぐらいだし。
    今回は間の体重でキャッチウェイトだから少なくとも相手はコンディションいいはず、
    守りにも入り過ぎない良いマッチメイクだと思う。

    4
    13
  22. 田中はうーんだけど、まあしょうがないかな
    微妙な相手でも4階級とれば金になります
    わざわざ強豪を選んでも、ボクシングオタク以外には「誰それ?」と言われて終了
    ここに並んでる選手、井上と井岡以外、世間のひとはだーれも知らない、興味もない
    それが現実ってやつ

    8
    12
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事