階級別 ミニマム フライ プロスペクト

7月のクリスマス/サルダール兄弟の特別な時間

投稿日:

チャンスが重なることってあるんだな、ここで日本人が明白に勝てば一皮むける試合であろう。最強を問う相手ではないけども・・・

7月はフィリピンのサルダール家族にとっては忙しい1カ月となりそうです。

ビッグ・サルダールは7月13日に神戸でWBOミニマム級タイトルマッチを地元の山中竜也と対戦します。ビッグにとり2度目の世界挑戦です。2週間後には兄のフローイラン・サルダールがWBOフライ級タイトルをかけて中国の青島で王者木村翔に挑みます。

フィリピンの地元ではサルダールはおなじみです。フローイランはここ10年、フィリピンでは期待のホープと言われてきました。ビッグはフィリピン全国アマチュアチームのトップメンバーでした。もうひとりの弟、まだアマチュアのレイは2010年のアジア大会で金メダルを獲得した。ビッグはその時銅メダルを獲得した。

彼らは初の世界戦では失敗しています。フローイラン(28勝2敗1分19KO)は2014年にマクウィリアム・アローヨに2ラウンドストップ負け、2016年には日本の井上拓真に判定負けをしています。ビッグ(17勝3敗10KO)は2015年、王者田中恒成をダウンさせ、3者ともにポイントリードするも6回にボディで逆転KOされました。

今、兄弟はジェネラルサントスシティのサンマンジムで一緒にトレーニングしています。

マイケル・パラシオス(トレーナー)
「歴史が作られます。我々はベルトを獲得できると信じています。アシスタントトレーナーのボーイ・ドネアとアリエル・サルダール(兄)は神戸を経由して青島に行きます。」

サルダール兄弟は7カ月間同じトレーナーチームに師事しています。

山中も木村も2度目の防衛戦です。

マイケル・パラシオス
「最初は山中は簡単な相手だとおもいました。しかしビデオを何度もみて、簡単な相手じゃないと気づきました。」

フローイラン
「スタイル的に木村には勝てます。彼は常に前に出てくる。私にとって都合がいい。その考えが正しいことを証明したい。世界王者をずっと夢見てきましたから。」

サルダール兄弟が勝てば、家族にとっては7月がクリスマスになるようなものです。

海外選手より日本選手を知らず、やっと評判のよかった山中の前試合をみました。相手が出てくるところにジャブやボディなどを合わせるのが上手く、リズムのようにいいタイミングで当てています。巧いです。全部が小さなカウンターのようなタイミングなので前に出る相手はやりにくいでしょう。しかしパワーレスと右ストレートがワイドオープンにみえます。スピードも普通です。これだけ当てて相手は倒れない。ビッグの方が名前の通りビッグなパンチを持っているでしょう。完勝ですが相手が世界レベルなのかわからない。カジェロスという選手は今日元王者のホセ・アルグメドと戦うので本領がわかるかもしれません。アルグメドも変なファイターですが。

ゾウ戦、五十嵐戦が木村の本領でしょう。基礎はあるが荒っぽく大振りなパンチでプレスをかけて攻めることでテクニックを潰す、無効化するボクシングです。スタミナ、根性がすごいが、技術が高いわけでも一発が強いわけでもないとおもうので、ゾウや五十嵐よりはパワーがありそうなフローイラン戦は未知数なところがあります。本来持っているセンス、才能ではフローイラン兄弟が勝っている気がします。

なので、両日本人にとって安パイといえる防衛戦ではないでしょう。

厦門の扉/木村翔VSフローイラン・サルダール

これは決まりなのでしょうか、7月27日に中国は厦門で行われるとありましたが、中国人じゃない同士ですが、木村はそこまで中国で人気があるのでしょうか? この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

続きを見る

ここでも書いたがアモイじゃなくてチンタオになったのね。

フィリピン人は序盤強くても技術に深みがなく、スタミナやボディに難がある事が多く、フローイランも過去そういう姿で負けているので、スタミナや精神力という点では両日本人の方が信頼できます。勝つにしても勝負は後半、判定かもしれません。そう予想するのは階級は違いますが木村< 拓真、山中<田中とおもっているからです。 ビッグが田中から奪ったダウンも、フローイランが井上から奪ったダウンも素晴らしい一発でした。けれど続きませんでした。世界に足りないとおもえるフローイラン兄弟ですが、対する日本人もまだ信頼がおけるレベルではないので、五分五分ではないでしょうか。日本と中国ですが、両者にとり地元といえるほどファンが多いので、その声援を受けてここを突破し統一戦やビッグマッチの方向に舵をとって欲しいと願います。 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミニマム, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.