MYP4P更新

Sフライウォーズを見ちゃったんで改めざるをえない。
改めて、クルーザーのあの人とかあの人とか、色々書き足りないけど今はこれでよし。

それでもやっぱり、先日の世界選手権を圧倒したキューバ然りのアマチュアの方がさらに強くみえました。

井上尚弥漫画のようにかっこいい、超人的なパフォーマンス、しかもわかりやすい。魅せる、突出しているという意味で不動の1位、しかしライバルがいない
テレンス・クロフォードスペンスに完勝し、40連勝31KO次はエニスかSウェルターか。派手なアクションはなくともディフェンスもカウンターも完璧
シャクール・スティーブンソン非常に難解なディフェンスマスター。階級が違うので対戦はないが、井上尚弥が空回りするとしたらこの男だろう。僕がフルトンだったら、井上がどれほどの者か2,3回は観察すると言っていた。相手を査定できる能力がある。
ジャーボンティー・デービス勘がよく、一撃で仕留めることができる、観ていてトップレベルに面白く迫力がある
ジャロン・エニス4冠統一したクロフォードに匹敵、凌駕するならこの男とおもわせるほど怪物的に強い暫定王者。対戦はあるのだろうか。
デビッド・モレルまだプロ9戦の若い王者だが、Sミドルではスピードや爆発力が突出している。岩のようなベナビデス戦が試金石だが、スピードで翻弄すれば勝てるだろう。
ドミトリー・ビボルザ、ボクシングの教科書、勤勉でスピーディーで何の注文もないが、いつみてもスーパーノーマル(普通)
アルツール・ベテルビエフ本来はもっと上に評価したい全KOの熊人間。パンチが一番恐ろしい。技術も高い、しかし高齢で上積みは期待できない。
オレクサンダー・ウシククルーザーとヘビーの統一王者なのでもっと評価しなければならないが、ヘビーだと益々判定率が高く、試合は眠い。
中谷潤人特別な王者と感じさせてくれる、難解でスケールの大きなボクサー。背が高いので井上と同じような肉体作りをして、複数階級で活躍して欲しい。
寺地拳四朗色々あって、完全に開き直った、井上尚弥を意識した攻撃全開のエキサイティングなスタイルにシフトしたっぽい。距離感、ジャブ、パワー、3拍子整っており、並のランカーには負けないだろうが、強気すぎて危ない被弾をすることもある。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. Sライトではクロフォードが多分抜けてますね。やってること自体はアレですが、それで勝ってしまうんだから天才ではないかと。ウェルターに上げてもスペンスとブルック以外なら問題にしないでしょう。サーマンとのマッチメイクも期待されてるみたいですが、前にも云った通り最悪のクソ試合になりそうなのでやらなくていいと思います。

    ウォードが一番強いというのは同意します。あの破壊王コバレフを再戦では問題にしませんでした。今後はロイ・ジョーンズみたいにテクニックでヘビー級奪取を目指したいみたいですが、クリチコが引退した今のヘビーは穴階級ですし、ウォードならやってしまえるんじゃないかって感じもしてしまいます。

    ランク外になっちゃってますが、ウシクなんかもヤバいと思いますけどね。やや隙間階級のクルーザーですが、仮にLヘビーの体格だったとしてもLヘビーで勝てるボクサーはほとんどいないと思います。

    0
    0
  2. 井上は競った試合の時に勝ち切る力があるか気になりますね。
    まぁ若いんでこれからに期待しましょう。
    とにかく今はゴロフキンの勝ちを願います。

    0
    0
  3. 日本人は下から上げてきた小さい選手をチョイスする傾向がある中、バンタムから落としてきたニエベスを圧倒したのは流石です。

    が、ニエベスもまた前試合で敗けて、やや落ち目の噛ませ的な選手であった感も否めないです。

    井上のP4P入りには、もう一声欲しいところです。

    クアドラス相手にあの素晴らしいパフォーマンス…オマケして大型ロペスと呼んであげたいくらいです、エストラーダ。

    0
    0
  4. うっちーさん

    本場以外の有力ボクサーは
    自国でやってけないので、米国などに拠点ごと移しちゃいますからね。
    ロマチェンコやGGGなどの練習環境もきっとすごいんでしょう。

    自国でもアマが強いからレベルは高いでしょうが。

    その点日本は経済的にそこそこなので自国で完結してしまう。
    選んで呼んで世界戦すればいい。

    本当の超一流に挑んでいくのは無茶な話なのかもしれません。
    そんなに強いのと練習したこともないという・・・

    これが今の限界でしょう。

    0
    0
  5. ロマチェンコやリゴンドーは勿論、その他の海外の王者は強者との試合経験がありますが、井上選手の場合はナルバエスくらいで、やはりそこが大きな不安要素です
    プロ以降だと、スパーで戦ったセルバニアが一番強いのでは?とも思ってしまいます
    あとはまともにパンチを貰ったところを見てないので、耐久力も気になりますね
    減量もそろそろ限界かな?
    田中君にも言える事ですが

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

不完全ガイドの関連記事
おすすめの記事