スポンサーリンク



ライトフライ フライ スーパーフライ スーパーバンタム スーパーフェザー 日本

この4人が絡む試合だけ

投稿日:

年末、一番見たいのはリコンドーだけど、総合的にはやっぱ井上の興行にいこうかなとおもってます。

年末は格闘技と相場が決まってますが、これはTV局が勝手にそうしてるんであって国民の総意でもなんでもない。
内山を年末限りの駒に使われては困る。

過去、お祭り騒ぎだったK1や総合格闘技系は崩壊しちゃいましたがそれは強引な祭りであって本来の格闘技の世界と別物だったからだ。UFCのように育てる環境がなかった。特に総合は流れが速く絶対王者など存在しえない。同じ顔ぶれでは通用しない。

ボクシングは利用され、数字がとれなければ捨て駒として扱われていますが、エンタメではないので興ざめな試合が出ることだってあるはず。

リコンドーの来日は駒がなく、協栄の金平会長が動いているようだが、どうせ自前でなくどこかからの融資の博打だろう。
井岡が安牌で話題性のない相手を選んだことによるつけ、豪華な保険のようなものだ。
タイソンのようなわかりやすい試合をするボクサーと違い、リコンドーの扱い、その後のフォローは難しい。

天笠という実力者をあてがったとはいえ、この試合は一方的なものになりかねない。
リコンドーにはファイトマネーと交換条件にエキサイティングな試合をしろとの条件が加わっているはずだ。

大阪の試合はどれもがいびつで、勝つべきものが勝つ、マッチポンプであるとおもう。

なのでやはり金を使うなら東京の試合だ。

ヒーロー候補の井上も相手が老獪なナルバエスとなるとパンチを当てるのは難しい。
どんなに急激な成長をしているといっても時間、キャリアは補えない。
ドネア戦以上のパフォーマンスは期待できないだろう。

八重樫や田口、リナレスは戴冠の確率は高いしその他の勝率も手堅いとおもうが、階級最強を問うような相手ではない。
記録より記憶に残る激闘を期待する。

多くの試合があるが、これぞ本物の世界王者といえる選手は

井上、ナルバエス、内山、リコンドー

この4人が絡む試合だけだ。

彼らの試合だけ本気で観戦すればそれでいい。

-ライトフライ, フライ, スーパーフライ, スーパーバンタム, スーパーフェザー, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.