階級別 スーパーフライ プロスペクト

妥協なきエリミネーター/江藤光喜VSジェイビエール・シントロン

投稿日:

WBOスーパーフライ級王座決定戦、井岡VSパリクテが決定したのと並行してエリミネーターが一足早く開催されます。ここでも意外な動きで日本人が出てきました。相手はあのエマニュエル・ロドリゲスの上を行っていたトップランクのプロスペクト。厳しい戦いだがこういうエリートを叩くなら今しかないともいえる。パディ・バーンズのように・・・

日本のスーパーフライ級、江藤光喜は米国のオールスターボクシングと帝拳プロモーションとの共同プロモート契約を結んだ。

フェリックス・ゼバラ(オールスターボクシング)
「帝拳の本田会長と長年協力関係を築いてきました。再び提携できてうれしくおもいます。私たちは江藤を世界戦に連れていきます。」

複数年契約の下、江藤の最初の戦いは5月25日、伊藤雅雪VSジャメル・ヘリングのアンダーカードで、プエルトリコのジェイビエール・シントロンとのエリミネーターが予定されている。

江藤(24勝19KO4敗1分)は2013年にWBA暫定フライ級王座を獲得、ヨドモンコン・ポー・セーンチップにファイトオブジイヤー並の激戦で敗れた。2015年に階級を上げカルロス・クアドラスに挑むもユナニマスで敗北、その後7連勝6KOしている。

対するシントロン(10勝5KO)はプエルトリコを代表して2度五輪に出場したトップアマチュアだ。

フェリックス・ゼバラ
「厳しい試合ですが世界挑戦のためには必要なものです。勝てば世界挑戦に繋がります。ファンにとっては楽しみな試合になるでしょう。」

勝者は6月19日に予定されている井岡一翔VSアストン・パリクテの勝者、新王者に挑戦する資格を得る。

意外な展開ですが、こういう動きをしていかないと世界の扉はなかなかこじ開けられない昨今です。昨年あたりから日本人の海外進出が目立つようになってきました。

複数年契約とのことだが、いきなりの対戦相手が手ごわい。

新たなる脅威/アストン・パリクテVS井岡一翔VSエマニュエル・ロドリゲスを2度破った男

ニエテスが返上し空位となったWBOスーパーフライ級王座決定戦についてわずかな進捗情報があったので再アップ。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follo ...

ここに書いた、エマニュエル・ロドリゲスを2度破った男です。人気もロドリゲスよりありそうだ。しかし実力は実際どうだろう、ロドリゲスがユースで活躍した後、事故で全身火傷して不調だった頃のライバルだったんじゃないかな。

厳しい見方をすると、江藤は7連勝6KO中といっても相手は格下の雑魚ばかりであり、被弾して危なかしい面もあったようにおもう。クアドラス戦で明らかなように江藤にはノックアウトしか勝ち目はないだろう。技巧、特にディフェンス面で世界トップレベルとは差がある。

タイで暫定王座を獲ってきたような激闘王でもあるので、アップセットに期待はできるが、何か戦略を立てないと厳しい。

ゲバラVS木村・クアドラスVS江藤

波乱がある=日本人がひとつは勝つ となんとなくおもってましたが、想像してたのと逆の試合で起こりました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow ...

戦略がなかった。初回から当たり前のようにポイントを失い続け、後半ボディで奮闘するも届かず。大差だがクアドラスはボディが相当効いていた。無策にポイントを失い続けるというのが一番まずいパターンだ。

こういう組み合わせの活路はボディだろう。木村VSゾウ・シミン、ロサレスVSパディ・バーンズのように(バーンズは再起戦でも負けた)

比嘉もセットならなおよしだったかな。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.