階級別 スーパーライト WBSS プロスペクト

本命不在/WBSSスーパーライト級

更新日:

遅々として進みませんがWBSSシーズン2スーパーライト級が正式にアナウンスされました。

WBSS第二弾はバンタム級とSライト級

翻訳というよりはニュース速報的になってしまいましたがWBSS第二弾はバンタム級とSライト級のようです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow ...

続きを見る

こちらで触れたように彼らがWBSS枠で戦うならば既に7人が決まっているのでメンバー決定真近でしょう。王者4人とはいかないようです。

キリル・レリ
エドゥアルド・トロヤノフスキー
アンソニー・イート
イヴァン・バランチェク
レジス・プログレイス
ライアン・マーティン
ジョシュ・テイラー

先日タイトルを奪ったモーリス・フーカーにはフラナガンとの再戦や英国ホープのジャック・カテラルが対戦表明しています。さらになぜか評価は低いが個人的評価は高いアレックス・サウセドが直近で試合を控えており、スケジュールはたぶんOK。サウセドをサウスポーにしたような天才肌のホセ・セペダも生き残りました。ウベス・ウリセーJr も直近で勝ってます。

本命不在の大会となりそうで、そうなると参戦して欲しいのは、ミステリアスなウズベキスタンからの

ショージャホン・エルガショフ

かなぁ。
こういう機会じゃないとなかなかチャンスがないでしょう。

WBOは3位がサウセドで4位が岡田です。あくまでWBO王座狙いなのかな。

Sライト級最強アンケート

Sライト級はこんなにも人材が豊富で、リピネッツをマイキーが破ったからといって彼が頂点ではないかもしれないほどに、タレントがたくさんいるという事を言いたかったのです。 この記事が気に入ったらいいね ! ...

続きを見る

WBA王者のキリル・レリはWBSSスーパーライト級に最初にエントリーされたファイターです。ベラルーシのバラノビチから来た28歳(22勝19KO2敗)のレリはキューバの2階級王者、ランセス・バルテレミを下して王者になりました・レリはアグレッシブなスタイルとパワーで知られており、モハメド・アリ・トロフィーを勝ち取ることを次の目標にしました。

レリ
「WBSSはボクシングで必要とされる最高のものが詰まっていると感じます。モハメド・アリ・トロフィーを勝ち取る夢を実現させるために最高の準備に専念します。優勝すればスーパースターになれるだろう。」

よかったなぁ、レリがフューチャーされる日が来るなんて・・・

2敗はリッキー・バーンズとランセス・バルテレミの初戦ですが、2試合とも勝ちでいい内容でしたので、実質無敗の王者といえます。緩急、強弱、多彩な運動神経抜群のテクニカルファイターですが、KO率ほど一発のパワーはなく、技術で圧倒するタイプです。そういう意味ではロマチェンコ的なハイテクです。

パワーが制するか、ハイテクが制するか・・・残り枠、誰が参戦するかわかりませんが、楽しみです。

上記の選手

アレックス・サウセド

ジャック・カテラル

ホセ・セペダ

ウベス・ウリセーJr

ショージャホン・エルガショフ

岡田博喜

今わかってるメンバーならば、レリかバランチェクの両ベラルーシを推したい。共に試合が楽しい。ベラルーシが制するのを観たい。本命はプログレイスかジョシュ・テイラーかな。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, WBSS, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.