階級別 バンタム 国別 フィリピン

強そうだけどまだまだ信用できない21歳/レイマート・ガバリョ

投稿日:

フィリピンのガチな奴はまだまだキャリアを作っていく路線のようです。この先第二のパッキャオは現れるだろうか、異次元すぎて不可能だろう。

全てのボクサーの夢は相手に勝利し、レフリーに片手を挙げられて勝利コールをもらうことだが、レイマート・ガバリョにとってそれはありふれた事だ。彼は別の事を望んでいた。

3月にステフォン・ヤングに勝ってWBA暫定王座を獲得したガバリョは18勝のうち14度が初回か2回で勝っているので、12ラウンドフルに戦うことを経験してみたいとプロモーターに語った。

その事をプロモーターは21歳のガバリョがヤング相手に10ラウンド戦っているまで忘れていた。

マナングクイル(プロモーター)
「ガバリョの夢は何か聞いたんだ、世界王者になりたいと言うかとおもったら、ボス、僕は夢に向かって12ラウンド戦いたいと言ったんだ。」

ガバリョ(19勝16KO)はユナニマスの判定で無敗のまま暫定王者になったが、TV放映されない小さな試合でした。

ガバリョは次の試合でもっと多くの人に注目してもらえるような機会を求めて、次戦はタンザニアのジュリアス・キサラウェ(29勝15KO6敗1分)と9月30日にノンタイトルの10回戦をする予定です。

28歳のキサラウェは前戦でプリンス・パテルに5回KOで敗れており、ガバリョが多くのラウンドを要するような相手とはいえない。

この試合はESPN5チャンネルで放映され、フィリピンの多くのファンが観戦できます。バスケやバレーボールメインのチャンネルですが、IBF王者のジェルウィン・アンカハスの試合の再放送などボクシング中継にも拡大しました。ガバリョの試合は多くの人に視聴されるでしょう。

ガバリョは普段はマイアミを拠点にトレーニングしていますが、この試合のためにフィリピンのジェネラルサントスシティのサンマンジムでトレーニングすることになります。

この日は、元WBOバンタム級王者のマーロン・タパレス(30勝13KO2敗)の復帰戦も予定されています。昨年4月に日本の大森将平を破ったが、体重超過でタイトルを剥奪されました。対戦相手のグッドラック・ムレマ(22勝12KO3敗)は昨年フィリピンのジョー・サンティシマに開始78秒でKOされており、直近でもスコットランドのリー・マクレガーに4回KOされています。

タパレスはレックス・サルードジム所属ですが、サンマンジムでガバリョとスパーリングしています。

マナングクイル(プロモーター)
「マーロンとレイマートはとても仲のいい友人です。マーロンはここには1ヵ月半しかいないけど、とても親しくなった。ガバリョに多くを教えた。彼らはスパーリングパートナーですが、スパーが終わるとマーロンはガバリョに様々なアドバイスをしてくれました。」

この日の興行にはペニャロサファミリーのデイブ・ペニャロサ(13勝9KO)カルロ・カエサル・ペニャロサ(12勝5KO1敗)なども出場します。

山中や井上のスパーリングパートナーを務めたこともあるというガバリョですが、あまりまともな映像がないのでその実力はベールに包まれています。

不完全ガイド:フィリピン

本当は米国をやっていたのだがデータがふっとんだ。やる気をなくし出直し。フィリピン、プロボクサー自体はたくさんいますが、どんな選手か追いかけるのが難しいだろうなぁ。 今度ワンヒンと戦うメルビン・エルサレ ...

続きを見る

ここで見つけて筋がいいとおもいましたが、何よりもケンカが強そうなハードパンチャーぶりが目立ち、ボクシングは直線的で正直すぎる気がします。KO率が高く序盤KOばかりなのでパワーはすさまじいだろう。まだ21歳です。

フィリピンの暗殺者/レイマート・ガバロ

フィリピンの無敗ホープ、レイマート・ガバロ、山中のスパーリングパートナーとして来日もしていましたが大きなテストを迎えます。また、悪名高きWBAバンタム級暫定王座だそうです。バーネット、マクドネル、そし ...

続きを見る

「ガバロなら十分やれるとおもったが、井上とやった時はその考えを改めねばならないと気づかされました。」

こういう経緯があるからWBSSを敬遠したのか、知名度不足で呼ばれなかったのか、本来であれば、ドネアではなく彼が選出されて然るべきでした。

フィリピンはパッキャオ効果もあって有望なボクサーが続々と出てきています。日本に来ない、ガチな方のフィリピンボクサーは本当に強いと感じます。しかしアンカハス然り、第二のパッキャオの甘い汁を狙ってか、ベルトをとってからはとても大事に、守りに入った逃げ腰マッチメイクも目立ち、残念です。もう王者なのだとしたら、キャリアなど積まずに強者や統一戦の舞台に口だけじゃなく出てきて欲しいものです。

京口が空けた王座にフィリピンの非力メイウェザーみたいなマーク・アンソニー・バリガが出てくるようですが、京口にはここをクリアしてからにして欲しかったです。強打者ではないが、ガチな方です。復帰のタパレスはスーパーバンタム級だとおもわれますが、どうなる事やら・・・

多くの強者集うフィリピン勢ですが、イマイチ突き抜けないです。パッキャオやドネアのようにはなかなかいきません。マッチメイクが緩いからでしょう。英語にあまり不自由しない国柄、練習環境は日本以上だ。京都で頑張る大森よりもアメリカやフィリピンでガバリョのような相手とスパーをするタパレスの方がそりゃ筋金が入るというもの。失格ですが。

フィリピンのメイウェザー/マーク・アンソニー・バリガ

この男がジェルウィン・アンカハス化、マニー・パッキャオ化したらやばいな。今のうちに叩いておきたい俊才です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follo ...

続きを見る

フィリピンのガチなほう/ジェルウィン・アンカハスVSジョナス・スルタン

5月26日、ラスベガスで行われるフィリピン人同士の対決。当時はクロフォードVSホーンの前座を予定していたが、別興行になるという。これを米国で誰が観たいというのだろう? この記事が気に入ったらいいね ! ...

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, 国別, フィリピン

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.