階級別 バンタム WBSS

ライアン・バーネットVSノニト・ドネア LIVE

更新日:

こっちが先のようです。振り返るとフェザー級のドネアのどの試合も体格、体力不足とはいえ惨敗はない。見せ場は作っていた。Sバンタム時代の敗戦も同様。それを踏まえて、WBSSだけは緩い調整はしてないと信じてドネアを推す。それでもバーネットが勝つならば、彼は並の王者ではないという事。

12345678R
バーネット
9
10
9
8
0
0
0
0
36
ドネア
10
9
10
10
0
0
0
0
39

ドネアの体質、特徴だが、バンタム級でも身体が緩くみえます。
しかしこれがナチュラルドネアなんだろう。
さすがに地元ヒーロー、テイラーが出場するSSEハイドロは満員だろう。

予想はKOでドネア
判定でバーネット

1R

初回から両者のパンチが当たる距離
相変わらず左ガードを下げたバーネットの防御勘はいいがドネアの
左フック、右が浅く当たった。

ドネア10-9

2R

ドネアが前に出て攻めていく
迎え撃つバーネット
バーネット得意のクリンチなどは今のところ少ない。

全盛期ほどではないがドネアのキレは悪くない。
しかしバーネットのパンチの方が重く急所をとらえたか
攻撃時間はドネアの方が長いが効果はバーネット

バーネット10-9

3R

ロープに詰めてドネアが打つも
バーネットのヘッドムーブが巧い。
バーネットの方が的確性がよく右をクリーンヒット
ドネア効いたとおもうが、その後ドネア反撃
バーネットの一撃かドネアのボリュームか

ドネア10-9

4R

的確性はバーネット
手数はドネア

バーネットがリングを横によく動くが
自分からは仕掛けられない。
ドネアが打ってくるのに合わせる展開。

ボディなのか、バーネット腰を痛めたのか、バーネットダウン
ここをチャンスとドネアが攻勢

バーネットが右を打って腰を痛めたっぽい。

これはバーネット棄権かもしれない。

バーネット棄権でドネアの勝利。

肉離れか、筋を痛めてしまったっぽい。
マッチョで筋トレ多めだったので、筋を痛めやすいのだろう。

今日のドネアは被弾もあったが
キレも積極性もあり、次も楽しみだ。

結果はドネアのTKO勝利
あっけない幕切れでしたが、ドネアが駒を進めました。

バーネットは巧いな、やるな、という展開だっただけに残念だ。
ストレッチャーと呼吸器つけて退場だから重傷やな。
この選手は自身の怪我との戦いとなりそうです。

足腰の強さがバーネットの原動力だとおもいましたが、それだけ負担がかかるのでしょう。諸刃です。

井上の初戦が凄すぎただけで、なかなか熱い試合に恵まれないWBSS
トップ同士の戦いは実は難しいのかもしれません。

現時点でWBAバンタム級スーパー王者、ノニト・ドネア

こりゃすごい事ですな。

過程はどうあれ、ドネア、ケニー・アダムス、おめでとう!!

ドネア
「バーネットは驚くべきファイターで、試合はおもうようにいかなかったけど、勝ちは勝ちだ。大きな選手がやるように戦ったしアウトボックスもできた。体格で勝っていたので、自分に強さやパワーも感じた。年齢は関係ない、ただの数字さ。次のテテは恐ろしい相手だけど、僕はいつも勝つといってきた。次の試合ではより速くなってみせるよ。」

前座ではポール・バトラーがヨアン・ボワイヨに99-91×3で勝利。
井上戦に比べればボワイヨも健闘していました。

好きだったディアマンテさんはWBSS専属というわけじゃなく
シーズン1限定だったのかな。シーズン2は色々な人がリングアナです。
ギャラの関係かな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, WBSS

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.