ライブ 階級別 ライトフライ 国別 日本 中国

木村翔VSカルロス・カニサレス LIVE

更新日:

中国のアマチュアエリートを下した同士の対戦もホームは木村のような試合。田中とガチ五分で階級を下げた木村に大いに期待ができるが、舐めてるとやられてしまうかもしれない。それくらいカニサレスもパワーファイト、打ち合いは大好物。大振り対決ともいえるが、どっちが振りを抑えて効果的なパンチを当てるか。前半飛ばして後半落ちるカニサレス、木村の活路はボディだ。王者はカニサレスだ。

両者ともにブン回し系でありポイント計算できるボクサーではない。スキルより気持ちで戦う選手。判定までもつれると木村有利とはいえないかもしれない。カニサレスには21勝17KOという立派なキャリアがある。

世界やっチャイナ/徐灿VS久保隼 木村翔VSカルロス・カニサレス

5/26中国・撫州というところだそうです。 先日、勝てる相手に再起したばかりの木村、これからだなぁとおもっていたら即世界戦が決まりました。もはや中国人枠、中国のスター選手です。 メインの久保は脇役、こ ...

123456789101112R
カニサレス
9
10
10
10
10
10
10
10
10
10
9
10
118
木村
10
9
9
9
9
9
9
9
9
9
10
9
110

久保はちょっと酷かった・・・
木村に期待していいんだろうか
パンチャーというほどのKO率ではない。
むしろカニサレスの方がKOアーティスト。

しかし最後を締めてくれ。

1R

カニサレスの迫力あるパンチは外から来るので
ブロックできている木村。
木村の方がプレスをかけ効果的なボディなどが打てている。
しかしカニサレスのボディも当たった。

木村10-9

2R

カニサレスは大振りで怖いパンチを振って来るが
前半だけなのでよく守って気をつけたい。
手数はカニザレスだが木村の一発の方が説得力がある。

しかしこの回は手数を多く出した

カニサレス10-9

3R

技術的にはここまで互角だが
カニサレスが失速し
木村が上がって来る気がする。

それでも以外と根を上げないで粘るのがカニサレスだが。
前に出るのは木村だが下がりながらも手数と運動量は

カニサレス10-9

4R

フィジカルやパワーは木村の方がありそうだが
前に出ても手数の多いカニサレスを捕まえきれない。
下がりながらも打ち返すカニサレスの手数や技術の方が若干上。

木村ノックアウトしないと勝てないかもしれない。
出来るとおもうが、カニサレスは落ちそうで粘る。

カニサレス10-9

5R

前には出るがカニサレスの手数の対処に忙しく
手数で大きく負けている木村。
そろそろ捕まえたい。

きっとカニサレスにはアマチュアキャリアがあるのだろう。
逃げ、ごまかしも下手ではない。
ここまではカニサレスの得意な展開。

カニサレスは足を使い、木村に的を絞らせない。

カニサレス10-9

6R

木村はカニサレスの足をとめて捕まえられるか
カニサレスはフットワーク&大振りで捌ききるかという展開。
木村は追うも単発で手数が少ない。
カニサレスに打ち込まれブロックしてるうちに逃げられる。

木村にローブロー

カニサレスも下がりながら打ち返すだけでしんどそうだが。
この回は木村の与えたダメージが大きくペースを掴みかけたが
最後の相打ちで木村が効いてしまった。
出血も木村

カニサレス10-9

7R

またKOしないと日本人勝てないよ的な展開になってしまった。
パワーは木村の方が明らかにあるが、技術はカニサレス。
勝負所で打ち負け、危ない被弾が多い。

なんとかしなきゃという強引さで雑になっている。

カニサレス10-9

8R

田中に対抗できたプレスとボディで押し切ってしまえという甘い考えだったか
技術でもダメージでも木村負けている。
カニサレスをボディで捕まえて倒すしかない。
しかしよく動いてスキルと有効打で上回っているのはカニサレス。

前には出るが木村のパンチは当たらない。

カニサレス10-9

9R

人気は木村なので採点はわからないが
ここまではカニサレスが上手く戦っている。
残念だが木村にはフィジカル以外にスキル、芸がない。
カニサレスを捕まえたくて益々雑、大振りになり
身体が流れ、ディフェンスに隙もできる。

カニサレス10-9

10R

倒さなければ木村は負ける。
倒せるはずと信じているが
危うくなってきた。

終盤落ちるカニサレス、今日はそんなに打たれてないので
落ちない。きれいなヒットはカニサレスが多い。
木村はバラバラ、やけくそになってきた。

カニサレス10-9

11R

いつかカニサレスを捕まえて潰す作戦だったとおもうが
カニサレスが上手だった。
下がりながらも総合的なスキル、有効打で木村を上回った。
いつもみせる効いた様子、疲れた様子もみせない。
この回はカニサレスが木村をコーナーにくぎ付けにするシーンもあったが
全体的には木村の闘志が上回った。

木村10-9

12R

結果がどうなるかはわからないが
このままでは木村の大差判定負けだろう。
倒れないが倒れてもおかしくないようなタイミングのパンチを食っている。

前半飛ばして後半落ちる、ボディとスタミナに難アリな
カニサレスにおもえたが、いつも同じ姿ではなくスキルに一日の長があった。

カニサレス10-9

残念だけど今日の日本人には戦術というものを全く感じなかった。
打ち合いで打ち勝てるだろうという甘い考えしか。

それは結局相性とか作戦の失敗ではなく実力負け。
臨むような打ち合いなんかしてくれない。

119-109
119-109
118-110

カニサレス

へリングもカニサレスも、日本人よりずっとテクニシャンだった。
ガムシャラの打ち合いなんかに付き合わない。
そこに引きずり込む術もなく・・・

ここで観れるかもしれないらしいっす。チャイナ時間21:40は日本の22:40分

こっちの方が良いかもしれません。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-ライブ, 階級別, ライトフライ, 国別, 日本, 中国

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.