階級別 スーパーフライ バンタム

超ウルトラバイオレンス/井上尚弥VSシーサケット・ソールンビサイ

投稿日:

大きな試合のあとは力が抜けます。もうすぐ松本や山中が控えているというのに・・・この記事はたぶん米国のボクシングライターの駄文ですが、海外の一ボクシングファンもこんな風に考えているのだという紹介です。

私の英語力では難しいのでニュアンスです。

まずはじめに、なんと素晴らしい興行だった事でしょう。HBOがこれからもファンの声を聞いて、軽量級のファイター達と契約を継続してくれる事を望みます。SuperFly2は素晴らしい土曜の一夜でした。

エストラーダとシーサケットの戦いはモダンクラシックです。スキルフルとバイオレンスという対照的なスタイルの対決でした。そして毎ラウンド拮抗した戦いでした。これら軽量級ボクサーはボクシングの歴史において特別な瞬間を切り開いています。

チュコラティート、エストラーダ、シーサケット、クアドラス・・・
彼らの試合は特別であり、歴史に残るものです。さらに活性化していくべきです。

シーサケットはとてもユニークなボクサーです。超一流であるのにジャブをほとんど打ちません。(オルランド・サリドもそうのような印象です。)しかしシーサケットは突貫ファイターではありません。リング中央でエストラーダにカウンターを仕掛けさせ、強引なラッシュを決してせず、エストラーダが仕掛けるトラップにひっかかるような真似をしないのが印象的でした。それだけでなくシーサケットの身体能力は驚異的です。彼は自身の力を信じており、顔面に強烈なカウンターを食ってもなんともないような耐性があります。お金を払って観戦する価値のあるボクサーです。

エストラーダもまた、賞賛に値します。彼は絶対的な怪物と対峙していました。パワーと圧力に後退を余儀なくされましたが、距離を巧みにコントロールし、的確に美しいショットを当てました。他の誰もできなかった芸当です。

それだけでなく、エストラーダは(私の主観ですが)毎ラウンドダメージを受けていたとおもいますが、決して諦めることなく自身のボクシングを貫通し、12回には有効打でタイの戦車を揺らす事さえしました。エストラーダはバレラやモラレス、マルケスといった、強い意志と決意を持つメキシコの伝統的な本物の戦士でした。

最後に、マックウイリアム・アロヨもクアドラスに対して素晴らしかった。恐らく彼がシーサケットの次の対戦者ですが、パワーと体重の壁があるようにみえてなりません。シーサケットはもはやバンタム級に上げるべきに見えませんか?

シーサケットは日本の奇才と戦う権利を得たとおもうのです。
そう、シーサケットVS井上尚弥は超ウルトラバイオレンスである事を保証します。

どうか、シーサケットVS井上尚弥、エストラーダVSアロヨを次に頼みます。

海外にはこんな風に思っているファンがいるのです。
強打者とか屈強とかテクニシャンという言葉では陳腐です。

スキルフル、バイオレンス、ウルトラバイオレンス

そのまま使った方が馴染みます。

スキルフル=エストラーダ
バイオレンス=シーサケット
ウルトラ=井上尚弥

ロマゴンの初戦も、エストラーダ戦もなぜ本場のジャッジがアジアの無名シーサケットに点数をつけるのか、試合の中に化け物、怪物的なバイオレンスを感じるからでしょう。エストラーダは実に上手く戦い、特にラストはシーサケットの顔面をはねるようなカウンターを何度も決めましたし、ロマゴンの初戦もラウンドマストにのっとればロマゴンの勝ちでいい内容ですが、シーサケットには無視できない凄みがある。また観たい。あぁ、技術的には相手に劣る部分もあるけれど、この狂暴さはやばいな、最高だな・・・

マイク・タイソンやマニー・パッキャオに通じる痛快さがあるから暗黙的に支持されるのだろう。

そして、アントニオ・ニエベスを電撃的にボコった井上尚弥、その一戦だけで、あるいはYoutubeでボワイヨ戦などもみて?そんな格下との試合だけで、井上尚弥にも異次元の何かを世界中のファンが感じているのだ。

これが、本場の中量級や重量級であれば、いつか実現するだろう。
軽量級で、世界のファンが望む試合が実現するだろうか?

シーサケットのおかげで、シーサケットVS井上尚弥は既に100万ドルの価値がついたのではないでしょうか?

少なくとも、井上もロマゴンもいないSuperFly2は、懸念も吹き飛ぶ大盛況に見えました。WBSS同様、ファンはこのようなベストVSベストの激突が観たい、その機運は高まっていると言えます。一部の国、関係者だけが、ビジネスライクにその時をスルーし、来たるべきタイミングを計っているのか、リスクを避けているのかわかりませんが、もうそんな時代ではなさそうです。

何度も書きますが、井上尚弥は推定だけで私的P4Pの2位です。
日本だからか?このサイトのアンケートでもそのような結果が出ています。

私はニエベスが残したコメントがお気に入りです。

「井上は情け容赦なかった。」

情け容赦ない=Merciless

ボクサーにとり最高の賛辞です。

この記者の意図するニュアンスは伝わったかな?
私も同じ気持ちです。

超ウルトラバイオレンス

が観たいのだ。

私は統一がしたい。アンカハス、井上、誰でも構わない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース
  • D.M.Connectings Official Web Site
    D.M.Connectings ホームページ作成 個人事業 WEB制作(ウェブ制作・ホームページ作成) SOHO 在宅フリーランスWEBデザイナー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, バンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.