不完全ガイド

マイP4P更新

投稿日:

コロナ禍で、仕事もないのに連休も多いなぁ。暇なのでかなり適当に更新してみました。

マイP4Pナンバーワンが負けたからには更新しとかねばと。
ぴったり、1年ぶりの更新です。

テレンス・クロフォードオーソドックスだと普通のファイターにみえるが、そこからの適応力が半端ない。右利きのサウスポーかなという強さをブルック戦ではみせた。ライバルも苦戦もなく孤高の道を行く唯一無二のファイター
井上尚弥一番わかりやすく、漫画のように痛快、スペシャル、エレガントなファイター。突出している。ファンもファイターもこういうスタイルに憧れている。
アルツール・ベテルビエフ
忘れてはいけない、熊軍曹。全勝全KOだ。しかしハイリスクローリターン過ぎ、対戦相手に避けられ、恐れられているうちに全盛期を過ぎ忘れ去られていくだろう。
ジャモール・チャーロはじめからミドル級最強だとおもっていたが、最近確信に変わった。派手で豪快な倒し屋から緻密なファイターに変わった。しかし相手にされず。当人は時期がくれば証明されるとビッグマッチを焦っている様子はなさそうだ。
エロール・スペンスJR正直に強いウェルター級は彼で間違いないとおもうが、ポーター戦はギリギリだったし、事故を起こしたり、ブレークとはいかない。もうクロフォードと戦って最強を証明するしかない。直近の状況でクロフォードとの評価が逆転した。
ジェルボンタ・デービス井上尚弥同様、ファンが求めているファイトを具現化する男。試合に外れがない。パワーも耐久力も突出しているので、最近はかなり強引だが、サンタクルスではなくパンチャー相手にもこのスタイルで突破していくのだろうか。実は相手レベルが低くないか?
ゲイリー・ラッセルJrわかりやすく一番速く、2番底もある。しかしライバルに恵まれず、消え去っていくか無謀な増量で自滅しそうだ。メイウェザーを超える才能がありそうでも、運に恵まれず。
ワシル・ロマチェンコ怪我やコロナや本来の適性体重、色々な問題があったのかもしれないが、あそこまで警戒して手を出さない、まだアマチュア的な資質が残っていたのだと少しがっかり。能力では誰にも劣らないだろう。
ドミトリー・ビボル正直に速くて強くて攻略至難。しかもハンサムだから、やって負けると全てを失いそうだから誰も相手にしてくれない。Sミドルが適正だろう。
デビッド・べナビデスこっちは逆にクルーザーくらいが適正か。デカイケンカ屋はSミドルにおいては誰もが無視する存在。しかし若いのでまだまだ活躍するだろう。
シャクール・スティーブンソン現在王座を返上し無冠だが、Sフェザー最強は彼じゃないだろうか。ベルチェルトのような熱い打ち合いはしない。打って打たせない。
フリオ・セサール・マルチネスややおまけ。ミニマム級みたいな身体にロベルト・デュランのようなエンジンを積んでいる。ちょっとアンナチュラル。褒められるスタイルではないが、若さと勢いでロマゴンやエストラーダより元気な気がする。
エマニュエル・ナバレッテやっぱりフェザー級ではやや普通。ルーベン・ヴィラ戦をみた限りでは、ゲイリー・ラッセルJrには勝てないだろう。ジョシュ・ウォーリントンやニャンバヤルとバチバチレベルかな。
おまけ:カレブ・プラントまだ真価を証明する相手との試合はなく、タフネスに疑問も残るが、ここまでは華麗で素晴らしいファイトばかりだ。
おまけ:ジョンリエル・カシメロめちゃおまけだが、井上に対抗しうるスタイルの持ち主という点だけ。別の意味でモンスター化した3階級を制した野生児。
細かい技術を省略してブチかますスタイルなので、どこかで完敗する恐れもある。
おまけ:デメトリアス・アンドラーデ負けないに特化した鬼ごっこなら得意。誰にも相手にされない。
おまけ:ジャーメル・チャーロもっと評価されていい。リスクを背負うがキラー・インスティクトがあり、いつでも爆発してKOする可能性を秘めている。試合に外れは少ない。エキサイティング。
おまけ:テオフィモ・ロペスロマチェンコに勝利は見事だが、圧倒したわけではない。井上尚弥に似て、パワー、勘に優れたオーソドックスだが、Sライトやその上を制する器にはみえない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-不完全ガイド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2021 All Rights Reserved.