スポンサーリンク



階級別 ミニマム ライトフライ スーパーフライ バンタム スーパーバンタム スーパーフェザー ミドル プロスペクト 日本

倒せ!イトーヨカドー

投稿日:

今日は小野VS倒せ!イトーヨカドー(ノックアウトCPフレッシュマート)との試合ですね。
このフレッシュマート君は日本人との対戦ははじめてでしょうか?ワンヒンに挑んだ大平みたいなものだと考えているのかな。

小柄なファイターですね。
いかにもタイの選手です。

対する小野は高山に負けた後、別の日本人にも負け、前戦も引き分けだから資格はないはずだが、ミニマムだから実現したのだろう。
勝てないとしても何か爪痕を残して欲しいとおもいます。下がりっぱなしでKO負けというのではなく。むしろ足を止めて打ち合った方がいいのでは?
下がったら負けだろう。

前回記事にしましたが、多少変更があったようなので年末の日本人限定でもう一回書いてみよう。
たくさん端折ります。

井上尚弥(大橋)VS.河野公平(ワタナベ)

井上は旬なホープ比嘉とスパーをしたのだそう。
どうも大橋ジムは国内レベルで茶を濁しそう。それだけで十分ウハウハだからかな。
そして弟さんの怪我でも感じたことだが、国内やアジアで想定しうるハイレベルなボクサーを呼んでただただ一生懸命スパーさせてるだけな気がする。
だから本番前、あるいは本番中に怪我をする。
P4Pのロマゴンと対戦しうる宝を抱えているのだから、彼やGGGやパッキャオなどがどうやって調整し、怪我しないコンディションを維持しているのか研究して欲しい。
そういうトレーニング理論が欲しい。

河野にしてみれば、井上の失速まで粘ることができたらそこからがチャンスだ。
華麗なステップをみせたりサウスポーにスイッチをみせたりしたらつまり井上は苦しい、ごまかしに入ったと考えてよい。

井上がここで負けるわけにはいかないが、心情的にはこれでラストの河野です。

村田諒太(帝拳)VS.ブルーノ・サンドバル(メキシコ)

話題作りのためにねじこんできた。
またしても戦績はいいが、本場ではなくメキシコのミドル級。
もうたぶん危険なランカーと前哨戦はやらずにサンダース一択なのだろう。
五輪金の本物だが、過程は井亀と同じ、相手レベルがひどく実力査定、論じるに値しないものばかりだ。

悪い選手にはみえないが、本場ミドルに比べるとパワーレス。
でもイケメンです。

ジョナサン・グスマン(ドミニカ共和国)VS.小國以載(角海老宝石)

岩佐も控えているから日本人御用達の王者となったグスマン。
かつてのアレクサンドル・ムニョスと同じ立場になってきた。
結果までムニョスと同じになるのだろうか?パワーで対日本人全勝と。
最後の日本人は引退後なので含まない。

ジェスリール・コラレス(パナマ)VS.内山高志(ワタナベ)

やはりたくさんの試合があってもマニアが一番気になるのはこの試合だろう。
お互い試合を挟んでいないので、きちんと対策した方が勝つ。実力が大きく変わった所はないとおもう。
見どころはコラレスが本物かどうかにつきる。
もしやの連敗となると国内で雑魚専だっただけと言われても仕方ない。
尊敬してるしそうなって欲しくない。

モイセス・フェンテス(メキシコ)VS.田中恒成(畑中)

ウーゴ・ルイスにとって日本のイメージは最悪だろう。
フェンテスにとってはそうならないように、地元判定と言わせぬ勝負をし、悔いなき思い出を作って欲しいとおもう。勝ち負けを超えて。

大森VSフェンテス

せっかく調整したしテレビがつくから急増マッチを組んだのだろうが
フェンテスってフライ級じゃなかったでしたっけ?
バンタムでも大きな大森がこんな相手選びをしちゃまずいとおもう。
考えてみればハスキンスも相当小柄であり、大森の強みとはつまり体格を生かしたパワーと圧力のみなのかもしれない。
そういう相手をチョイスしてるのかな。

よってフェンテス応援。

-階級別, ミニマム, ライトフライ, スーパーフライ, バンタム, スーパーバンタム, スーパーフェザー, ミドル, プロスペクト, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.