アンケート 階級別 スーパーバンタム

敵は2人だけ/井上尚弥のSバンタム級

投稿日:

井上VSバトラーはdTV放送でしたが、アクセス超過で無料開放したんだとか。
一生懸命登録した人はなんだったのだろうか。

394
井上尚弥のSバンタム級
なお、他の回答が記入されている場合は投票とみなされチェックした回答は無視されます

アクセス超過は喜ばしいことだが、この試合をして偉業なのだ、井上尚弥しか知らない、観ないというニワカファンも増えただろう。悪いことではないが、両者には実力差があり、一方的な試合になることはマニアならわかっていた。

そしてついに井上尚弥がバンタム級を卒業し、4階級目のスーパーバンタム級へ進出する。これこそが、バトラー戦の唯一の意義といえた。

スーパーバンタム級は井上尚弥よりも体格、骨格のいいファイターばかりであり、往年の名王者、オーランド・カニザレス然り、長谷川穂積然り(獲るにはとったが)階級の壁に跳ね返されてきた歴史がある。西岡利晃はこの階級で悲願を果たした。

井上の進出するスーパーバンタム級、されど有名な王者は君臨していない。実力者はいても、井上がP4Pの1位を伺う勢いに対し、20位以内に入っている王者もいない。無名という点では寂しい階級だ。

井上尚弥というビッグスターと対戦することは、王者にとってもビッグマネーなのだ。

現在は4団体で世界王者が2人しかいない。
2人とも無敗の統一王者であり、2つの王座を分けている、そして井上尚弥よりも若い。だから、この2人を破ればもう4冠統一だ。Sバンタムでさえ、通過点となるのかもしれない。

スティーブン・フルトン 28歳 21勝8KO

WBC・WBO世界スーパーバンタム級統一王者

身長 169cm
リーチ 179cm

アメリカのエリートアマチュア上がりだが、国内で負けており、世界的な舞台での活躍はない。

特徴としては井上尚弥がかつて対戦したことのない黒人のテクニシャン系であること。均整のとれた身体で柔軟性があり、フロイド・メイウェザーの系譜に連なるのか、ディフェンスがいい。

長いリーチで距離を管理し、危なげない試合をする。相手は接近戦が弱点だと前進ファイトをしかけるが、巧みなブロッキング、ボディワークで決して致命的な被弾をしない。

トップアマ出身として、キャリアの浅い頃から、無敗のサバイバル対決を制しており、無敗キラーと呼ばれている。

しかし、圧倒的な勝利は少なく、緻密さ、正確性でポイントを拾う、判定型のボクサーと化している。見た目のシェイプに反し、パワーレスなのか、KO勝利は少ない。

メイウェザー
デビン・ヘイニー
シャクール・スティーブンソン

に知名度は遠く及ばないが、似たようなディフェンス重視のボクサーだ。
体格がいいため、フェザー級転級を示唆しており、次戦はブランドン・フィゲロアとの階級を変えたリマッチが予定されている。そちらへ行くのか、ビッグマッチとなろう井上戦に向かうのかは不明。

ムロジョン・アフマダリエフ 28歳 11勝8KO

WBAスーパー・IBF世界スーパーバンタム級統一王者

身長 166cm
リーチ 173cm

ウズベキスタンのトップアマチュア出身でリオ五輪では銅メダルのサウスポー。プロでもわずか8戦目で世界王者、2冠統一王者になった。フルトンよりは世界的な舞台での実績がある。

体格的には井上尚弥と変わらないだろうが、肉厚で太くみえる。そしてパンチの質は違うだろうが、かなりのハードパンチ、重いパンチのKO型ファイターだ。わかりやすいところでは日本の岩佐亮佑を圧倒して5回TKOで下した。あまりに早いレフリーストップだったが、岩佐が効かされ、圧倒されていたのは事実だ。

スキルフルなアウトボクシングもパワフルなインファイトも出来るが、特徴はフィジカルとパワーで相手にプレッシャーをかけていくタイプ。徹頭徹尾、スピード重視の技術戦だと分が悪く、だからこそ、アマチュアでは俊敏な選手に苦杯を舐めてきたのだろう。

積極的でパワフルでエキサイティングという意味ではアフマダリエフの方が井上尚弥とかみ合うだろう。

フルトンは両者にとり、ディフェンシブでとらえどころがなくやりにくいタイプ。相性という点で注目されているに過ぎない。

個人的には、どちらの王者よりも井上尚弥が優っており、確実に勝てると考えている。

しかしながら、フルトンはかつて対戦したことがないタイプ、体格のいいディフェンスマスター。ポイントを抑えるツボを知っている。アフマダリエフはサウスポーの強打者で、質は違えど井上に負けない一撃必殺のパワーを秘めており、井上以上の豊富なアマチュア実績がある。

そして両者ともに井上尚弥より若い

というのが注目点だ。

フルトンは捕えるのに苦労する
アフマダリエフは超パワフル

しかしながら井上尚弥のスピードと反射神経、瞬間の煌めきには太刀打ちできないだろう。

井上のバンタム級4団体統一を受けて、WBOはスーパー王者を認定した。スーパー王者になると、階級を上げても王座に即挑戦できる。スティーブン・フルトンの指名挑戦者の資格を有したことになるが、フルトンにもアフマダリエフにも次の予定がある。

果たして・・・

自分はこの男の方が脅威だ。

ライース・アリーム 20勝12KO

元WBA世界スーパーバンタム級暫定王者

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-アンケート, 階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2023 All Rights Reserved.