階級別 ライトフライ バンタム WBSS

腕力(かいな力)系新種/井上尚弥アフターレポート+

更新日:

拳四朗と井上尚弥の圧勝を受けて、ただ日本勢強い、よかった、だけでなく、今までと違うボクシングを見ているような錯覚がありました。共感してくれる人はいるだろうか。

みなさまコメントありがとうございます。
井上の活躍が益々期待されるWBSSバンタム級
コメントは時間の経過で過去のものになってしまいますので
こちらで語り合っていただけると幸いです。
(使いにくいかもしれませんが)
私も参戦いたします。

たった一度のワンツーだけで決まった。

ボクシングマニアには冷笑的な人もいるでしょう。この試合に感動しない人もいるかもしれません、井上尚弥は勝つことが決まっていたと。

時には、結果が予想通りでも感動する事はある。感動したっていいのだ。

ファン・カルロス・パヤノはアンセルモ・モレノとラウシー・ウォーレンを破った2度のオリンピアンで、元WBAスーパー王者です。一度もKO負けのないトッププロです。

左ジャブからの右ストレート一閃、70秒・・・

これは2018年に井上がやった2度目の初回KOでキャリア全体では3度目です。

2014年、井上は2度の五輪代表、オマル・ナルバエスを2ラウンドKOで圧倒した。ナルバエスは2度の五輪出場、2階級王者で2桁の防衛記録を持つ偉大な王者でした。彼も一度もストップ負けがない選手でした。今年はじめに初回ノックアウトしたジェイミー・マクドネルも長く無敗で、KOされた事は一度もありませんでした。

井上が倒してきたファイターは決して簡単な相手ではありません。そんな彼らを圧倒した姿は印象的です。唖然と、冷笑的になるしかありません。それは、倒れない相手をコロコロ倒してきた初期のロイ・ジョーンズJrのようですらあります。

井上に欠けているのは世界レベルでのハングリーな相手との対戦キャリアです。負ける姿、弱点も露呈されていません。しかしその欠けている部分もこの大会で払しょくされます。

WBSSシーズン2バンタム級がいよいよ始まりました。井上尚弥は圧倒的な優勝候補です。確実に言えることは井上は休息の後、セミファイナルに再び登場するということです。

展望してみよう

井上は2週間後には第4シードIBF王者のエマニュエル・ロドリゲスVSジェイソン・モロニーを視察に行く。モロニーにプロキャリアでの明確な説得力はないが、無敗で優秀なアマチュアの背景があり、前戦ではベテランの元王者、河野公平をストップしている。この試合の勝者は井上がはじめて迎える無敗の対戦相手という事になる。試合を敢えて予測する事はありません。井上の未来はセットされています。

34歳のパヤノは決して多くの試合に恵まれたキャリアとはいえなかった。現役を続行する事は可能だが、タイトルレベルでの試合を描くことは今は難しい。井上に受けた痛恨の敗北からどのような決断を下すでしょうか。一撃で脳震盪のように散った事は、ひどく打たれて深刻なダメージを受けるようなものではない事が不幸中の幸いだ。結果によらず、彼には誇るべき実績があります。

改めて試合を簡単に振り返ると

パヤノはいつもよりさらに半身に構え、距離に留意しボディストレートで探るなど、言葉通り井上のパンチが届かない距離で闘うことを戦術にしていました。なるほどとおもいました。それを見越した井上陣営の対策が見事でした。

あれはただの教科書的なワンツーではありません。

正対しない相手を内側からのジャブで崩してから、最適なポジションを確保しての右ショート。本人も100点と言っていたように、超高度な技術がドンピシャではまっての完璧なパンチでした。超高等技術を一流相手に最初の試みで決めてしまう姿にアングリ、笑ってしまうしか他にないほどの芸術をそこにみました。凄すぎるものを経験すると言葉にならない、笑っちゃうしかない感覚になります。

この試合がすごすぎて、他を書けない状態ですが、二度とないだろう、レリとトロヤの来日試合(やっぱりトロヤは強かった)も近いうちにじっくり堪能したいですし、かなり強くなった印象の拳四朗の試合も振り返りたいとおもいます。

拳四朗の試合なんて

ああ、これは井上がパヤノにやりたい試合だよな、拳四朗が先にやっちゃってるなとおもいましたもん。

拳四朗、あんなにパンチがキレキレで狂暴でしたっけ?どこか、肩を入れてフォローを効かすような古典的なパンチの打ち方ではなく、拳を鉄球、砲丸にみたててビシビシ投げつけるような打ち方が、最近の強打者、井上尚弥にも通じるようにみえてしまいました。全パンチがロシアンフックの応用、発展形であるかのようなパンチです。足腰とかはもちろん重要なんですが、腕力(かいな力)系なんです。ムチのように撓るのです。

なんとなく通じる方、いるかなぁ。

それにしてもWBSSはこれから毎週行われますが、今回160人のスタッフで、どう考えても開催地映像込みのクールなPVも作って、あのセッティングなど大名行列、いい仕事ですなぁ。一行はもうロシアへ旅立ったのだろうか?その資金はどこから出ているのか、主催のザワーランドさんが言ってるように、井上は世界のキラーコンテンツであり、フジテレビの視聴率など気にしなくていい存在になったかとおもいます。

無事優勝すれば、準優勝やいい試合をした選手を引き連れてでも、次はスーパーバンタム級でWBSSが開催される気がします。
軽量級のWBSSが成功すれば、日本ボクシング界の歴史も変わります。

Sバンタムの面々も統一戦を急がずとも、チャンスは転がってくるかもしれません。せめて参加資格だけ抑えておけば。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライトフライ, バンタム, WBSS

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.