長谷川穂積VSキコ・マルチネス

スポンサーリンク


こんな情報が飛び込んできました。やっときたか。

キコ・マルチネス(スペイン)
30勝22KO4敗

キコ・マルチネスはやや番狂わせで無敗王者ジョナサン・ロメロを攻略し王座戴冠、防衛戦は難関とおもわれたジェフリー・マセブラをKOと強豪とのマッチメイクを糧に今充実期を迎えているスラッガー、ドファイターです。

WIKIから転載すると

マルチネスはアマチュア時代から強打で鳴らしており、国内大会では常に上位に入るほどの人気選手だった。スペインのプロ・アマチュアボクサーでは屈指の強打者として注目されセルヒオ・マルチネス率いるマラヴィージャ・ボックスの一員。試合前にはマルチネスからアドバイスとスパーリングを行い、マルチネスが試合前の場合はスパーリングパートナーとしてマルチネスを支えている。現在ではマドリードを主要拠点にしている。サッカー人気が高くレアル・マドリードのホーム都市であるが、ボクシングの試合だとサッカーほどではないが、大勢の観客が観戦に来るほどの人気選手で、練習や合宿を行うバレンシアでも人気が高い。積極的に打ちに行くスタイルなので、ヨーロッパでの試合での注目度が世界タイトル戦並みに高い。アマチュアからずっとスーパーバンタム級一筋で試合を行っており、今の所マルチネス自身は他の階級に上げる様子はないという。

セルヒオ・マルチネスからアドバイスとスパーリングって・・・すごいな。
ボクサーが多いといえないスペインの選手なので各地転戦は慣れたもの、敵地に出向いて多くの試合をこなしています。
僕らが知らないだけで欧州圏ではかなりの人気者らしいです。

キャリアを振り返るとホープ対決、後の王者、当時無敗のバーナード・ダンを初回で倒した試合がキコ・マルチネスにとって最初のハイライトでした。小柄でパンチの強いファイター、どこかオーソドックスなダルチニアンみたいな怖さを秘めた選手でした。

しかしその後、西岡と戦ったレンドール・ムンローに連敗。マジョリティとユナニマスの判定なので差はわずかだったでしょうがそこから世界戦に一歩後退。元王者タカラニ・ヌドルブにも判定負け。(これは地元判定らしい)

日本と遠い、ヨーロッパ、アフリカ圏のトップランカーと凌ぎを削る、惜しい敗戦もあれどそのキャリアは太くたくましいものです。

その後はほぼKOで連勝を重ねていきますが、英国ホープ、無敗のカール・フランプトンにはじめてKO負けをしてしまいます。
この試合も互角かマルチネスペースだったようですが9回に右カウンターでキャリア初ダウンだそうです。
この数試合後に世界戦ですから、キコ・マルチネスでジョナサン・ロメロの実力を査定し本命カール・フランプトンが世界を掴む意図も見え隠れします。しかしキコ・マルチネスが豪快に勝ってしまいました。

ほとんどノックアウト、負けはほぼ判定、ハードパンチのタフネススラッガーで100%間違いないでしょう。

対する長谷川、
33勝15KO4敗

満を持しての世界戦、マニアなら誰もが待っていた世界戦です。
IBFは当日計量だからリバウンドする長谷川にはきついとありましたがコンディションやいかに。

ショッキングなジョニゴン戦から3年が経過、で4試合ですから少ないですが実績を考えると再挑戦までの調整と確認の試合ばかりだったのだとおもわれます。この4戦でスタイルの変化はちょっと見えにくい。特に前戦は速攻決着で100点の内容。一度の被弾も課題もなく終わってしまいました。
相手は担架だったか、こういう痛快な試合ができるので長谷川はパンチャーなのかと見間違う。

長谷川の復帰戦で注目の試合だったのが
アルトゥロ・サントス・レイジェス戦です。

メキシコの元オリンピアン。長谷川戦後も4戦4勝、アブナー・マレスに似たなかなかハイレベルでいい選手でした。
この試合は技術比べ、スピード比べ、打ち合い合戦と両者の持ち味が発揮された試合で長谷川のスピード、回転力が上回っていましたが相変わらずリスキーで危ないタイミングでの打ち合い、本来強打者ではないはずの長谷川らしさも見えた試合でした。

キコ・マルチネスは相手をロープ、コーナーに詰めて強打を見舞うドファイターです。それが生命線の選手なので誰とやっても熱いファイト、かみ合う展開になることは間違いありません。
距離を詰めないと何もできない選手です。

たぶん、ロメロ、マセブラはかなり大柄でややのっそりしているので分厚いプレスと回転力、タフネスのマルチネスにタジタジとなってしまったのだろう。

打ち合いを好み、危険なカウンターを見舞う長谷川ですが、彼らより優れたスピードや足を使って決してロープ、コーナーに下がってはいけないとおもいます。

願わくば豪快なノックアウトを望んでいるでしょうが、ロメロやマセブラあたりの方がパンチ、体力は上。
それらを打ち負かしたマルチネスを倒すのはかなり至難の業だとおもいます。
豪快ノックアウト多い長谷川ですがブルゴス、レイジェスは平気で耐える。
長谷川の最大の勝機はスピードです。

目の覚めるような高速連打と瞬間的に美しいディフェンス、一瞬の必殺パンチで豪快にノックアウトする姿を度々見せる長谷川ですが、ボカッと強打を合わせられる危うさ、一発で逆転される脆さもありますので、この試合では激しい気性をおさえて冷静に己の特徴を駆使して戦った八重樫のような慎重さ、ある意味において臆病さも必要だとおもいます。

似て非なる存在ですがリコンドー的な煌めきが長谷川にはあります。
彼のような退屈さ、慎重さも大事な試合には必要です。

対戦者クオリティでは長谷川以上といえるマルチネスは決して穴王者ではないですが、長谷川にはリコンドーやサンタクルスのいる舞台に来てもらわねば困るのだ。

王者が多数生まれたが、まだ現役日本ボクシング界では長谷川こそがラスボスなのだから。
戦術次第では大いに勝てる、3階級目の偉業達成となると信じてこの日を待ちます。

[youtube]http://youtu.be/BauAtKeCrIs[/youtube]
[youtube]http://youtu.be/4m7O2cEa3bU[/youtube]
[youtube]http://youtu.be/minKgYsNiz8[/youtube]
[youtube]http://youtu.be/U37CuL94MlM[/youtube]
[youtube]http://youtu.be/C5ibsm0U2uo[/youtube]

15件のコメント

  • camaro

    やっと来ましたか。
    これは楽しみですね。

    確かに戦術次第なら勝てる相手でしょう。
    ただKOを狙ってしまう癖は抜けて無い気がします。
    もう一度ベルトを巻いてほしいですがどうなる事やら。
    とにかく頑張れ長谷川!

  • プクー

    camaroさん

    ガンガン来るファイターなので対策は立てやすいでしょう。
    KO負け以外はあらゆる面で勝てるとおもいます。

  • プクー

    スキルや総合力で負けたような試合はまだ一度も見たことないですからね、長谷川は。
    カウンターボクシングなので一撃に散るだけで。
    食わないように注意すれば絶対勝てます。
    喧嘩ファイトさえしなければ。

  • ブリブリボクシングファン

    相手ももちろんですが、
    やはり一番は長谷川の仕上がり具合なんですよね。
    モンティエルに負けるまでのあの動き、感覚にどれだけ戻せるか・・・・。

    すべてにおいて完璧なんじゃないかと思ったあのボクシングがまた観たいです。

  • マクロコスモス

    やっと決まりましたね!とても楽しみです!アウトボクシングに徹すれば、手も足も出ないほどの強さがあると思ってますが、ファンサービスするからなー 逆に、長谷川攻略は、相手陣営どう考えてくるかな?挑発して、打ち合いにもっていきたいですよね。アルツロサントスのほうが強い気がしますが、チャンピオン、勢いはありますしね・・・とにかく勝ちに徹すれば、問題ないとは思いますが・・・頑張れ穂積!

  • 五輪 金 太郎

    タフですね~w
    スタイルもマッチメイクも
    場所も相手も選ばないって感じでw
    マブゼラなんて
    つい最近ですよね

    確かに凄くノッてて
    今が絶頂期って感じ
    でも
    早くないし一撃必殺って訳でもないし
    テクニシャンでもない

    全ての要素が穂積が上
    圧勝ぉ~!って思いたい
    ケド
    一発病前後どっちの穂積様か
    って事になってくるんですよねw

    大振り空振りガードさがって
    手数も減って
    って姿だけは見たくない

  • ボロカブサムライ

    長谷川はボクサーファイターで何時も面白い試合をするので良いですね!負けても外れた試合をしない所が、プロらしい。対するキコ・マルチネスも好戦的なファイターなので噛みあう試合が期待出来ます。パンチはマルチネスの方がありそうですが、回転力で長谷川 、個人的に勝てそうな気がしますが・・・

  • 野上のタケ

    お世話様です

    ついに決まりましたね。
    雲上人(リゴンドー、サンタクルス)が集う
    ステージへの扉に手をかけました。

    ただ、キコ・マルチネス。
    ボクサーとしての重厚なバックボーンを
    持っている、立派なチャンピオンです。

    勝ちに行くボクシングをするのか。
    長谷川の追い求めるボクシングをするのか。

    どちらにしても、久しぶりに魂が共鳴する
    試合が楽しみです。

  • プクー

    ブリブリボクシングファンさん

    結構リバウンドするそうですからね。
    当日計量は不安材料ですね。

    完璧なようでジャブとかあまりないから危険な相打ちカウンターパンチャーなんですよね。
    アウトボクサーではないような。

    マクロコスモスさん

    キコさん、強豪相手に完敗ってひとつもないし
    ロメロ、マセブラ連続KOでおっさん風貌だけど今27歳。
    今ピークなんじゃないでしょうかね。

    ケンカボクシングすると骨が相当ありそうです。
    長谷川ってフェアで相手の意を汲んでグローブタッチしたり打ち合いに応じたりするところあるんで
    この試合はマシーンに徹して欲しいです。

    五輪 金 太郎さん

    日本人だったら15戦くらいでとっくに世界戦させるくらいのマッチメイクと能力でしょうね。
    がまん強いだけじゃなくパンチャーなのが怖いです。

    けど長谷川こそはラスベガスで見せたい日本人なんでこのレベルは軽くクリアしてもらわんと困る。
    けど今の勢いはキコさんでしょう。それを見越して対戦受諾したんでしょう。

    ボロカブサムライさん

    個人的には長谷川は並でなくスーパーな王者なので
    いかにキコさん今旬だからってモノが違うとおもいます。
    一発食って終了な点だけ除いて。

    しかしキコさん陣営は長谷川の実績や試合みて対戦決めたのだろうから勝てるとふんでいるんでしょうね。

    野上のタケさん

    キコさん、無敗の怪物ではないですが重厚なキャリアですよね。
    打ち合い大好き長谷川ですが今までで一番パンチは強い相手と想定した戦術とるべきでしょう。

    この日長谷川完全復活、雲上人のステージへ

    と妄想しています。

  • KOKO

    久々に胸が高鳴る、緊張感のある試合ですね。ナショナリズム、長谷川贔屓抜きにして純粋にマッチメークだけ見ても、興味深い試合ですね。
    ・・・とはいえやはり思い入れが、見てるだけのこっちまで緊張してしまう要因になってるのも事実(笑)
    長谷川穂積はまだ『終わったボクサー』ではないと信じてるし、リゴンドーは厳しいかと思いますが、サンタクルス戦とかみたいです。山中も狙ってるそうですが・・・

    それにしてもIBF当日計量は心配ですね。もちろんクリアするでしょうが、そのために回復しきれず、体重自体は軽いものの、コンディション不良で、かえってスピードが落ちてしまう・・・・という懸念が浮かんでしまいます。

  • プクー

    KOKOさん

    4月予定らしいので今からじっくり調整し未体験の当日計量うまく乗り越えて欲しいですね。

    長谷川のボクシングは速さ、巧さもありますがやっぱ攻撃が圧巻でパンチは強振、大振りですね。バンタムでは距離や体格がはまってガツンとぶっ倒してましたが大きな相手やフェザーでは当たりが浅く効かせきれない。無理にファイターしてガチャガチャになる感じでした。

    この相手なら噛み合うとおもいますがマルチネスはハードパンチのラッシャーですね。

    過去このような相手はいなかったかと。

    KO必至の見ごたえある試合になりそうです。
    リコンドーみたいに冷静に対処して、最後はウィラポン2のようなノックアウトを妄想しています。

    マルチネスは燃え尽きるまで、意識刈り取られるまで突っ込んできますよ、絶対。

    勝ちに徹する歯がゆい試合でも今回は構いません。

    戦術のオプションは長谷川にありですね。

  • moon

    長谷川で、気になるのは3年間“骨のある相手”と戦っていない事(キコ・マルティネスは右肩上がりのようですし)と、年齢でしょうか?
    日本人ボクサーの年長チャンプは越本隆志の35歳。ホプキンス並の年齢は無理にしても、あと何年か頑張って貰いたいです。

  • プクー

    Moonさん

    確かに3年でいきなりの強豪ですね。
    レイジェスはかなり強かったですが。

    方やキコさんは王者二連破、その他も強いのとばかり戦ってますね、ずっと。

    完全に一皮剥け、自信に充ち溢れてるでしょう。

    ただここで挫くようではいけないです。

    リコンドーやサンタクルスよりは組みやすしなはずですから。

    また、傑作痛快なスゲー試合魅せてくれるでしょう。長谷川ですから。

  • ティト

    長谷川には勝って欲しい!

    無理に、ムキになって打ち合うのは避けて欲しい。
    チャンスが来たときだけ
    KO狙えば良いです。

    “真 の”日本人 初 3階級 制覇

    ファンの願いです。

  • プクー

    ティトさん

    キコさんはロメロ、マセブラと距離とれるボクサータイプは打ち負かしているんですよね。
    唯一KOされたカール・フランプトンはどっちかというとファイター型です。

    一番いいのは被弾に注意しスピード差でポイント取り続けることだとおもいます。
    日本開催だろうしポイント負けてるとおもったらキコさんはいつにもまして前に出るしかなくなってくる。

    疲労や焦りのある終盤くらいで狙いすました必殺パンチぶちかませばいいとおもいます。
    序盤からガツガツ打ち合ったり、危ういカウンター狙いしないで終盤まで翻弄するのがいいとおもいます。