階級別 ライト ミドル

Road to Redemption/ジャモール、アンドラーデ、コミー他 ウィークエンドプレビュー

投稿日:

今週末の注目の試合についてまとめてピックアップしました。注目はミドル級のエリートレベルなの君たち?あるいは裏街道の主役かもしれないジャモール・チャーロとデメトリアス・アンドラーデの登場です。彼らはスーパーウェルター級の頃からライバルでした。(アンドラーデの逃走)カネロが本当に逃げているのはどちらなのでしょう。

ジャモール・チャーロVSブランドン・アダムス

6月29日、テキサス州ヒューストン。
いわゆるミドル級のエリートの一角にしてその他エリートに相手にされないジャモールの暫定王座の防衛戦は米国人気番組コンテンダー優勝のアダムス。3年間のレイオフからタイロン・ブロンソン、イエフゲン・キトロフ、エリック・ウォーカー、シェーン・モズリー・ジュニアを破りチャンスを掴んだ。チャーロは28勝21KOだが最近の22連勝で19KOとノックアウトアーティストぶりを発揮している。ビッグマッチが実現しないチャーロが気持ちをきらさなければ盤石のKO防衛が濃厚だが、アダムスは結果のみでここまでのしあがってきた実力者。

エリートって誰やねん/ジャモール・チャーロVSいわゆるよくいうエリートレベル

あらゆるメディアで、最もホットな階級といわれるミドル級だが、本当にホットなんけ?一部のエリートレベルと言われるメンツだけであまり顔ぶれが変わらぬし、純粋な世界タイトルマッチも動きが鈍い。誰かが話題を独 ...

Bサイドヒーロー/ゴロフキンとチャーロとブランドン・アダムス

DAZNで復活するゴロフキンや蚊帳の外だが脅威といえるジャモール・チャーロの次なる対戦相手としてひっぱりだこなのがこの男、ブランドン・アダムスを君は知ってるだろうか?私は知っている。その名前とキャリア ...

前座は

エリクソン・ルビンVSザカリア・アトウ
エドゥアルド・ラミレスVSクラウディオ・マレロ

などが予定されている。

デメトリアス・アンドラーデVSマシエ・スレッキ

6月29日、ロードアイランド。
いわゆるミドル級のエリートの一角にしてその他エリートに相手にされるかもしれないWBO王者アンドラーデの防衛戦はダニエル・ジェイコブスに肉薄したポーランドのスレッキ。スーパーウェルターでもやっていたスレッキが少し小さいかとおもっていたら185センチとアンドラーデに劣らぬ体格であった。両者の差はリーチにありスレッキが173センチであるのに対しアンドラーデは187センチ。負けられない臆病なアンドラーデは徹底してジャブや威嚇の左で距離をキープするだろう。
接近しないと活路がないスレッキだが、コンパクトでスピーディーな出入りで長いアンドラーデの距離と威嚇射撃をかいくぐってプレスをかける事ができればノックアウト勝ちもありえる。共にジャック・クルカイに苦戦している。未来の予定ほどアンドラーデに有利な試合とはいえない気がするがここを圧勝するなら大きなアピールとなる。

決着するのかしないのか/カネロ・アルバレスVSゲナディ・ゴロフキンVSデメトリアス・アンドラーデ

意外や好評だった妄想のWBSSシーズン3 ミドル級トーナメントを受けて、この2人の話題だからチョイスしました。9月にカネロVSゴロフキンの3戦目、決着戦がひとつのシナリオのようですが、この2人以外も出 ...

狼少年は今日も/デメトリアス・アンドラーデの信用

狼少年:同じうそを繰り返す人。イソップ物語の、何度も狼が来たとうそをついたために本当に狼が来たときには信用してもらえなかった少年の話からいう。 やっぱり倍返しされちゃいました。 今後は誰からも逃げず、 ...

前座は

カリ・ヤファイVSノルベルト・ヒメネス
ジョセフパーカーVSアレックス・リーパイ
アンソニー・マルセラVSホセ・オーベル

などが予定されている。

リチャード・コミーVSレイムンド・ベルトラン

6/28日、カリフォルニア州テメキュラ。
悲願の世界王者に輝いたガーナのコミーの初防衛戦の相手は岡田を破ったベルトラン。岡田を倒す破壊力があるのにライト級も作れるのが憎い。(過去にドーピング、体重超過あり)WBOスーパーライト級王者のモーリス・フッカーが、ベルトランの事をタフでしぶとい男で岡田とはキャリアが違った。岡田もパンチがあるから経験積めばいつか勝てるだろうと言っていた。
コミーはKO率が高く危険なパンチャーだが、トップレベルに惜敗してきた過去があり、ベルトコレクションのロマチェンコやプロスペクトのテオフィモ・ロペスにターゲットにされている。

この勝者が7/19日に行われるテオフィモ・ロペスVS中谷正義の勝者が挑戦する王者だ。KO決着が予想される。
岡田の仇を中谷が討つ確率は1%くらいはあるのだろうか・・・

57勝47KO無敗の金曜日/テオフィモ・ロペスVS中谷正義/マキシム・ダダシェフVSサブリエル・マティアス

東洋太平洋王座11度の防衛、長身無敗の中谷は日本人としては有望な選手だが、相手の格が違う、ボコボコにされてしまうのではないかというのがボクシングに詳しい者の見解だろう。せめて亀海や井上岳志のようにフィ ...

頑張れガーナの誇り/リチャード・コミーVSテオフィモ・ロペスVSワシル・ロマチェンコ

圧倒的な強さをみせつけたロマチェンコ、ファンの希望はマイキーを筆頭にゲルボンタ・デービスやテオフィモ・ロペスだがそう簡単にはいかない。ロマチェンコ自身は統一を公言しマイキーかIBF王者のコミーを切望し ...

岡田博喜VSレイムンド・ベルトラン LIVE

米国2戦目、ずっとスーパーライト級の岡田のスピードとカウンターが冴えわたり完勝する可能性とベルトランの本場のタフネス、パワーに潰される、両方の可能性を孕んだ危険なサバイバルマッチ。しかしここを突破しな ...

前座は
カルロス・アダメスVSパトリック・デイ(村田のスパーリングパートナー)
ジュニア・ファVSドミニク・グイン
サウル・ロドリゲスVミゲル・アンヘル・ゴンザレス

などが予定されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライト, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.